The Way It Is
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

The Way It Is

2015-02-08 12:58
  • 6
さて「グレン・ヒューズ特集」第3弾は94年からスタートした
ソロ活動の作品を紹介したいと思います。

Glenn Hughes / The Way It Is


購入場所:池袋

購入金額:900円

グレン・ヒューズが1999年に発表した4枚目のソロアルバムです。
因みに手に入れた一番の理由は言うまでもなく本人の直筆サイン
してあったからに他ありません(笑)

今作の収録内容は以下の通り。

1. The Way It Is
2. You Kill Me
3. Neverafter
4. Rain On Me
5. The Curse
6. Freedom
7. The Truth Will Set Me Free
8. Stoned In The Temple
9. Too Far Gone
10. Second Son
11. Take You Down
12. Don't Look Away
13. Freedom (Shagmeister Mix)

前作「ADDICTION」から3年の月日が経ってから出された作品です。
この間グレンはトニー・アイオミと"遊び感覚"でのセッションを行い
8曲ほど正式な形で曲を作りましたがアイオミはほどなく再結成サバスの
活動に取り掛かったためこの作品は98年にブート「EIGHT STAR」という
名前で流出してしまい後に2004年に「THE 1996 DEP SESSIONS」として
正式にリリースされました。

そしてグレンは今までソロアルバムを発表していたZEROコーポレーション
から離れて別会社と契約して出来上がったのが今作です。
今まで作品ごとにHR、R/B、ヘヴィネスと見事に音楽性がバラバラでしたが、
今作はそれらの音楽性の曲を満遍なく収録した”ベストアルバム”的な
内容になりました。

それに伴い参加したミュージシャンも「FEEL」に参加した
元ヒューズ・スロールのゲイリー・ファーガソンを始め
ADDICTION」のメインライターであるマーク・ボニラ、
元GUNSのマット・ソーラムに後にグレンのソロ活動の
常連になるJJ・マッシュも参加しています。
普通グレン程のクラスになればある程度の売れ筋を意識した
「お約束」的な展開の曲があっても不思議ではないのですが、
収録曲はどれも実験性や確信に満ち溢れた瑞々しい作品となっています。
また6のジミー・ヘンドリックスのカバー曲もあれば
8、12にはELPのキース・エマーソンが参加しており”彼らしい”
装飾が施されているのも聴きどころです。
しかし、このベストアルバム的手法が却って仇となり

            「曲に統一感がない」

               「散慢」

という否定的見方を受けたのかセールス的にサッパリ売れず
この後ライブ活動でもこのアルバムの収録曲はNeverafterが1999年いっぱいで、
You Kill Meが2001年まで演奏された他は全く演奏されずじまいに終わりました。

この後もグレンはソロ活動ではファンク路線を中心とした作品を発表する
一方でHTPでHRファン受けする作品を作ったり、トニー・アイオミと再び
タッグを組んで「FUSED」を発表するなど”課外活動”も熱心に作っており
最新の活動ではスラッシュ、ダフといった元GUNS勢との活動や
現パープルと共に参加したジョン・ロード追悼コンサートなど
60歳を過ぎても一向に衰えない彼の”今の”活動ぶりを振り返る上で
ある意味「前半の活動の総括」ともとれる貴重な1枚ではないかと思います。

オマケでジョン・ロード追悼コンサートからBURN

次回はまたブートを紹介する予定です。
広告
×
 ほ、本人直筆サインがあって900円なのか。
 そら買いますわ。
61ヶ月前
×
MASAさんこんにちは
これはSPVから出ていたアルバムですね
このあたりからグレンは毎年のようにアルバムを連発するようになりました
レッチリのチャド・スミスと組んでレコーディングしたあたりまで
物凄いリリース・ラッシュでファンも追っ付けなかったんじゃやないですかね
(その間にヒューズ=ターナーがあったりもしたし)
個人的に思い出深いのはやはりZERO三部作のあたりですかね
来日して「タモリの世界は音楽だ!」に連続出演して、デーモン小暮と
Burnを歌ったりしてね・・・

61ヶ月前
×
でゅら~さん、コメントありがとうございます。
グレンのサイン入りは他にもシングル「Talk About It」
のも持っていましたがほかの方にお譲りしましたので
現在持っているのはこれだけですw
61ヶ月前
×
花園カオルさん、コメントありがとうございます。
グレンは90年代に入って80年代の鬱憤を晴らすかのように
アルバムリリースを続けましたね~
因みにデーモン閣下とのTVでの共演映像は私が投稿しています~♫
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23845751
もし宜しければご覧下さい。
61ヶ月前
×

ああ、これです。
さすがのデーモン小暮も一歩引いている感じですね。悪魔らしからぬ敬意ですw
アルバム「Feel」を出した時も来日してHoly Manを歌っていました。
余談ですがB!誌にいる落語評論家wはこの「Feel」と初期のソロ
「Play Me Out」を常に目の仇にしていました。
ファンキー&ソウルだからです。お前もリッチーの受け売りかと。

61ヶ月前
×
花園カオルさん、引き続きコメントありがとうございます。
コカインはそのくせブラックモアズ・ナイトはHRの要素が
1mmもないのに「リッチーが作る曲は全部神曲」と言わんばかりに
全アルバム意味もなく褒めてるんですよねw
正直言って「Feel」の方が1000倍くらい作品の質は素晴らしんですけどね~
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。