ススメノ泉  その4(天久鷹央の推理カルテ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ススメノ泉  その4(天久鷹央の推理カルテ)

2016-09-12 23:51
    注意  このブログには自己解釈、偏った知識、三流的な紹介内容、小学生並みの文章力が含まれています。それでも大丈夫な方はお読みください。


     今回は以前紹介した小説のコミック版、天久鷹央の推理カルテです。今年の月刊コミック@バンチ6月号より連載開始しました。内容は小説の1巻に掲載されている”泡”、”人魂の原料”、不可視の胎児”です。ちなみに最後の”不可視の胎児”に関しましては2巻に続くかたちになっております。

     ちなみに今回は以前に紹介しているので、登場人物等は省きます。では、各タイトルの内容は
     というと

     泡  肝試しの最中に河童を見たという少年のお話。

     人魂の材料  夜勤中の看護師が人魂を目撃したお話。

     不可視の胎児 中絶したはずの赤ん坊がお腹の中に戻ってきたお話。

     ほとんど、小説やコミックのオビレに書かれている内容ですが・・・・。
     いや、ほら、ちゃんと内容書くと長くなるから・・・・。(言い訳)

     絵柄や内容は原作とほぼ変わらないと感じました。(個人差があるので、人によっては違うかと思いますが・・・)
     ただこのコミックにはおまけ?がありまして、原作者の知念実希人さんが書いている”知念実希人の蛇足カルテ”なるものが載っております。これは”医療トリビア”として、ちょっとした豆知識に使えそうなことが載っております。(ナースキャップとか・・・)

     さあ、コミックの次はアニメ化だ>< と、期待している自分が居ますが本当になったら嬉しいです。

     ちなみに今回はコミック化していたことも知らず、本屋に行って見かけたので、即買いしました。ので、ブログに即上げました。

     毎度、おなじことを書きますが誤字脱字、読みにくいところ、間違っているところ等ありましたら、コメントで指摘やら突っ込んでください。

      では、ここまで読んでくださった方に感謝m(__)m
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。