ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【Gジェネ】Gジェネ(ジェネシス)よ!私は帰ってきた!!【脳内妄想記07】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Gジェネ】Gジェネ(ジェネシス)よ!私は帰ってきた!!【脳内妄想記07】

2017-06-20 23:24

    こんにちは。 お久しぶり。 初めまして。
    Mask_Sivaです。

    いよいよオデッサから他の地に戦線が広がってきました。
    今回の戦いは、連邦軍本拠地ジャブロー。
    ここではどのような戦いが繰り広げられるのでしょうか?

    【0079.11.30 (ミッシングリンク ステージ2 & 機動戦士ガンダム ステージ4 & ジオニックフロント ステージ3)】

    南米ジャブロー。
    その地下には、連邦軍総司令部と大規模なドックが眠る。

    今回、ジェネシスはコーウェン少将からの呼び出しを受け、レッドチームとグリーンチームが終結していた。
    内容は、ジェネシスにペガサス級1番艦「ペガサス」と同5番艦「ブラン・リヴァル」を受領すること。

    1番艦のペガサスはホワイトベースと同型の強襲揚陸艦。エンジン部に致命的な欠陥が見つかったため、就航が遅れ、さらにホワイトベースの運用データから追加の改修が必要とされてジャブローで改修作業を受けていた。
    ようやく作業が完了し、戦線が宇宙に変わると判断したコーウェン少将が我々にと手配してくださったそうだ。

    ブラン・リヴァルはペガサス級5番艦。ペガサスの建造段階で見つかった不具合を解消し、再設計した言わば"準ペガサス級"になる。
    こちらは当初は別部隊に配備される予定であったが、オデッサでの我々の戦いぶりを見たレビル将軍からの進言で配備が決定した。

    ペガサスをレッドチーム、ブラン・リヴァルをグリーンチームが運用し、レッドチームの母艦であったキャリーベースはブルーチームで運用することとなっていた。


    0079.11.30 AM4:14

    ジャブローの北西部で敵襲との連絡があり、レッドチームが緊急出撃を行った。
    現場に駆けつけると、第20機械化混成部隊がジオン軍と交戦中。

    さらに、そこへ"蒼い"ジムタイプのMSが出現した。
    昨日戦った"蒼い"ジムタイプとよく似ていたが、装備が異なっているようだった。
    しかし、感じられる狂気のようなオーラは同じものを感じた。

    機能の蒼い機体と同じようにリミッターを解放するような仕組みがあるらしく、頭部センサーが紅く染まると驚異的な機動性を発揮していた。
    ジオン・連邦共に敵と認識しているらしく、無差別に攻撃を仕掛けてくる。
    数で攻めることで、なんとか五分以上の戦いをすることができた。

    ジオンと謎のMSとの三つ巴の末、両者を撃退し、退却させることに成功、直後に第20機械化混成部隊は、極秘任務があると言い、その場を去った。


    同日 PM00:00

    早朝の戦いから約8時間後の正午丁度にそれは起こった。

    ジャブロー東部の宇宙ドック付近に敵が現れたのだ。
    しかも、そこに最も近いドックではブラン・リヴァルが整備中だ。
    同艦で作業をしていたグリーンチームが緊急出撃。

    敵は、エンブレムから闇夜のフェンリル隊と判明した。
    地上の防衛部隊が奮戦するものの、相手が悪い。これまで幾度となく戦ってきた相手だが、流石に強い。
    地上での抵抗は瞬く間に制圧され、ドックへの侵入を許すことになった。

    ドック内では出撃したグリーンチームがエイガー中尉の駆るガンダム6号機(マドロック)と共に応戦。
    両者共に一歩も譲らない戦いが続いたが、調整が不十分であったマドロックが故障、隙を突いてフェンリル隊が突撃を仕掛けてきた。

    敵の目標は最初からブラン・リヴァルにあったようで、艦橋とエンジンブロックに砲火が集中。
    ブラン・リヴァルは大破してしまった。闇夜のフェンリル隊は、任務の達成を完了すると速やかに撤退していった。まさにプロフェッショナルだ。

    ジェネシスにとっては初めて敗北らしい敗北となった。


    同日 PM1:00

    ドックの位置がジオン軍に知られるところとなり、キャリフォルニアベースからのガウ攻撃空母群、大西洋からの水中艦隊によるジオン群の総攻撃が始まった。
    敵の進路にはブラン・リヴァルがあるAブロック8号ドックと同ブロックの1号ドックがある。
    1号ドックにはホワイトベースが停泊中であり、敵につけられたようだ。

    レッドチームとグリーンチームが迎撃に出撃するが、敵の数が多い。
    潜水艦ドックにはジオンの水陸両用MSが出現し、空からはガウの爆撃とドムやグフ、ザクといったジオン地上MSが降り注いだ。

    連邦軍も本格量産が開始されていたジムを戦線に投入したが、パイロットの錬度が違いすぎる。
    次々に撃破され、時間稼ぎにもなっていなかった。

    レッドチームが守るAブロック6号ドックには、ペガサスが停泊している。
    幸い、6号ドックには敵主力が来なかったこともあり、ペガサスは無傷で済んだ。

    8号ドックと1号ドックは敵主力が侵入してきたが、8号ドックはレッド&グリーン両チームの連携によって撃退。
    1号ドックはホワイトベース隊の活躍によって敵を撃退することに成功した。


    1日に行われた3度の戦いで、ジェネシスのMSに少なからぬ被害が出た。
    また、配備予定であったブラン・リヴァルは再度のドック送りになり、グリーンチームは地上のジオン軍掃討に力を注ぐことが決定された。
    さらに、ペガサスの打ち上げも延期され、ジオン地上軍の掃討戦力に回されることも決定された。
    キャリーベースは、先行して打ち上げを行い、ブルーチームで運用が開始されることになった。

    そしてこの日、私はテストを続けてきたガンダム4号機を降りる。
    次の試作MSのテストを担当することになったのだが、4号機が別作戦で運用されることに決まったためでもある。
    ジェネレータ出力にかなり癖のある機体ではあったが、高いポテンシャルを持った期待だと感じていた。
    可能であれば、また搭乗したいものである。



    ----------------------------------------
    今回はこんな感じ。
    時間的に少し余裕ができたので、執筆を再開します。
    配信も併せて再開したので、よければ見に来てください。



    ↓のコミュでプレイ配信していますので、よければ遊びに来てください。


    みなさんも良かったらGジェネ ジェネシス、買って遊んでみてくださいねー。




    外部でTwitterやメインの別ブログもやっています。
    こちらも応援よろしくです~

    Twitter:https://twitter.com/Mask_Siva
    Blog:http://sivaexstrage.orz.hm/blog/
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。