小物紹介(箱庭技研&ドラゴンホース企画 ペーパージオラマ)その7
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小物紹介(箱庭技研&ドラゴンホース企画 ペーパージオラマ)その7

2018-06-27 22:55
  • 2
今回はペーパージオラマの家具セットA 昭和風とジョイントマット 畳A旧と畳A新になります。







家具セットAの内容は箪笥小が1個(約55x60x60)mm、箪笥大が1個(約45x112x90)mm、テレビ1個(約45x54x55)mm、ちゃぶ台(約90x90x35)mm、座布団2個(約55x55x13)mmとなっております。下が表面と裏面になります。









組立てなのですが、説明書をよく読んで組みましょう。手順を間違えると一回解体しないと組めないと思いますので。なお、下の写真二枚は失敗例です。

先に箱を組んでから、はめ込もうとすると・・・。



残念ながら、これ以上は差し込むことが出来ません。(出来たとしても、折れる可能性大)



なので、説明書どおりに組んでください。まず、箱となるモノに後ろのパーツを差込み、先が出たら、(矢印部分)バックルを引っ張ってはめ込みましょう。そこから箱を組み上げテレビの完成です。なお、箪笥はすんなり組めますので省略します。



次は座布団です。差し込み部分を折っておくと、後が楽なので折り曲げます。



柄をあわせながら組み込んでいきます。これを2個作ったら、上下の柄を間違えないようにを組み上げ完成です。



で、ながら作業をしていたら、力が入りすぎて切れてしまいました・・・・。
ながら作業はやめましょう・・・・。



次にちゃぶ台ですが、説明書どおりに組んでいくと、○の部分が組みづらいのでピンセットを用意しておくと楽です。
(まあ、見えない部分なのでテープや糊等の力技でも大丈夫ですが^^;)



で、ここもテレビ同様に差し込んだら、バックルを引っ張ってはめ込みます。



で、完成です。なお、座布団は結構厚みがあるので、上と下の部分は組まずにそのまま使った方が便利かもしれません(個人的な感想です)。



続いて畳ですが、色が違うだけで内容は一緒になります。
1畳が4枚、半畳が4枚となります。



で、手回しテレビの時代にあった光景を再現してみました。



アーテル「あ、そろそろ8時だョ!全員集合の時間だ」



迅雷「ばかもの、ひょうきん族に決まってるだろ!」



朱羅忍者「やかましい! その時間は暴れん坊将軍に決まっておるだろうが!!」

アーキテクト「・・・・・・・、テレビが見えない・・・・」
霹靂「もう、なんでも観てくれ・・・・・。」



ってな、感じで昭和の光景を再現してみました^^;

年齢がモロにばれるネタですが、昭和と言ったらこんな感じでしたね。
本音を言えば、時代劇(チャンバラ)をほとんど放送しなくなったので、昔ほどではなくて良いので、週に1,2本は放送して欲しいですね・・・。(NHKのあれは別物として)

今回、昭和風セットがきたので次回は平成風でしょうかね?薄型テレビ、テレビのリモコン、パソコン、四角いテーブル、クローゼットあたりかな?なんて予想してますが。

なお、今回遅くなった原因は残業とネタと忍者作ってたことです。ちなみに最後のオチは「晩御飯作ってるんだから静かにしろ!」と2つ考えたのですが、時代劇が好きなので暴れん坊将軍になりました^^;



 最後に誤字脱字や間違っている文章等ありましたら、指摘を御願いいたしますm(__)m


広告
×
投稿お疲れ様です。
雰囲気が良く出てるセットですねー座布団のペーパークラフトなんて過去にあったのだろうか
ジオラマルームというのが出るみたいですからそれに合わせても良さそうですし、テレビは画面くり抜いて内側から画像貼り付けたりもいけそう
そのうち襖とか砂利敷ジョイントマットが発売されてお白洲再現とか・・・
21ヶ月前
×
>>1
たぶん、座布団は無いと思いますよ^^;
それと自分はジオラマルームは即買い決定ですね。あと、ロッカー&バケツ、壁面シールや床シールが発売されるみたいですし、そのあたりの資金は溜めておかないとですね。
21ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。