LEGENDARY QUARTET THE THRID GIG
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

LEGENDARY QUARTET THE THRID GIG

2015-03-14 10:47
  • 2
さて「ムスティン在籍時メタリカ」特集もいよいよ今回からは

「ムスティン・クリフ時代」の第2期メタリカとなります。

今回紹介する音源はこちらです。

METALLICA / LEGENDARY QUARTET THE THRID GIG




購入場所:新宿

購入金額:0円(オマケ)

1983年4月8日、アメリカNY・パラマウントシアター公演をAUD録音で収録した物です。
この音源はたった4回のライブしか残っていない「ムスティン&クリフ」編成のライブの内、
3日目のライブに当たります。

今作の収録内容は以下の通り。

1. Hit The Lights
2. The Mechanics
3. Phantom Lord
4. Jump In The Fire
5. Motorbreath
6. (Anesthesia) - Pulling Teeth
7. Whiplash
8. Seek & Destroy

他の日と比べると

・Am I Evil

・The Prince

・Blitzkrieg

・Metal Militia

がないですがこれは欠落しているのか単に演奏されなかったのかは定かではありません。
(多分演奏はされていたと思うので前者だと思いますが)

ムスティン&クリフの音源は4回分残されていると書きましたが
この辺の流れは具体的にはこうなっています。
赤字がライブ

12月12日 ムスティンの苛めを苦にロン・マクガヴニー脱退。
12月28日 クリフの初リハーサル
3月5日 サンフランシスコ・The Stone公演
3月19日 サンフランシスコ・The Stone公演
4月1日 ムスティン解雇が決まりカーク・ハメットが召集される。
4月8日 NY・パラマウントシアター公演(本音源)
4月9日 NYブルックリン・L'Amours公演
4月11日 ムスティン解雇
4月16日 カーク・ハメット初ライブ

4日全部が音源として残っている「ムスティン&クリフ」編成のライブの中でも
この日は音質的は80年代のAUD音源でも下の方でヒスノイズも酷く篭っていて
録音位置もかなり遠く「遠くで楽器が何か鳴っている」
といった感触です。
収録曲も価値的にもかなり低く見られている日ですが、
マニアとしては「残っているだけでもありがたや」という気持ちで一杯なので
音質面では特に気にしていません(苦笑)

演奏そのものは他の人比べても遜色なく攻撃的であり、ムスティンのギターも
(かなり遠いですが)ガンガン聞こえてきます。
またこの日の注目すべき点としてはライブ開始前のSEが毎度お馴染み
「Ecstacy Of Gold」がかかっており、恐らくこれが確認できる最古の使用です。

上記でも書きましたがこの時既にラーズとジェイムズはムスティン解雇を決めており
この日の1週間前には後任のカーク・ハメットが呼び出されていました。
当然この事を知らないムスティンは解雇されるなんて夢にも思わず演奏していると思うと
彼が受けた心の傷が20年以上経った2004年になっても癒えていなかったのも
少し分かる気がします…

次回の音源はこのライブの20日前に当たり

     ムスティン時代唯一&METALLICA最古

の映像を収録した「2日目」を紹介する予定です。

広告
×
 売人止められなかったムスティンが悪いんや・・・。
61ヶ月前
×
でゅら~さん、コメントありがとうございます。
それに関しては20年経った2004年の時にも
ムスティンは非常に後悔していましたね~
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。