新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MILAN 1990

2018-09-15 08:37
  • 2

再開第1弾としてつい最近手に入れたサバスの「秘境地帯」と知られる「TYR Tour」のブートを紹介したいと思います。

BLACK SABBATH / MILAN 1990



購入場所:西新宿

購入金額:3800円

1990年10月1日イタリア・ミラノ公演をAUD録音で収録した物です。
レコード盤の「DIES IRAE」として昔から存在するブートとして有名な音源で、
最近では「ROAD OF TYR」というブートに収録されている事で有名でした。

本作の収録内容は以下の通り。一応全曲音源あり。

Disc 1
1. Intro: Ave Satani~The Gates of Hell
2. Neon Knights
3. Iron Man
4. Children of the Grave
5. Anno mundi (The Vision)
6. Headless Cross
7. When Death Calls
8. War Pigs


Disc 2
1. Bass Solo
2. Heart Like A Wheel/Guitar Solo
3. The Law Maker

4. Drums Solo incl. Mars  
5. The Sign Of The Southern Cross (イントロのみ)

6. Black Sabbath
7. Die Young
8. Heaven And Hell
9. Paranoid/Heaven And Hell(reprise)

以前ブロマガではこのツアーの初日公演を紹介した事がありましたが、
その後2年の間にこの「TYR Tour」の音源は徐々にではありますが、発掘されてきました。
とはいえ、前回もちらっと書きましたがこのツアーは期間が短い為か、音源も少ないので
現在の音源の発掘状態についてここで表にしてまとめてみる事にしました。
(どなたかこれ以外の音源をご存知でしたらご教授ください)

 ツアー日程           主な音源()内は公演日
・9月1日~13日:イギリス(10公演)FIRST TYR」(9/1)、「TYR UK」(9/5と9/8)

(15日~21日にも6公演が予定されていましたが、チケットが売れず中止となっています)

・9月25日~10月2日:イタリア(6公演)「MILAN 1990」(10/1)

・10月3日~6日:スイス(3公演)

・10月8日~9日:オーストリア(2公演)INNSBRUCK 1990」(10/9)

・10月10日~24日:ドイツ(11公演)           「SENDEN 1990」(10/10)、
            「MARTIN YEARS」(10/18)、「ST. WENDEL 1990」(10/20)、
          「DUSSELDORF 1990」(10/21)、「OSNABRUCK 1990」(10/22)

・10月26日~11月1日:北欧・ベルギー・オランダ(5公演)TYR BELGIUM」(10/30) TYR AMSTERDAM」(11/1)

・11月3日~28日:ドイツ・ルクセンブルク(7公演)
(この間の11月4日、8日、10日の3公演もチケットが売れず中止となってます)

こうして一覧にして見ると色々な事が浮かび上がってきます。
まず、

・全44公演中で音源として残っているのが4分の1の11公演分

・そしてその大半(5公演分)が10月10日~24日の最初のドイツツアーに集中している

・それ以外の音源の分布としては中盤のスイスと終盤のドイツ・ルクセンブルク以外は
一通り聴く事が出来る

といった事が挙げられます。

そして、次にセットリストの面ですが、私が所有している「TYR UK」とこのミラノ公演、
あと参考までに現状最後の音源となっている「TYR AMSTERDAM」を比べてみると

「TYR UK」
1. Ave Satani/The Gates Of Hell
2. Neon Knights
3. Iron Man
4. Children Of The Grave
5. Headless Cross
6. When Death Calls
7. War Pigs
8. The Shining
9. Bass Solo
10. Heart Like A Wheel
11. Guitar Solo/Sabbath Bloody Sabbath
12. The Law Maker
13. Drums Solo (Mars, The Bringer Of War)

1. Sign Of The Southern Cross
2. Black Sabbath
3. Guitar Intro
4. Die Young
5. Heaven And Hell
6. Paranoid / Heaven And Hell (reprise)


「TYR AMSTERDAM」
1. Ave Satani/The Gates Of Hell
2. Neon Knights
3. Iron Man
4. Children Of The Grave
5. Die Young
6. The Sabbath Stones
7. Bass Solo
8. Heart Like A Wheel/Guitar Solo
9. Headless Cross
10. When Death Calls
11. The Law Maker
12. Anno Mundi (The Vision)
13. Black Sabbath
14. Heaven And Hell
15. Paranoid/Heaven And Hell(reprise)

