今までの超パーティーとこれからの超パーティー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今までの超パーティーとこれからの超パーティー

2014-07-12 23:06
    遅くなりましたが、ニコニコ超パーティー3お疲れ様でした。
    僕はネチケを買って超パーティーを生で見始めたのが超パーティー2の時代。
    超パーティー1は、友達のタイムシフトを見せてもらって「来年は買おう」と決めました。

    僕自身、学校の行事で少しだけ演劇の舞台裏をかじらせてもらったので、あべちゃんのがんばりには本当に驚くばかりです。
    今は消えてしまっていますが、あべちゃんの超パを終えての話も見せてもらいました。
    ☆テレビとの違いについて
    ちょうど今日、同じ幕張メッセイベントホールで日テレの「The Music day 音楽のチカラ」という番組を生でやっています。
    あの番組も同じように音楽というつながりだけあるカオスコンテンツを扱ってると思います。
    ビジュアル系やジャニーズから昔の音楽まで。
    さすがプロの仕事という感じですよね。
    けど、ニコニコにはニコニコならではの良さがあるよねって。
    例えば、日テレさんの番組にはほとんど会場を写すカットがありません。

    こういうのね。本当にこのカットが出た時涙が溢れてきました。
    6000人以上ものこの人たち、ステージに立ってる人たち。
    全員が同じサイトで遊んでて、もしかしたらどこかの動画、生放送で会ってるかもしれないんだもんね。
    ☆開場、開演、演目の押しについて
    ニコニコには本当にいろいろなコンテンツがあります。
    アニメ ゲーム エンタメ 音楽 スポーツ 歌ってみた 踊ってみた 演奏してみた 描いてみた 技術部 アイマス 東方 ボカロ 例のアレ 生放送 政治 ニコ動講座 静画 動物 料理 日記 自然 科学 歴史 ラジオ その他
    ぼくとわたしとニコニコ動画からですが、これだけの量がコンテンツとして交わっているわけです。これを2日間で10時間ほどに詰めて表現するのは本当に大変なんだろうと思います。
    日々新しいコンテンツが生まれていってるわけですし。
    毎年見てて思うのですが、本当によくまとめたなぁと。
    開場、開演が押すのは仕方ないと思います。誰だって全貌を理解しろという方が無理ですよね。
    ☆コメント参加してみて
    超パは2、3とコメント参加させていただきました。
    有料放送だけあって荒らしもなく本当に楽しい時間になります。
    「会場参加できなくってもいいか」って思えるくらいに。
    今年はアリーナ最前列(コメントモニター、タイムシフトで流れるところ)にいたんですが、リアルタイムでいろんなジャンルを観てる人と繋がれるわけです。
    技術部の好きな人、歌が好きな人、踊りが好きな人、お客さん、演者。
    一番楽しかったのが、1日目のLowland Jazzさんの演奏のとき。

    マスターネタがリアルタイムで生まれ広がっていくのが楽しくて、またニコニコの凄さを知りました。
    ☆超パ3であべちゃんがやりたかったことについて
    消されている記事を掘り返すのはあまり良くないとは思いますがどうしても書きたくて構想ふくらませていたので。

    演目自体は古参コンテンツと最近のコンテンツが混ざっててすごく良かったです。
    ニコニコを見始めた人には新鮮で楽しめたのではないでしょうか。
    僕は9かその少し前からニコニコに触れたのですが、弾幕打ったり一緒に歌ったり楽しかったです。
    演目のつなぎが年々よくなっているのも感じます。
    超パ1のときは、MCが毎回曲紹介、暗転場面が多かったのですが、超パ2でピエロが増え、暗転が減り。今年は始まったらほぼノンストップで飲み物を取りに行く暇もありませんでした。
    映像の使い方もうまかった。鎖音プロジェクトのステージとか、紅白の金爆並でした。

    ぽっちん。
    ☆あべちゃんつながり
    あべちゃんお疲れ様でした。の意味を込めて超パコンプリートのあべちゃんまとめ。
    超パ1 「粉雪」間奏でのあいさつ

    実は僕はこれを見て超パに手を出しましたw

    超パ2 「Z伝説」ももクロ替え歌歌ってみた


    超パ3 「Skill」ビートまりおに捕まり熱湯風呂に入浴

    こう見てると本当に疲れを感じさせない笑顔だね。
    ☆ユーザー参加について。
    踏み出せばあなたのステージ

    このコンセプトは凄いと思います。本当に騒ぎの主人公になれたと感じられます。
    ちょうど裏表ラバーズを歌った人のブロマガを読めばわかるかと。
    今回、運営チームが大変なことになってたみたいなんですけど、舞台裏も業者じゃなくてユーザーにまかせてみればいいんじゃないかなと。
    僕も含めて、歌も踊りもできないけど何かやってみたいって人はいっぱいいるはず。
    町会議のほうではボランティア募集もあるから、ユーザー運営が出てもいいんじゃないかなって。超パに限らず他の公式放送にも言えることなんだけどね。
    あんまり運営だけが無理しなくていいんだよ。ニコニコ知らないプロより、ニコニコ知ってる素人で作ったらもっと楽しくできるかも。
    ☆音響さん
    これは専門の業者さんがやってるのかな?と思ってるけど。
    ニコニコ系のイベントは毎回残念だなあと思うところがあるから触れてみる。
    あいにく会場で聞いたことはないけど。
    今年は音はコンポから出してたから気にならなかった部分が多かった。
    ライブで残念に聞こえるのはイヤホンで聞いてるからかなぁ?。。。

    まぁ僕もマイク買ったりミキサー買ったりしてるからリアルタイムでのミックスの大変さはわかる。
    ニコニコの場合、会場用のミックス系列と、放送用のミックス系列を用意してるのかなあと思ってるけど。どっちも生であるから大変なんだろうね。
    超パ1は聞くに耐えない部分が多かったけど、超パ2から大分チカラを入れたみたい。
    マイクもこっそりSENNHEISERからSHUREに変えてたり。

    これから期待していきたいところ。ニコファーレの音声さんは頑張ってると思う。
    ☆これからどう進むか
    ニコニコは今までにないものだと思う。だからこそ、他のどこにもないものを作り続けてるし、それを演出するのも大変だ。
    模索しながら超パ1を作り上げて、そこから良くなってる面、あんまり改善されてない面、いろいろある。
    あべちゃんがいろいろ考えてるから僕もユーザー視点で考えてみた。
    今までにないものを作り続けて欲しいし、あべちゃんの演出が大好きだからぜひ来年もやって欲しい。
    ☆個人的な話
    ニコニコ超パーティー2015も楽しみにしてます。ネチケも初期価格でポチらせていただきます。
    できれば会場で見てみたいというのも考えています。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。