新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

極楽蝶

2014-12-14 09:00
  • 2
さて、今日12月14日は何の日か?と答えられればHR/HMファンの方の中には
すぐにピンと来られる方もおられるかと思います。
(もっともそこまで極められている方はこのブロマガ如きに来られるはずもないと思いますが)
そんな訳で偶然公演日が重なった事もあり、この音源を紹介したいと思います。

RAINBOW / 極楽蝶


購入場所:トレード

購入金額:0円

RAINBOWの「Risisng Tour」初来日公演の1976年12月14日の
広島市公会堂公演をAUD録音で収録したものです。
マニアの間では通称「桃印」「TARANTURA」と呼ばれるレーベルの音源です。

今作の収録内容は以下のとおり。赤字はUP

Disc 1
01. Setting / Tuning
02. Opening
03. Over The Rainbow
04. Start
05. Kill The King
06. MC
07. Guitar Solo
08. Mistreated
09. MC
10. Greensleeves
11. 16th Century Greensleeves
12. MC / about Rainbow Arch
13. Catch The Rainbow
14. Band Introduction
15. MC
16. Lazy
17. Guitar Tuning
18. Lazy
19. Ave Maria
20. White Christmas
21. Man On The Silver Mountain
22. Improvisation
23. Man On The Silver Mountain
24. Starstruck
25. Man On The Silver Mountain

Disc 2
01. MC
02. Keyboard Solo
03. Stargazer
04. Guitar Solo
05. Stargazer
06. Still I'm Sad
07. Keyboard Solo
08. Drum Solo
09. 1812 Overture
10. Still I'm Sad
Encore :
11. Guitar Solo
12. A Light In The Black
13. Guitar Solo
14. A Light In The Black
15. Over The Rainbow
16. Announcement


個人的な感想は言うまでもなくAUD物としては凄くいい音源だなと思いました。
この音源で特徴的なのは「Stargazer」「A Light In Black」の2曲が
揃って演奏されており、一連の来日公演でこれが揃って演奏されているのは
12月10日の京都会館公演のみでありかなり貴重な音源でもあります。
(但し、名物ギター破壊の曲でお馴染みのDo You Close Your Eyesは演奏されてません)
動画をあげているので感想はこの辺にしてこの音源の概要を語りたいと思います。

Stargazer

TARANTURAというレーベルは2004年に発足したらしく、当初はビートルズや
クランプトン、ストーンズといったアーティスト中心に出しており、
正直な話あまり無縁なレーベルでした。
しかし、2011年頃からパープルやRAINBOW、サバスといった私の好きな
アーティストの音源を出し始めるようになり、ある意味こちらのマニア達からも
「遂にこっちの縄張り(シマ)に来たか!」みたいな事が言われてましたw

A Light In The Black

その先陣を切ったのがこのRAINBOWの76年初来日ツアー物の音源でした。
ざっと調べてみた所、こんな感じで日本公演全部の音源を出してるようです。

12月2日 東京都体育館:「UIJIN' - 初陣」「虹船 Legend Of The Additional Performance」
12月5日 大阪厚生年金会館:「破壊者は西へ The Destroyer In The West
12月7日 名古屋市公会堂:「虹 -Foldback, Marshall Majors-」
12月8日 大阪厚生年金会館:「Live In Osaka
12月9日 大阪厚生年金会館:「紫のけむり」
12月10日 京都会館:「アパッチ -Playing The Shadows-」
12月13日 福岡九電記念体育館:「九電 - Jesu, Joy Of Man's Desiring」
12月14日 広島市公会堂:「極楽蝶 - Ave Maria」
12月16日 日本武道館昼の部:「昼下がりの覇者 -Live In The Afternoon」「風神 Fosin'」
12月16日 日本武道館夜の部:「雷神 Risin'」「THE CLOSING NIGHT(虹の彼方に)」

この一連の音源の特徴として

AUDのみ
SE前から終演アナウンスまで完全収録
録音機材はソニー・カセットデンスケTC3000SD
イコライジングをかなりイジってる
タイトルと副題にモロ厨二病が入っている(笑)
トラックマークがやたら細かい
値段がアホみたいに軒並み高額w


が挙げられます。
イコライジングに関してはかなり力を入れているらしくこれなんかは音の明瞭さと迫力は
抜群で一昔前なら「サウンドボード音源」とかいって売られていても不思議ではありません。
ロニーのVoやリッチーのG、コージーのDsの3点セットを筆頭にBとKeyの音も漏れなく
拾っており、下手なAUD物が溢れかえっていたRAINBOW76年来日物市場を
制圧・一掃したという伝説は流石に伊達ではありませんでした…
しかし、私はトレードで手に入れるまではこっちの音源には手を出しませんでした。
何故なら

   べらぼうに高いw

からです。
因みに参考までにこれを正規で手に入れた方のブログを拝見すると

          お値段:7,800円

だそうです…音の編集に金をかけている分、プライスにモロ反映されていますw
私も以前に次回紹介予定の風神と雷神を中古屋で見かけましたが

    風神:9,980円


   雷神:16,780円

という値段にあえなく撃沈した事がありますw
皆さんも「桃印」に手を出すときには財布とよくよく相談してから
購入されることをオススメいたしますw
次回は2日後の12月16日に上記にも書いた
日本武道館公演・昼の部を収録した「風神」を紹介します。
広告
×
>SE前から終演アナウンスまで完全収録

 ライブの雰囲気が好きなので、これは本当にありがたい。

 最近の洋楽は、国内盤を販売するとき、過去の来日公演の音源をつけてくれるので、ブート漁りをしているわけではないのに、お財布がすぐ軽くなってしまいます・・・。
63ヶ月前
×
でゅら~さん、コメントありがとうございます。
高いだけあってかなり手の込んだ作品となっています。
ブート漁りしていると過去の来日音源の一部収録ぐらいでは
満足できなくなっているブート中毒末期の自分がここにw
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。