ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【艦これ】丁→乙提督の18秋イベまとめ【ゆっくり実況】の裏話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】丁→乙提督の18秋イベまとめ【ゆっくり実況】の裏話

2018-10-03 17:00

    一足先ですが18秋イベお疲れ様でした。なかなかに面白いイベントでしたね。やってるときはGotlandが出なくてやきもきしてましたが、じっくりイベント海域の情報などを見つめ直してみると、非常によくできたイベントだったと思います。とりあえず急ぎめに作った動画ですが紹介しておきます。



    実は5海域と言いながらボス戦は11戦あり動画3本で収まるかすら心配だったのですが、とある方の動画のつなぎ方を真似しさらに4倍速にすることで1本にまとまりました。ちなみに参考元はこちらの動画です。



    フレームが開くタイミングでつなぐことで非常にスムーズになりました。とてもじゃないけどうp主はこんな編集はできないので、攻略情報を詰め込むことでごまかすことに。ただ真似したのはいいけど困ったことに道中どんなルート通ったかとか動画に入れられませんでした。どうしましょうかね。

    では動画で語らなかった各海域の攻略や動画作成時の話をば。

    【E1甲】
    大した問題はない…と思いきや実は非常に大きな問題を抱えている。E1甲は開幕対潜さえできればとりあえずどうにかなるのだが、それゆえにこの先で使わなかった艦を使うことが推奨される。つまりE2以降で使わない艦を特定しなければならないのである。しかも前段作戦の段階で後段作戦は全く予想できないため全く先が見えないため予想しようがないのだ。
    編成は軽巡1駆逐4もしくは海防艦3駆逐1軽巡2の2パターン。単純にボスを倒すだけなら先制対潜の数が多い方がよく、普通に考えれば海防艦は先のマップでは使わないはずなので、駆逐艦に札を貼らないために後者を選択。まさか軽巡が足りなくて困るわけないでしょwwwwwと思っていた。メンバーを決めたのはE3のメンバーを決めた後になったが、大発系を積める龍田を採用してしまう痛恨のミス。普通に考えれば五十鈴でいいのである。

    【E2乙】
    まず目を引くのがE2輸送ボスSの岸波1%という掘り情報。ボス編成を見るにあまりにもS勝利を取るのが簡単なためぜひここで掘りをしたいが甲限定。攻略時報酬は甲と乙でそれほどの差はない。まずはとりあえずE2輸送は甲でTPを稼がずS勝利を連打する方向で、途中で出たら乙にすぐ落とそうかなーとか思っていた。2周で出ました。というわけで即乙に変更しがっつりTPを稼いで終了、とまぁこんなことをやっていました。動画でもいいましたね。
    メンバーの選定ですが、真っ先に飛鷹が一番適任であると判断しました。単騎で戦力ゲージの制空をなんとかできること、ツ級に強めなためあからさまに輸送の周回に便利なことの2点で採用を決めていました。また開幕対潜要員が1人必要になり、2スロで対潜が100になること(WGをもって砲台に最低限火力を持てることを想定してのこと)を前提にメンバーを選定することに。ここが軽巡でも構わなかったが、大発系フルセットが持てる艦を2隻用意するべきだと考えていたためその点はあまり関係なかった。重巡は羽黒、戦艦は比叡がおそらく先には出撃しないだろうと踏んであのメンバーに。ただし遠征に出していた鬼怒の帰還を待たず多摩でさっさと攻略を開始してしまう痛恨のミス。軽巡枠で水戦を持てる貴重な戦力を使ってしまった。龍田がいればここで使えたというのに…いやそもそも鬼怒の帰還を待てばいいものを…。

    【E3乙】
    どう見ても乙でいいです本当にどうもありがとうございました。岸波は絶対にE2で掘ると決めていたため、攻略時報酬とE3甲ボス3パターンを見るに甲攻略に魅力を感じず乙選択。ところが乙のボスを見ていなかったためラスダンが始まるまで夏ダイソンが1隻くらいいるだろうと考えていた。そのためかなり全力気味に阿武隈と北上を採用、すでにE3-3でボスに大ダメージが見込めていた軽空母の夜襲カットインで手数を増やす用に考えていた。加えて最終海域は札制限ないでしょ、あと1海域くらい阿武隈北上いなくてもへーきへーき!と楽観しており、後段開始より早く攻略を完了してしまう痛恨のミス…かどうかは正直よくわからない。今回が特殊だっただけだと思う。
    E3-3の攻略は当初は空母でぶち抜くことを祈るゲームだったため、少し遠回りしてでも空4をボスに届けるプランを考察、E3-2も夜戦火力はしっかりと確保しているためきっちり決めきる。E3-1は札を増やすほどではないでしょ。攻略の所感としては大体あっていたと思うのだが、少し先走ってしまったようだ。
    今再度攻略するなら軽巡は由良、雷巡は木曾、重巡に高雄愛宕を採用するだろう。ザラ砲を改修していたことで第二艦隊はかなりしっかりした打点を用意できていたように思う。後々聞いた話ではE3-3ボスに利根筑摩・三式弾・水戦瑞雲が特効だったようで、ボス戦で利根筑摩の2機瑞雲を採用する手法があるようだ。由良に関してもE3-1にカミ車WG連撃ができるため適任だったように思う。E3-2で苦戦しそうだけど友軍とかでどうにかなるでしょ。

    【E4乙】

    E4輸送でGotlandが出るらしいので後段作戦の情報を集めるまでに周回を開始。まずここがミス。poi-statisticsが後段作戦の集計に反応しなかったために雲を掴むような気持ちでS勝利を重ねていく。羅針盤考察をしながらその数100周。80周ほど丙で周回し、途中から丁に変更した。その間よくわからないままリベッチオに札を付けてしまう。戦力ゲージにはE5攻略後このような動画が投稿されてしまい不覚を取る。これはやりたかったなぁ。



