X JAPAN THE WORLD
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

X JAPAN THE WORLD

2014-06-18 22:24
    さて近況にも書きましたが昨日手に入れた待ちに待った(笑)1枚を紹介したいと思います。

    X JAPAN / THE WORLD



    購入場所:タワーレコード明石店

    購入金額:4960円

    2008年の再結成以来出す出すと言い続けて6年(笑)も待ち続ける羽目になったX JAPANの
    ベストアルバムです。私が手に入れたのは15分のショートDVDとブックレットが附属した
    初回限定盤です。DVDは2年間に渡るライブ映像の抄録であくまで予告編みたいなお茶を
    濁したような内容です。これでしたら「パチンコ用」に収録された5曲のPVでも
    収録してくれた方がまだ嬉しかったです。

    今作の収録内容は以下の通り。

    Disc1
    1.Silent Jealousy
    2.Rusty Nail
    3.SCARS
    4.ENDLESS RAIN
    5.WEEK END
    6.紅
    7.Forever Love
    8.DAHLIA
    9.Amethyst (THE LAST LIVE~最後の夜~ LIVE VERSION)
    10.X(THE LAST LIVE~最後の夜~ LIVE VERSION)
    11.Without you(2009.5.30 Live In TAIPEI)

    Disc2

    1.ART OF LIFE

    一応全曲リマスターを謳っており、音圧や音のエッジは旧盤に比べて良くなったと思います。
    でも、目玉と言えば初音源化された11だけです。(断言)
    音質が良くなったとはいえYou Tube全盛期のこのご時世に新曲でも再録でもなくライブVer
    しか目玉がないのは長くファンをやられている方にとってはフラストレーションが溜まる
    内容かもしれません。収録曲やDVDの内容についての不満はゴタゴタ言っても
    キリがないのでここでは他の面からこのアルバムを考察しようと思います。

    ①収録曲のバランス
    まずアルバム毎の収録曲数ですが
    • BLUE BLOOD 4曲
    • JEALOUSY   1曲
    • ART OF LIFE  1曲
    • DAHLIA    4曲
    • その他    2曲
    となっています。元々1曲しか入っていないART OF LIFEを除けばJEALOUSY以外は
    均等に収録されているのが分かります。不満の意見の中には「Tears」が未収録なのを
    憤る意見もありますがこうして見ると「Tears」を入れるとバランスが崩れるので
    (個人的にはAmethestを削ればよかったのではないかと思いますが)
    これはこれでバランスがとれていると思います。
    (JEALOUSYが冷遇されているのは納得いきませんが‥)

    ②ロックとバラードの比率
    • ロック曲   8曲
    • バラード曲  4曲
    意外ですがこのアルバムでは「ロック曲」中心の収録となっています。
    確かに上記の通り「Tears」を入れればロック曲とバラード曲のバランスとしては
    トントンになったと思いますが、4曲(内1曲はインストSE)の内3曲はX JAPANでは
    欠かす事の出来ない名曲なので気になりませんでした。
    むしろバラード入れるなら「Tears」に加えて「Voiceless Screaming」も
    入れた方が幅が広がるし、JEALOUSY曲も増えてバランスが取れる様な気がします。
    ロック曲に関しては鉄板は押さえているので大筋で問題はないかと思います。
    邪推ですが敢えて2枚目を「ART OF LIFE」だけにしたのはかつて「JEALOUSY」と
    「ART OF LIFE」を2枚組にして出そうとした時のオマージュなのかも知れません。

    ③Without Youについて
    再結成当初から話題となっていた「HIDE追悼曲」であるこの曲ですが
    スタジオ録音VerではなくライブVerでの収録となりました。
    ライブでは都合8回演奏されていますが、
    今回のはノンクレジットながらも台湾での演奏が収録されています。
    ショートカットVer且つToshlの声の状態が思わしくない1~5回目の演奏よりも
    2014年現在最後の演奏となった台湾のライブテイクを収録したのは正解だったと思います。

    どちらかと言うとコアなファン向けの「集金ベスト」的な側面が強いアルバムですが、
    集金だろうが何だろうがちゃんと音源を出して曲作ってライブをしてくれさえすれば
    ファンとしては十分満足ですので(Xにそれ以上の事を期待するは無謀に近いですので)
    とりあえず秋の日本公演とやらが”ちゃんと”行われる事を祈ってます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。