同じ曲が多くて一見分かり辛いですが、マーティン在籍時の他のツアーや歴代のツアーと
比べてみてもかなり特異な構成になっているのが分かります。
例えば

・いつも終盤に演奏するIron ManとChildren Of The Graveが序盤に移動

・マーティン時代は鉄板曲だった「The Shinig」がツアー序盤でセット落ちする

・ついでに言うとロニー時代からの定番曲だった「Children of the sea」や「The Mob Rules」なども珍しくセット落ちする

・そしてコージーのドラムソロとSign Of The Southern Crossがミラノ公演を境に(?)
セット落ちし、代わりにThe Sabbath Stones がセット入りする

・ツアー前半と後半でDie YoungとAnno Mundiの位置が入れ替わる

といった特徴が見えてきます。
セットリストの変更などは大抵一つの地域(例えば欧州ツアーなど)では固定化し、次の地域に移動する際に観客の反応やマンネリ防止を含めた気分転換、ライブの流れを考慮して行われますが、今回のツアーでは極めて短期間の間に目まぐるしくセットリストが変更されており
地元イギリスでの公演が不入りで中止になる等、集客面では苦戦していたサバスはこのツアーは端から欧州のみの短期ツアーの様相であったのが伺えます。

アイオミは自伝で旧友ギーザーやロニーから「再結成」の話が来ていたから話に乗って見た…
と様な形でマーティンとの最初の決別を語っていましたが、彼からすれば当時のサバスの集客状況やアルバムセールスを考えれば「この編成もそろそろ潮時かな」という思いはあったはずでしょうし、それがこの特異極まる欧州ツアーに繋がったのは容易に想像できます。
個人的には今までのツアーとは違い自分の書いた曲が増えてきて名実ともに彼の時代が来る…かと思ったその矢先の脱退だけに「リアル100日天下」に終わった幻のマーティン時代の様相を知る数少ない貴重な手がかりだと言えると思います。(94年以降はどうみたってオジーと再結成するまでのワンタッチ・リリーフポジションであったのが見え見えでしたし‥)

さて、そういった状況はさておき、最後に肝心の音質ですが昔から「TYR Tour」音源の最高峰として知られているだけあって非常にクリアで鮮明な音源であり、若干の左右の音像の揺れさえ除けばデラックス・エディション辺りのボーナストラックとして付けても遜色ない出来映えです。

レコード時代のブート「DIES IRAE」の音源
この音源の左右の音像の揺れが少ないVerと理解して頂けたらと思います。


特に初日公演でも聴けたコージーのドラム・ソロも鮮明に録られていて視覚なしでも十分に楽しめます。この後の公演ではドラムソロはセット落ちしてしまう為、よりこの公演の価値を高めています。
そしてマーティンは前ツアーに比べると声に陰りが見えはじめていますが、高音部のフェイクさえ除けばこの頃はまだ十分に力強い声ですのでその辺の心配は大丈夫です。
それ以外のアイオミやマーレイの音も十分クリアに録音されている為、音質面においては
文句なしと言えます。

「TYR Tour」はこれ1枚あれば十分といえるだけの代物ですので当然この音源はサバス好きの方には胸を張ってオススメできる1枚です。
一方で音質は落ちるものの、多くのレア曲がひしめく初日公演やギーザーやブライアン・メイがゲスト出演したロンドン公演と音質が抜群のこの公演を選ぶのは難しいので全部まるごと聴きたいという方にはこれら全てを網羅した「ROAD OF TYR」が断然オススメです。


次回は上述の「ROAD OF TYR」に部分的に収録されていた9月8日のロンドン公演を収録したブートを紹介したいと思います。

広告
×
投稿ありがとうございます!2018年のRainbowブートレグをもし持っていたら紹介してほしいです。
14ヶ月前
×
SOUNANCEさん、コメントありがとうございます。
RAINBOWの2018年の公演のブートは残念ながらまだ手に入れてません。
今の所セットリストもメンバーも(笑)安定し、これといって興味を引く
出来事もなかったので17年同様見送っていました。
もし、良い録音があり、資金に余裕があれば手に入れてみようかな~とは思っています。
14ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。