    さてうp主の攻略は空母棲姫を選択。警戒陣でなんとなくしのげると考えていた。もっともこれも乙だったからなような気がしなくもない。軽巡を採用してあることでPT撃破率が多少マシになっていたように思う。E5の全容をいまいち把握できなかったため大発フルセット要員は温存し村雨(戦車WGWG)と黒潮(カミ車WGWG)でどうにかする方針。ボスに三式弾が通用することを知らずなんとなくで徹甲弾で戦っていた。まぁあまりこの編成にどうこう言う意味はないように思うが。余談だがE2戦力とE4戦力はともに道中警戒陣が有効かつボス戦でもその並びで大きなリターンがあったように思う。
    戦力メンバーが決まったら輸送メンバーの駆逐艦を選定する。いつもの睦月型改二でTPを稼ぎ、第一は装甲と道中のPT対策に重点を置く。単発もやむなしと考えていたが増設使用済みの島風を採用し連撃を増やしておいた。

    【E5乙】
    これまでのガバのしわ寄せと情報収集の甘さ、半年ぶりのイベントでの腕のなまりっぷりが存分に出たE5。E5-1は概ね問題なく攻略できると踏んでいたもののやはり問題はE5-2。欧州艦の数とルート指定など情報量の多さに圧倒され、知人に編成の考察の助力を要請。結果だけ言うと勘が鈍っていたため甘い編成ができた。また基地航空隊を1部隊東海にすることに固執していたり第二の対地火力を保持し雷装が足りていなかったりとどうにもいまいちな攻略をしていた。唯一よかった点は間宮と伊良湖をためらわず常時キラを保持したまま攻略したためあと1歩でクリアという場面をずっと続けていた。編成や方針が間違っていたのだ。今はE5-2の第二艦隊はこうするべきだと思っている。



    E5-3にもさまざまな攻略方法があるが、特に削りと周回は水上、撃破は機動が優秀だったように思う。つまり何が言いたいかというと、今回の甲はさすがに1隻教ではきびしいということ。もともとガバってなくてもかなり無理があったのだ。ただ甲攻略自体は24隻で力を合わせることでボス撃破につながること、2艦隊合わせてネルソンタッチ再現などよくできていたとは思うので甲攻略できなかったもののさして不服があるわけでもない感じ。乙以下には無理は言わないものの2艦隊でボスに到達してほしいことを踏まえるとどうしても札を2種類用意するしかないので甲はやむなしというか、他人の攻略を見る分にも自分の反省をする分にも十分満足している。
    攻略後の周回はかなり楽なものの、なんかギミック前に攻略しそうでめちゃくちゃひやひやしたので正直複雑である。うp主には乙が適正だとは思うが甲攻略してもある意味当然だったのかもしれない。

    【攻略後】
    とにもかくにもGotlandを掘らねばと気が気ではなかったもののNelsonは非常に強力だったためE5-3掘り周回はとっても楽だった。ネルソンタッチは道中で使った方が楽な気はしたものの結局ボスで使った方が楽しいのでずっとボスで使っていた。結果12周でGotland確保。よかった…。
    前段作戦終了時から動画編集を始めており、掘り終了後から本格的な編集を開始。英wiki、wikiwiki、poiと3つのページをにらめっこしながら各種数値などを打ち込んでいく。その間実は裏でE1ボス前海防艦掘りを進めており、瑞鳳の対潜を1上げていた。

    【全体の感想】
    2期最初のイベントだが新規の掘り確率をえらく渋って来たなと思う。1期終盤は倍は出たと思うのだが。2周と12周なんだからお前が言うな?知らんなぁ。
    マップに関してもちょっと対地をばらまき過ぎだと思う。大発系を持てる艦が足りない人も大勢いるのではないだろうか。メンツ足りなくて乙行けない人はどうせ育ってないんじゃない?という可能性もあるにはあるのだが。軽巡の活躍の場が多かったと感じたのでその点は斬新に感じたためこれはこれでよかったと思う。史実艦が重要で自由度が下がっている傾向にあるのは、もう仕方がないのかもしれない。うp主は最適解を模索するのは望むところなので楽しんでいるが。
    あと一部から「攻略は難しく、攻略後の周回は楽になっているのでみんなも先行勢になろう!」との声を聞いており、E2甲輸送とE5-3は攻略後の掘りを想定して作られていると改めて思っている。ただむやみに突撃するのはあまり好みではないので何とも言えないが、いい傾向だとは思う。新規艦のA勝利時ドロップが増えたときもいい傾向に思ったのでそういう形で進めばいい。いっそ新規艦のドロップは廃止して全部報酬にして欲しい。
    もう一つは「攻略難易度を変更した際、札が解除されればなぁ」というもの。攻略が簡単になり大変好ましいが実際にそうなってみないとわからない部分は大きいため今はなんとも。
    自分としては「せっかくだからルート固定要員の代わりに高速+がカウントされるようになってほしい」と思っている。高速+統一の12隻で最短ルートに到達するのは難しい。しかしこれは高速+6隻で海外艦なしで最短に乗ってしまう。ちょっと簡単になりすぎだろうか。要望は送るつもりはないのでなるようになってくれればいい。
    全体的に見るととても満足しているイベントだった。ひさびさにどっぷりと艦これができてとても楽しかった。災害が多くたいへんに気が滅入ってしまったが、特に問題なく艦これができて本当によかった。

    P.S. E5-3だけアマレコtvのロゴがないのですが、録画設定を間違っていました。ロゴを消せるようになったかというと、実際は違います。秋刀魚イベは動画を上げないと思いますがロゴは次もついていると思います。ごめんね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。