新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

DOWN TO NEW JERSEY

2014-02-01 11:15
    さて、今回はサバスシリーズを一休みして、この前HR/HM界隈を賑わせた
    「とんでもないお宝映像」を収録したブートを紹介したいと思います。

    RAINBOW / DOWN TO NEW JERSEY


    購入場所:新宿

    購入金額:3800円

    12月1日のニュージャージー州パセーイク公演をプロショット映像で収録した物です。

    本作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコに動画あり。

    1. Eyes Of The World 
    2. Love's No Friend
    3. Brandenburg Concerto ~ Over The Rainbow
    4. All Night Long
    5. Keyboard Solo
    6. Lost In Hollywood 
    7. Guitar Solo ~ Beethoven 9th 
    8. Keyboard Solo 
    9. Drums Solo ~ 1812 Overture 
    10. Lost In Hollywood (Reprise)
    11. Guitar Solo
    12. Lazy
    13. Man On The Silver Mountain 
    14. Blues
    15. Long Live Rock 'N' Roll
    16. Kill The King ~ Guitar Crash
    17. Long Live Rock 'N' Roll (Reprise)
    18. Over The Rainbow

    この映像は今年の1月にネット上に突如として現れ、一瞬で話題殺到になりました。
    公式化された「Live in Munich 1977」があるロニー、
    同じく「Live Between The Eyes 」と「Japan Tour '84 」が公式化されたジョー、
    そして2013年にはドゥギーまでもが公式で「Black Masquerade 」が発売されたのに対して今まで「RAINBOW時代動くグラハムの映像」といえばPVかTV出演映像、
    もしくは30分に編集された「モンスターズ・オブ・ロック」のみという
    非常にお寒い状態(ないしはハブられてる)でした。

    Eyes Of The World 冒頭少しカットされてます。


    そんな状態に風穴を開けたのが今作で、白黒状態とは言えプロショットでライブの全編を収録されています。しかしながらミックスが中盤まで非常に不安定で

    やたらリッチーのギターの音が大きすぎてグラハムの声以外聴こえない(いや、むしろここは聴こえてしまうグラハムが凄いのか!)

    と思えば

    いきなりギターの音がOFFになってギターレス状態になる。

    っとまだまだ公式には比べ物にならない状態ですが中盤以降は安定します。

    Love's No Friend 冒頭のMCはこの日メイン・アクトだったスコーピオンを讃えた物です


    映像の方はというと、もうこれは非常に優秀で正面からグラハム・リッチーと主役2人を捉え
    ドン・エイリーの右斜め後ろのカメラからドン・ロジャーを補足するなどジョー時代に
    ありがちだった「リッチーばっかり」という状態では無くまだ「バンド」としてRAINBOWを捉えているのが特徴です。

    Guitar Solo~Over The Rainbow


    All Night Long


    ただ、映像の方にも唯一欠点があって

    コージーが全く映ってない‥orz

    というRAINBOWマニアからすると歯ぎしりしたくなる状態だと思います。

    Lost In Hollwood 
    よくご覧ください。全くコージーが映ってないのがご覧いただけると思います


    Guitar & Keyboard Solo


    Drum Solo ここですら殆どコージーが映らない‥カメラマン、仕事しろよ(怒)


    ついつい欠点ばかり挙げてしまいましたが、こんな映像が今まで眠っていた自体驚きであり、
    今まで絶望的とすら言われてきた「モンスターズ・オブ・ロック」の完全盤も出てくる
    可能性もあるのではないか言われています。

    Man Of The Silver Mountain


    Long Live Rock 'n' Roll~ Kill The King


    去年はWolfgang's Vaultが狂ったようにローリング・ストーンズ関連のお宝映像・音源を
    山ほど出してきて(まあ、私もオジーでその恩恵の一部を受けましたが)話題を呼びましたが
    今年初めてのお宝は間違いなくこれで、今年中にこれのカラーVerとか
    「モンスターズ・オブ・ロック」の完全盤(音源だけでも可)が出ない限り
    今年のRAINBOW関連は早くもこれで終戦になりそうです。

    次回のブートは久しぶりにRAINBOWを書いた絡みでRAINBOWファンにとって「原点」且つ「大定番」である'76年12月16日・夜の部の音源聴き比べを書く予定です。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。