ASBURY PARK 1975: DIGITAL BROADCAST VERSION
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ASBURY PARK 1975: DIGITAL BROADCAST VERSION

2015-07-18 11:03
    さて前回に続き「オジーサバス特集」という事でこの音源を紹介したいと思います。

    BLACK SABBATH / ASBURY PARK 1975: DIGITAL BROADCAST VERSION



    購入場所:新宿

    購入金額:0円(オマケCDR)

    1975年のアメリカ・ニュージャージー州アズベリー・パーク公演を
    FM録音で収録した物です。現在も新宿や御茶ノ水にある某CDショップで
    ゴロゴロ転がっている為に入手難易度は非常に低く手に入れやすい一品です。

    本作の収録内容は以下の通り。

    1. DJ Intro
    2. Spertzar/Intro
    3. Killing Yourself To Live
    4. Hole In The Sky
    5. CM #1
    6. Snowblind
    7. War Pigs
    8. CM #2
    9. Megalomania
    10. Iron Man
    11. CM #3
    12. Paranoid
    13. DJ Outro.
    14. Radio Spot

    次回詳しく解説しますが古くから多くの音源が存在する公演で
    今回の音源はこの公演をラジオ番組「King Biscuit Flower Hour」用に
    収録された物で2005年に再放送された物を収録しています。
    因みにただの再放送ではなく放送当時6曲しかなかった収録曲を
    2曲(「Megalomania」、「Iron Man」)追加+再編集がされています。
    更に業者の手によって演奏スピードも修正されており、
    非常に聴きやすくなっています。

    必然的に次回紹介する「LIVE LONGEST... DIE AT LAST」との比較となってしまいますが、

    ・ラジオ放送物をそのまま収録した為、曲の始めにDJのイントロや解説、CMが入る。

    ・上記の様にラジオ放送用の為、前半のSymptom Of The Universeと
     Iron ManとParanoid以外の後半の全曲がばっさりカットされている。


    ・音質的にはDIE AT LAST >今作>越えられない壁>既発ぐらいに改善されている。
    どちらかというと今作はラジオ放送に際して若干音を体裁よく整えた感があるので
    好みによってはこっちの方が良いという人もいらっしゃると思います。

    ・耳を澄ましてよくよく聞いてみると曲間が若干編集されている。

    といった違いが見受けられます。

    ラジオ放送物とあってかCMや解説が入っているのは致し方ないですが
    やはりDIE~と聴き比べてみるとカット曲の多さに気付かされます。
    最も放送自体が当時の新作「SABOTAGE」の宣伝を兼ねている事から
    同アルバムの新曲を中心に収録されているのは致し方ない事であり
    今のサバスでは未来永劫聴く事が出来ないであろう「SABOTAGE」の
    Symptom Of The Universe以外の主要曲を聴けると思えばさほど悪くありません。
    また音質についてですがDIE~と比べてエッジがなくなってるものの
    既発に見受けられたノイズ類は解消されている事から
    これ単品を聞く分には何のストレスも感じずに聞くことができます。

    当然の事ながらDIE AT LASTと比べてしまうと色々見劣りしてしまいますが
    オジーサバスの優れた音源を試しに安価で聞いてみたいという方には
    打って付けの音源です。(現在これ単品だと在庫過多で価格も1000円を下回っています)
    個人的に今まで聞いてきた音源の中でこれだけの高音質SBD音源を安く買えたのは
    恐らくコレぐらいなだけにクオリティを考えれば十分お買い得な一品だと思います。

    次回はこの音源のグレードアップ盤に当たる
    LIVE LONGEST... DIE AT LAST」を紹介したいと思います。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。