ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

LEGENDARY QUARTET : THE SECOND GIG VIDEO
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

LEGENDARY QUARTET : THE SECOND GIG VIDEO

2015-03-15 11:37
  • 2
さて前回に続きメタリカブートの紹介で前回は「3日目」の音源に対し
今回はその前に当たる「2日目」の音源です。

METALLICA / LEGENDARY QUARTET : THE SECOND GIG VIDEO



購入場所:新宿

購入金額:0円(オマケ)

1983年3月19日のサンフランシスコ、The Stone公演をAUD映像収録した物です。
ムステイン在籍時で唯一にしてMETALLICA最古の映像として知られ、

クリフ・バードン追悼の為に出された公式ブートレッグ「CLIFF 'EM ALL」にも
「Pulling Teeth」「Whiplash」の2曲が使用されている事で有名な映像です。


今作の収録内容は以下の通り。赤字は動画有り

1. Introduction
2. Hit The Lights
3. The Mechanics
4. Phantom Lord
5. Jump In The Fire
6. Motorbreath
7. No Remorse
8. Seek & Destroy
9. (Anesthesia) ~ Pulling Teeth
10. Whiplash
11. Am I Evil ?

流石に83年のオーディエンス映像とあって鮮明とは言い難い画質ですが
言うまでもなくこの映像の貴重性を鑑みればそんな事些細な事に過ぎません。

映像を見て分かるというか、意外な発見なのが

  ジェームズが何というかひよっこ扱いw

だという事です。

我々が知っている後年のジェームズはVo、リズムギターは無論の事、MCや観客の煽りも
殆ど1人でこなす(故にストレスが半端なくアルコール中毒になってしまったのですが)
優秀なフロントマンというイメージが大きいだけにこの時のジェームズの初々しさを
見ると「ローマは一日にして成らず」という言葉が実感出来ます。

Motorbreath

そんなジェームズに変わってバンドをリードしているのがデイブ・ムスティンです。
後のメガデス時代を見てもわかりますが、彼もまたジェームズ同様演奏から煽りまで
全てをこなす優秀なフロントマンですがこの頃から既にその才能を見せていたのには
驚きました。

そして加入したばかりのクリフもそのカリスマ性を遺憾無く発揮しており、
このPulling Teeth の映像が公式収録されたのも納得がいく出来栄えです。

(Anesthesia) ~ Pulling Teeth

そんな仲の良い4人を見れば見るほどこの後待ち受けている運命を思うと
複雑な思いがします。後年、メタリカのドキュメンタリーに大佐がラーズと
カウセリングをするシーンがありますが互いが過ぎた20年の月日を振り返り
特に大佐が吐露した思いを聞くとこの映像もまた違った見方ができると思います。

そのカウセリング

次回はいよいよこの2つのオマケの本体に当たる
4公演の初日と最終日を収録したブートを紹介したいと思います。
広告
×
 ムスティンの葛藤が垣間見えますね
76ヶ月前
×
でゅら~さん、コメントありがとうございます。
何せ自ら結成したバンドが世間からは「人も羨む大成功」
と言われている成功を収めたメガデスすらも
霞むような大成功を収めた古巣、しかも「解雇」という
形で去ったとなると悔しさや嫉妬も常人には計り知れない
物があるのではないかと察します。
76ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。