新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SWEDISH DANCER

2014-04-07 00:00
  • 6
さて、前回紹介したSWDISH CROSSのライブの半年前に同じ会場でサバスと縁の深い
アーティストがライブを行っていました。
それは元メンバーであり、オリジナルメンバーでもあったオジー・オズボーンで、
当時19歳の新進気鋭、ザック・ワイルドを右腕に従えて、「NO REST FOR THE WICKED」を引っさげてヒット街道をばく進中でした。
今回はそのオジーのライブを収録したブートを紹介したいと思います。

OZZY OSBOURNE / SWEDISH DANCER


購入場所:新宿

購入金額:0円(ボーナスCDR)

「NO REST FOR THE WICKED TOUR」ヨーロッパツアー、初日の3月31日、
ストックホルム公演をAUD録音で収録した物です。
録音状態はSWDISH CROSSと同じ録音者が録音したとあって非常に綺麗に録れています。
それだけに後述の問題さえなければこれ単品で十分ゼニ取れたんじゃないかと思えます。

本作の収録内容は以下の通り。

1. Guitar Solo
2. Sweet Leaf
3. War Pigs
4. Tattooed Dancer
5. Drum Solo

6. Tattooed Dancer(reprise)
7. Fire In The Sky
8. Miracle Man
9. Suicide Solution

10. Iron Man
11. Crazy Train
12. Bark At The Moon
13. Paranoid


これを見られて「えっ?」と思われた方は多いと思います。
そう、なんとライブの前半部分がごっそり抜け落ちているのです。
この致命的問題故に優れた録音ながらもオマケ音源扱いになってしまった原因でもあります。
大抵この手の欠落部分は同日の別AUD録音で補うなどして売り出すケースはままあるのですが
この日は他に録音者がいなかったのか、はたまた音源はあっても補填に使える代物では
なかったのかは不明ですが、とにかく前半部分がありません。

とはいえ、録音されている中盤~後半部分はしっかり録音されており、公式ライブアルバム
「JUST SAY OZZY」にも収録されたSweet Leaf~War Pigs のメドレーやIron ManとParanoidのサバス・クラシックもきちんと収録されています。
この時オジー・バンドには85年にアイオミと袂を分ったギーザー・バトラーが参加しており
ザックと彼の加入によりLAメタル寄りだったオジーの音楽性も初期サバスのへヴィネスさを
取り戻し、様式美を極めていたアイオミ&ニコルス組の本家サバスに対して
ある意味「もう一つのサバス」といっても良い状態でした。
この当時オジーとサバス一行は所々でニアミスをしており、このストックホルム以外にも
イギリス・ハーマ―スミスオデオンやソ連で半年の間隔があるとはいえ同じ場所でライブを
行っております。
サバスファンの中でもオリジナル期が好きな方にとってこの当時のサバスよりも
コチラの方がオススメできると思います。
また、この時のマーティン・サバスでも歌われていた
War Pigs 、Iron Man、Paranoidの3曲の聴き比べをするのも一興と言えます。

勿論サバス曲以外にも、当時の新曲である「Fire In The Sky」や「Miracle Man」は
ザックがオジーの化学変化で齎した素晴らしい曲ですので一聴の価値はあります。

次回はそのザック・ワイルドが加入されると噂され、オジーとも僅かながら繋がりがある
Guns N' Rosesの音源を紹介したいと思います。

広告
×
MASAさん。お久しぶりです。
1989年という年は個人的に思い出深い(いろんな意味で)年であり
HR/HMもこの頃が一番良かったな、と改めて思う次第です。
オジーはこの頃引退宣言をしましたね。B!誌ではそんな話が出るたびに
マサ伊藤氏が深刻な文章で「断言」していましたね。
でもオジーにしろ、ロブ・ハルフォード、デヴィツド・カヴァーデイルにしろ
結局のところ全員引退詐欺なんですがw
ところでDeep Purple来日公演が迫りましたが、MASAさんは行かれるんですよね?
何がBurrn30周年記念公演だ!普段現Purpleをバカにしてるくせに!
と毒づいておられることと察しますがw「伝説」を楽しんできてください。
71ヶ月前
×
oyajikickさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
オジーの引退に関するマサ伊藤氏の笑える記事は今でもオジーの
アルバムのライナーノーツにしっかり残っており(笑)、読んだ事あります。
そうですね、oyajikickさんの仰る通り1989年という年はHR/HMにとって
最後の春といっても良い年でした。丁度その頃既に大物入りしかけてた
メタリカを始めガンズやメガデスと言ったスラッシュ勢がHR界を席巻し
一方で2年後の91年に「ネヴァーマインド」を発表する二ルヴァーナが
メジャーデビューを果たすなどグランジ勢の足音が迫ってきた時期でしたね。
あの頃オジーやロブ、デビカヴァなどは引退or解散or脱退して時代の波に
載ろうともがいていたのでしょうねw
結局宣言通りHR/HM界から引退したのはリッチーとゲイリーのみだったのは
何とも言えない皮肉ですね。
話は変わりますが、パープルは勿論行きます(笑)
Burrnの連中に信念なんてありはしませんよw
多分また「リッチーが、ジョンが~」みたいな記事を書けるんですから
彼らにとっては「良い飯のタネ」ぐらい何だと思います。
71ヶ月前
×
先にも書きましたが、私は93年のジョー・サトPurple武道館が
今のところ最初で最後になってしまってますが、まさか20年以上経過して
また武道館があるとは正直思いもよりませんでしたねw
ま、今更アルバム「Live in Japn」のセットリスト再現、なんてやらないのは
わかってますがw
どうせB!誌は冷めたレポートしか載らないと思いますので、MASAさんに
ブロマガ番外編としてPurple来日を特集してほしいですね!

71ヶ月前
×
oyajikickさん、再びコメントありがとうございます。
Purpleライブ観戦記はこのブロマガでも掲載する予定
ですので楽しみにお待ちください。
「Live in Japn」のセットリスト再現…「Child In Time」
あたりでギランが倒れて武道館内に救急車到来…なんていう
悲惨な事になりそうなので絶対ないでしょう(笑)
私としては新作「Now What?!」の新曲やモーズ曲を聴きたいので
「Sometime~」でもあれば感激ですね!
鉄板曲は「Fireball」と「Smoke On The Water」があれば十分です。
71ヶ月前
×
「 Perpendicular」はいいアルバムでしたね!
「Now What?!」は「Bananas」と同様、海外では高い評判ですよね。
日本で不当な評価は・・・もうどこの誰のせいかおわかりですよねw
あのくらいのキャリアのバンドになれば、あとは老舗のコクだけで勝負できるので
無理に時代性にあわせる必要はないですけどね。
71ヶ月前
×
oyajikickさん、三度コメントありがとうございます。
そういえば今年はかのモトリークルーが
ラストツアーをする事を発表しましたね。
オリジナルメンバーのまま有終の美を終えるのも
立派ですがパープルに関してはKISS同様
”生きる”伝説として頑張って欲しいですね。
それにしても誰かさんは一体いつまで消えた虹の幻影を
見ている事やら(笑)
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。