新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

TYR Amsterdam

2018-10-14 15:58
  • 2
さて、いつの間にか「シリーズ化」してしまった「TYR Tour」の音源紹介ですが、
今回のブートの紹介をもってひとまず一休みしようと思います。

BLACK SABBATH / TYR Amsterdam



購入場所:新宿

購入金額:オマケDVDRなので0円

1990年11月1日アムステルダム公演をAUD撮影で収録した物です。

収録内容は以下の通り。

1. Ave Satani/The Gates Of Hell
2. Neon Knights
3. Iron Man
4. Children Of The Grave
5. Die Young
6. The Sabbath Stones
7. Bass Solo
8. Heart Like A Wheel/Guitar Solo
9. Headless Cross
10. When Death Calls
11. The Law Maker
12. Anno Mundi (The Vision)
13. Black Sabbath
14. Heaven And Hell
15. Paranoid/Heaven And Hell(reprise)

前回紹介したベルギー公演の次の公演という事もあり、セットリスト面などの変化はないですが、会場のキャパシティが前回の会場よりも大きいせいか墓場(?)と思わしきステージセット(といっても壁に絵が描いてあるだけですが)が確認できます。

メンバーも広々としたステージを所せましと歩き回り、前回では狭かったせいか不動だったニールもベースを揺らしたり、移動したりと中々アグレッシブに動いています。
そんな中、やはり注目がいくのはマーティンで、「サバスのフロントマン」としての自覚に目覚めたのか、観客の煽りや合いの手、パフォーマンスも実に堂々としています。
前回まではあまり動いたり派手なパフォーマンスをする事が無く、これより以降になると頭頂部が寂しくなって(笑)あまり絵的に映えなくなっていくだけに「絶頂期のマーティン」を堪能できる点では非常に貴重でもあります。

カメラの位置も前回のベルギー公演と反対に下手(アイオミ側)から撮影されていて、
しかも1階の観客も見える事から2階から撮影されたのが分かります。
そして前作では音のラウドさが傷だった音質も若干ノイズはあるものの、この手のAUD撮影物としては比較的クリアに収録されています。

ただ、唯一惜しむらくはカメラの画質がイマイチなのと客席とステージに距離がある為、
メンバーの細かな顔の表情まで鮮明に映していた「TYR BELGIUM」に比べると画質のレベルがワンランク落ちてしまうのは病むを得ません。
(もっとも、撮影自体はアイオミとマーティンをやたらドアップで映すあまり、ステージ全体の様子が分かり難かった「TYR BELGIUM」に比べるとステージ全体の様子を映しつつ個々のメンバーの見せ場ではアップにしてきちんと撮影する今作の方が数段レベルが上なので一長一短で悩ましい所でもあります)

ステージに一番近いトニー・アイオミのドアップですらこの画質…


そして、今作の最も面白いは「ハプニング満載」の点に尽きます。

まず、「Die Young」終盤ではアイオミのギターの音響にトラブルが起きいきなりギターが無音になってしまいます。
しかし、アイオミ御大は突然のハプニングにも「あれ、みんな聴こえてないの?」ばりに全く動じることなく、淡々と弾き続けるという貫禄ぶりを見せてくれます。

しかし、ハプニングはこれだけでは収まらず「Black Sabbath」終盤に(コージーのドラムソロ代わりなのか)短いながらコージーのドラムソロが挿入されるのですが、その時にステージで大量のスモークガスを上に噴射する演出をした結果、

ドリフの如く天井から板が落下するというハプニングが!


もし落下場所がコージーの頭上とかだったら最悪死亡事故になりかねない笑えないハプニングでしたが、コージーは全く動じることなくこの直後にも天井から別の物が落下しますが、
それすらも動じずに見事叩き終えるというプロ魂を見せたのでした。

先ほども書いた様に画質的にはBランクですが、上述の様にマーティンの活躍ぶりやハプニングも含めれば十分面白いだけにサバス好きの方は買って損はないと思います。

これで2018年現在、所有している「TYR Tour」の音源は全て紹介しましたので次回は
違うアーティストの音源を紹介したいと思います。
広告
×
投稿ありがとうございます。マーティンのボーカルは様式美に合う良いボーカルだと思うんですが、ライブのパフォーマンスのワンパターンさ(後ろで手を叩きまくる&頭を横に振る 不慣れなオーディエンスの煽り)、ルックスの低下(ハゲ)が目立つようになって惜しい人だなと思いました。
近年アイオミがマーティン時代のベスト・アルバムで新曲を作る予定だと知ったので、そこでサバスの歴史に名前を残してほしいですね。
13ヶ月前
×
SOUNANCEさん、コメントありがとうございます。
マーティンはCDを聴く分には申し分ないのですが、
LIVEは‥という人もいましたからね。
アイオミの話は…あれから全く進展しませんね。
マーティンも「仕事ないよ~」とFacebookで愚痴ってましたしw
13ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。