SAPPORO 1996
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SAPPORO 1996

2016-07-07 00:10
    さて、久しぶりに「欲しかった」ブートが手に入ったので紹介したいと思います。

    DEEP PURPLE / SAPPORO 1996


    購入場所:西新宿

    購入金額:3800円

    1996年11月6日に行われた「PURPENDICULAR WORLD TOUR 1996」日本ツアーの
    9公演目に当たる北海道厚生年金会館公演をAUD録音で収録した物です。

    前のブロマガで以前に96年の大阪公演のブートを紹介した時にも書きましたが、
    96年のパープルの来日公演は定番の東名阪に加えて初めてとなる関東各県や
    仙台、北海道でも公演を行っているだけでなく、

        未だに多くの公演が音源として見つかっていない

    という歴代のパープル来日公演の中では極めて謎の多い年となっています。
    その内、これまで音源が見つかっていなかった北海道公演が音源化されたこの作品が
    如何に貴重な1枚であるかは言うまでもありません。

    本作の収録内容は以下の通り。

    Disc 1
    1. Intro
    2. Fireball
    3. Vavoom: Ted The Mechanic
    4. Pictures Of Home
    5. Black Night
    6. Cascades: I’m Not Your Lover
    7. Sometimes I Feel Like Screaming
    8. Woman From Tokyo
    9. The Aviator

    Disc 2
    1. MC
    2. Rosa’s Cantina
    3. No One Came
    4. Smoke On The Water
    5. When A Blind Man Cries
    6. Speed King
    7. Perfect Strangers
    8. Hey Cisco
    9. Highway Star

    セットリストに関してはこの年ならではの特徴である定番崩しがある事を除けば、
    大阪公演と同じで特に変化はありません。

    しかし、何と言っても驚きなのは音質が抜群に優れているという点です。
    上述の大阪公演のブートは貴重性では劣らぬものの、

    ・イントロが未収録に加えてPictures Of Homeの前のMCの一部が明らかにカットされている

    ・かつて「Live In Japan」の収録にも使用されるなど、非常に音響が良い事で知られる
    大阪フェスティバルホールの為か、かなり音がラウド気味に聴こえる


    ・入力過多のせいか音像が時々安定しない

    といった難点があります。
    それに比べてこの音源はカットがないのは無論、音質、音像、音量共に非常に安定しており、
    それでいて歓声も邪魔ならない程度で収録されストレスなしに最後まで聴く事ができます。
    (余談ですが、会場となった北海道厚生年金会館は大阪フェスティバルホールと
    収容人数ではほぼとんとんの人数であり、改めて会場の設備などの差が録音に大きな影響を
    及ぼすというのを改めて知らされました)

    また、もう1つ特筆すべき事は「パープル史上初の北海道公演」である事です。
    1972年の初来日以来、実に15回も来日し77公演を行っているパープルですが、
    会場を都道府県単位毎で分けてみると

    ()内はその場所で来日公演を行った年
    ・東京都:26公演(2005年を除く全来日公演)
    ・大阪府:19公演(2001年を除く全来日公演)
    ・愛知県:11公演(72、91、01、05年を除く全来日公演)
    ・北海道:4公演(96、01、16年)
    ・福岡県:3公演(75、96、06年)
    ・神奈川県:3公演(93、96、00年)
    ・宮城県:3公演(96、01、16年)
    ・広島県:2公演(73、09年)
    ・石川県:2公演(04、09年)
    ・福島県:1公演(16年)
    ・千葉県:1公演(05年)
    ・栃木県:1公演(96年)
    ・埼玉県:1公演(96年)

    意外にも4回しか公演を行っていない事が分かります。(内3回は札幌、1回は函館)
    パープル関係のバンドでも78年のRAINBOW、83~84年のWHITESNAKEぐらいしか
    公演を行っていない事もあり、会場にいるファンはパープルに非常に飢えているというか
    「史上初のパープル」に嬉しくてたまらないという気持ちがひしひし伝わってきます。

    バンドの代表曲であるHighway StarSmoke On The WaterBlack Nightは無論の事、
    恐らく何の曲だか多分知らないであろう中盤の新曲群も「ああ、知らねえ曲だ」的な
    静かさではなく、興味津々で聴きいいっているらしい様であり、それに応えてか
    メンバーたちのアドリブもかなり熱が入っています。
    (特にモーズとロード御大を筆頭に大阪公演の1.5倍盛りくらいの感じです)

    これにはこの当時、「2度目のリッチー不在」という事態を逆手に取り、
    リッチーの呪縛から解き放たれた「新生パープル」として新たな道を歩み始めた
    バンド側の新鮮なライブと北海道というこれまた初めてとなる場所でのプレイ
    奇跡的にマッチして非常にスリリングで瑞々しいライブになったと言えます。

    モーズのいるパープルが好きな方にとっては確実に「推せる」いい音源だと思います!
    次回のブート紹介はこの音源のオマケで付いてきたDVDRでも紹介したいな~と思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。