ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

LOUDNESS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

LOUDNESS

2015-09-13 10:32
  • 4
今回の公式紹介はこの前2回に渡って書いたTAIJI本の
記事を書く過程で久しぶりに聴いたアルバムです。

LOUDNESS / LOUDENESS



購入場所:地元のブックオフ

購入金額:500円

日本のHR/HMバンドの元祖ともいえるLOUDNESSが
1992年に出した10枚目の公式アルバムです。

LOUDNESSと言えば所謂、第1期の「DISILLUSION 〜撃剣霊化〜」や
「THUNDER IN THE EAST」が有名ですが私は元々TAIJI絡みで
LOUDNESSを知ったのでこれしかアルバムは持っていません。

本作の収録内容は以下の通り。赤字は動画有り。

1. Pray for the Dead
2. Slaughter House
3. Waking the Dead
4. Black Widow
5. Racing the Wind
6. Love Kills
7. Hell Bites (From the Edge of Insanity)
8. Everyone Lies
9. Twisted
10. Firestorm

俗に第3期LOUDNESSと呼ばれる布陣ですが
オリジナル編成を別格とすれば素晴らしいバンドではないかと思います。
これまでのメロディアスな曲調は鳴りを潜めているものの
高崎、樋口の御大2名のプレイは無論の事、
X時代は派手なフレーズやテクニックが多かった沢田泰司(以下TAIJI)も
「Jealousy」頃から見られる音数を減らしリズム隊に徹するプレイに変化した事で
シンプルで重厚な弦楽器陣にMASAKIのヴォーカルが縦横無尽に乗るという
PANTERAを意識したようなグルーヴ・メタルの様な仕上がりになっています。

Waking the Dead

LOUDNESSは二井原実のVoが素晴らしく、また二井原脱退後
徐々にバンドが迷走していった事もあってか他のバンド以上に
「オリジナル編成以外はNG」という方も多くおられると思いますが

「第2期DEEP PURPLE大好きだけど第3期DEEP PURPLEも好き」、
「三頭政治時代のRAINBOWもグラハム時代のRAINBOWも両方好き」
「シド在籍時もロジャー独裁時代もギルモア時代もひっくるめてフロイドが好き」

みたいな形で「それはそれ、これはこれ」と割り切ると

  「LOUDENESS+X+EZOのジャパメタドリームバンド」

としてとても楽しめると思います。
(因みに私は某B誌編集長が蛇蝎の如く嫌う2期も好きです)

収録曲に目を向けるとシングルカットされた2、4曲目を始め
オリジナルメンバー再結成後も演奏されている曲が多い事からも
このアルバムが秀逸な出来である事が分かります。

脱退した山下昌良が唯一作曲したEveryoneLies

また意外ですが当時LOUDNESSを上回る知名度を得た元XのTAIJIが
加入したという事によりXから流れてきたTAIJIファンがこぞって購入したのか
オリコン2位と歴代のLOUDENSSのアルバムの中で最も順位が高いアルバムとなり
今まで10年近く活動を続けてきた実績とTAIJIの加入に伴う新規層のファンの
獲得でCD売上や知名度、人気の点においてもこの頃までが全盛期という見方も出来ます。
一方でTAIJI目当ての女性ファンの流入により古参のファンからは
一時期反感を食らったらしくTAIJIも自伝

「『山下さんの方が良かった』という声を聞くたびに比較される辛さから逃れずにいた。
(中略)おそらくこればっかりは、味わった人間にしかわからない苦痛なのだと思う」

と述べるなど相当なプレッシャーに苛まれたいたそうです。

しかし、メンバーからの評価は好評で特に滅多に人を褒めない
樋口宗孝が彼を絶賛している事からもこの編成のレベルの高さが伺えます。
それだけに事務所トラブルに伴う樋口とTAIJIの脱退が起こらず
高崎が悟りを啓く事なく(笑)このアルバムの路線を突き進めてさえいれば…
と思わずにはいられません。

ライブでのCRAZY DOCTOR

後にオリジナル再結成が実現した後も「イベント企画で第3期もやってみたい」
という声がメンバーの中にもあったそうですが脱退後アメリカに拠点を移した
MASAKIが頑として首を縦に振らず、結局2008年の樋口の死後により再結成は
不可能になり1周忌追悼ライブで18年ぶりにTAIJIが高崎と共演したに留まりました。

BLACK WINDOW

そのTAIJIも2011年に不可解な死を遂げてしまった事により第3期LOUDENSSは
(MASAKIが翻意しない限り)ほぼ永久的に過去の物へとなってしまいました。

そんなこんなで話は長くなりましたがHR/HMファンにとって聞いても時間の無駄には
ならないと思いますのでCDショップで見かけたりしたら聞いて頂けたらなと思います。

次回の公式紹介は…また邦楽(?)の予定です。

広告
×
 ここ数年の LOUDNESS は、アニバーサリー企画や、今年はヴェセラ期「SOLDIER OF FORTUNE」として LOUD PARK 出演など、活発な動きを見せているので、第3期フィーチャー企画も期待できますよ!
 ・・・と、信じたい。
70ヶ月前
×
でゅら~さん、コメントありがとうございます。
「SOLDIER OF FORTUNE」は驚きましたね~
高崎さんか山下さんに出て欲しいですが
アメリカツアー直前なだけに難しい気がします。
3期は…MASAKIがやる気がないので無理かと
せめて樋口さんかTAIJIのどちらかが存命なら
期待したのですが…
70ヶ月前
×
 高崎、山下、ともに参加するみたいですね。

遂にベールを脱いだ"SOLDIER OF FORTUNE" 高崎晃、山下昌良の参戦が決定!最新A写が到着!
http://www.loudpark.com/15/news/#0918
69ヶ月前
×
でゅら~さん、貴重な情報ありがとうございます。
第二期LOUDNESSがこういう形で蘇るのはやはり嬉しいですね。
同時に第三期もこういう形でやりたかったんだろうな~と思いますね。
69ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。