ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

聴き比べてみよう④~DEFINITIVE BOSTON 1992 SBD音源とFM音源
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

聴き比べてみよう④~DEFINITIVE BOSTON 1992 SBD音源とFM音源

2014-01-18 17:03
  • 4
さて、そろそろサバスシリーズを再開したいと思います。
今回は9年振りにサバスに復帰したロニー&ヴィニーとの「Heaven And Hell」期の
編成時の最近出た新しいブートを紹介したいと思います。

BLACK SABBATH / DEFINITIVE BOSTON 1992


購入場所:新宿

購入金額:5800円

1992年8月9日のボストン公演をFM音源
それの原盤に当たるSBD音源でそれぞれ収録した物です。
SBD音源の方は「CLASS OF 1992」という既発が出ていますがFM音源の方は初登場です。「全く一緒だろう」と思って聴いてみるとDJのMCの有無は兎も角、
放送用にするにあたって音のミックスをし直した形跡があり、
メンバーの演奏を鮮明且つダイレクトに収録したSBD Verに対して
FM Verは観客の声援やコーラスのミックスを入れてより洗練させた音源となっています。
音質は2013年末に出た音源だけあって極めて優れた高音質な音源です。

前回書いたように、90年までマーティンと細々とながらもサバスとして
安定的に活動してきたアイオミでしたが、思わぬところから大きな話が舞い込んできます。
それが元メンバーのギーザー・バトラーで、サバス脱退後のソロ活動も上手くいかず
オジーのソロ活動に参加して話題を呼んでいたりもしましたが、
89年には脱退し”フリー”状態でした。
そしてその頃サバスを脱退してDIOを結成し順調に活動を続けていたロニーもまた
HR/HM界の急激な時代の変化についていけずDIOの活動に行き詰っていました。
その2人が90年8月28日のDIOのミネアポリス公演で共演した時に
「もう1回組んでサバスで活動しようぜ!」と意気投合して
(恐らくギーザーが5年振りに飛び入り参加した同年9月8日の
ロンドン・ハマースミス公演で
)アイオミに復帰を申し込みます。

ギーザーが飛び入り参加したNeon Knights


ギーザーが飛び入り参加したロンドン・ハーマスミス公演全編。長いので注意!
(ギーザーの登場は1:45:25辺りから)


アイオミの方もバンドとしてメンバーには不満が無かったものの、アルバムの売上的には
かなり忸怩たるものがあったらしく、他ならぬ黄金期メンバー且つ旧友の頼みとあって
「アルバム1枚、ツアー1回」という条件付きで復帰を了承します。
その為なんの罪もないマーティンとニールは哀れにも(半強制的に)脱退し、
残ったコージーも何故かロニーと険悪な関係になり落馬事故を契機に脱退。
後任にヴィニーが復帰したことで、結果的に「MOB RULES」期の再結成になり
難産の末に生み出したアルバム「Dehumanizer」を引っさげてツアーに出ました。

本作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコにUPあり。

Disc 1
1. Radio Intro.
2. E5150
3. The Mob Rules
4. Computer God
5. Children Of The Sea
6. Time Machine

7. War Pigs
8. I
9. Die Young
10. Guitar Solo
11. Black Sabbath


Disc 2
1. Master Of Insanity
2. After All (The Dead)
3. Drums Solo
4. Iron Man
5. Heaven And Hell

6. Announcer Encore Break
7. Neon Knights
8. Paranoid / Heaven And Hell (Reprise) 

9. Radio Outro.
10. Laguna Sunrise (Outro)


Disc 3
1. E5150
2. The Mob Rules
3. Computer God
4. Children Of The Sea
5. Time Machine
6. War Pigs

7. I
8. Die Young
9. Guitar Solo
10. Black Sabbath


Disc 4
1. Master Of Insanity
2. After All (The Dead)
3. Drums Solo
4. Iron Man
5. Heaven And Hell

6. Neon Knights
7. Paranoid / Heaven And Hell (Reprise)
8. Laguna Sunrise (Outro)


サバスにとってアメリカツアーは「鬼門」的存在で前任者のマーティンの時には
只でさえ少ない公演数に加えてチケットの売り上げ不振からキャンセルが相次ぐ等
なにかとサバスにとっては良くない事が続く国でした。
このツアーでは83年の「Born Again Tour」以来9年振りとなるとなる40公演以上の公演を
こなしており如何にフロントマンの知名度がツアーを左右するかを如実に物語っています。
とはいえ、このツアーでも鬼門的存在であったのは変わらず、
このツアー最終日の11月14、15日のオジーとの再結成で有名なコスタ・メサ公演の直前に
アイオミが前妻の虚偽の供述を鵜呑みにした警察によって逮捕・収監されてしまう
なんていうアクシデントもありました。そしてそのコスタ・メサ公演を巡って
この編成が再び崩壊してしまった
のも偶然ではないと思います。



そしてそのジンクスはこの音源にも及んでおり、
音源の素晴らしさは文句のつけようがないのは間違いにもかかわらず、
あまり売れてない(まさかの再宣伝している有様…)
事にも全く無関係ではない‥はず?




それは兎も角、物凄く暑い南米を皮切りに開始したツアーの丁度折り返し地点に当たり、
ロニーにも疲れが見えてるかと思いきやそんなのを微塵にも感じさせない超人的なVoを
魅せています。また元々高音質の音源にイコライジングやリマスターを施しており
ギーザーの「疾走するベース」もブリブリ聴こえる等「へヴィなサバス」を体現できる
1枚です。

純粋にメンバーの演奏を楽しみたいと言う方にはSBD Verを、
ライブアルバムのような公式風のライブを楽しみたいと言う方には
FM Verがそれぞれオススメです。
セットリストも「Dehumanizer」から多くの新曲を取り上げてる事からもかなりへヴィ
「ロニー・サバスは「Heaven And Hell」やDIOの様な様式美メタル路線が良い」
と言う方には少々難のある音源で価格も少々高めですが、高音質で中身も充実しているので
この日の音源を初めて購入される方やブート初心者の方にもお勧めできる1枚です。
広告
×
初めましてこちらの音源是非聞きたいのですが、トレードの方可能でしょうか?
82ヶ月前
×
megaromanさん、コメントありがとうございます。
私はトレードの方は構いませんがこの作品はまだ出たばかりなので
ネットで検索すればまだ扱っているお店はありますよ。
もしそれでもトレードしたいのであればお伺いします。
82ヶ月前
×
連絡おそくなりましたが、トレード希望ですのでこちらにご連絡お願いします。
golion@mx1.kcv.ne.jp
81ヶ月前
×
megaromanさん、コメントありがとうございます。
了解しました。おまけでDEFINITIVE NEW YORKもお付けします。
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。