新配信で艦これ放送
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新配信で艦これ放送

2017-07-26 11:36
  • 1
新配信への移行が決まって、ここまでコツコツ試したことを備忘録

詳しい説明は省きます。
「導入と配信環境」の必要なところだけを記載します。
URLの記載も省きます。
検索用ワードのみを記載。


配信ソフト環境

使用ソフト:OBS Studio
最新版での使用をお願いします。

追加プラグイン:OBS Studioニコ生用プラグイン
IDパスワード入力方式でのログイン及び、
クッキーを使用したログインを利用して配信を行う為の
配信種別を生成するために使います。
探して最新版を入れてください。
初期導入時にログインできない状態が続いたら他のバージョンを試してください。

Google Chrome用追加アプリ:Edit this cookie
ニコ生用プラグインにてクッキー情報を使用して
ログインを行う場合に使用します。
通常で暗号化されているため確認用追加アプリです。


OBS Studioでの設定
現在配信している環境での設定です。
3枚の画像で見比べていただければよいかと思います。

・プラグイン導入が済んでいれば「ニコニコ生放送」が選択できます。
・ID/PASSを載せるのは怖いのでクッキーを使用しています。
・映像ビットレート自動調整を使用すると回線速度限界まで引っ張り上げるので
異様な負荷を検知しました。回線速度の余裕をみて各自での確認です。
・自動再配信は他の接続ツールで自動枠取りが動くようになるまでは使わない感じです。


・出力モードは「詳細」を選んで下の選択肢を出します。
・エンコーダは動くもので選んでください。
・ビットレートは音声と合わせた内容で、各自の回線アップロード速度と見比べてください。
現在「500kbps」固定してますがしっかり動いています。(ptptやノイズ、無いです)
・i7 6700の環境で「medium」にしてCPU使用率は10%未満です。
・上記環境ならプロファイル「high」で問題出ていません。



・基本解像度は大きさ気にせずできます。
・出力解像度は「800x450」が新配信の環境解像度なので、
これ以上上げても画面は荒れます。
・縮小フィルタはパソコンのスペックに依存します。
動作に不安がなければ「ランチョス」でよいです。
・FPS整数値は「30FPS」新配信の環境描写速度なので上げても見る側が重くなるだけです。

シーン設定・ソース設定 は詳しい所を調べてください。

いじょ!

  • 前の記事
    これより過去の記事はありません。
広告
×
記事作成お疲れ様です。

うちはNiconico Live Encoder(以下NLE)を利用しているので、
運営さんが7月20日に更新したヘルプ情報を参考に調整してみました。

【7/20更新】「新配信」でお困りの方へ
http://blog.nicovideo.jp/niconews/3175.html

「Q. 配信時、PCが重くなる」 を参考にして、
ビットレート上限を適切値に下げると改善の可能性がある様です。

うちの場合は旧配信でもカツカツなPC環境だったので、
旧配信に準じた 「解像度640×360, ビットレート480kbps」 を試し
配信側としてブラウザが固まるなどのPCの異様な負荷は少なくなりました。

なおこの設定下の生放送は旧配信レベルになりますので、
まてりあさんが仰るように解像度800x450の新配信プレイヤーでは
低ビットレートに加え画面の引き延ばしもあり画質は落ちます。

テスト回数がまだ少ないので確証とまでは云えませんが、
NLE利用者さんへの参考程度にカキコをば。
24ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。