ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【艦これ】『由良のゆらゆら対潜講座』をガチ勢が解説してみた【ゆっくり実況】の裏話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】『由良のゆらゆら対潜講座』をガチ勢が解説してみた【ゆっくり実況】の裏話

2018-10-28 18:00
  • 2
そこそこ経ったので裏話を書こうかと思います、どうもガチ勢を名乗ってしまったうp主です。とにかく件の動画を見ていただきましょう、こちらでございます。



予想以上の反響で、なんとうp主が投稿してきた動画の中で2番目に再生数が多い動画となりました。1番多いのが旧3-2-1なので実質最多ですね。もちろん理由は本家・公式の元ネタありきだということともう2つほどあると思っていて、需要にあった動画だったとか内容や編集がよかったとか(編集低クォリティは自称してるのでよいということは絶対にないのですが)ではないのは理解しています。ここではそのもう2つの理由やその他もろもろを書こうと思います。

お礼
まず最初に、自分の提案に応じ動画を作ってくださったqkotoyhさん、ならびにまじんさんにお礼をば。本当にありがとうございました。とくにqkotoyhさんに関してはかなり不躾な態度だったにも関わらず、それも依頼した翌日に動画が上がるなどとは思ってもいませんでした。本当に申し訳ありませんでした。ありがとうございます。まじんさんに依頼するときも実はそうとう緊張していました。qkotoyhさんが1日で動画を上げるなんて思ってもみなかったので、企画倒れでもいいや思っていた時とは違い3編完結してほしいという欲が出てきました。いやほんと暇なら作ってくらいの気持ちだったんですよ。あと第3回だけ遅いじゃないかとか下らないコメントがついてしまうと不服だったという気持ちもほんの少しだけあったりして。動画作成が速い人を探したわけではありませんが、結果的に界隈切っての早業をお目にかかれました。…書かんでもいいことを書きまくってしまった気がしますが重ねてお礼を。qkotoyhさんさん、まじんさん、本当にありがとうございました。

ガチ勢というタイトル
実をいうとかなり冒険しました。うp主はガチ勢かエンジョイ勢かどっちか片方というなら間違いなくエンジョイ勢を名乗ります。しかし動画タイトルとして、~をエンジョイ勢が解説してみたでは全く締まらない。ここ最近の攻略で甲勲章を獲得していないしランカーなわけでもないし…ガチ勢を名乗るには決め手に欠ける感じがありますね。でも動画タイトルからして絶対ガチ勢でなければ、と思うところがありました。少しくらい荒れるかもしれんが理論武装でどうにかなるだろうと楽観していました。予想以上に荒れましたね。うp主がガチ勢かどうかで心穏やかじゃない人全員に対して言いたい。それが出来なきゃガチ勢じゃないのか?と。軽空母の対潜攻撃に熟練度乗るの書き忘れたらガチ勢じゃないのか?と。涼月の名前を冬月と間違ったらガチ勢じゃないのか?と。実は海防艦の先制対潜ラインは低くてソナーがなくても先制対潜できる以外は忘れていましたが。なんせ海防艦も自分が満足するだけの育成が済んでいて対潜の数値を気にしていませんでしたから。ムキになんなよそういうとこやぞって?罵倒されればいくらうp主でも心穏やかじゃありませんよ。とまぁそんな感じで心無いコメントがうp主を傷つけてますよという話を少し。他のお二人の動画はそういうのは見られませんでした。荒れてるのがうp主の動画だけだったのが不幸中の幸いでしたね。ともかくこのガチ勢という単語で視聴者が釣れたということと、うっすらと荒らしの対象になったことが再生数の増加の要因の2つだったと思っています。不名誉はなはだしいですね。ちょっと話題が逸れますが、同名艦を2隻以上所持ないし育成しないのはそれほど珍しい縛りなのでしょうか。うp主は縛りと思ってないくらいだったのでちょっとなんとも…。でも阿武隈など2隻以上いると楽だろうなぁという局面はなんども遭遇していますね。いや何って鈴熊は航巡と軽空母両方持ってて当たり前だろってコメントが、ちょっと前の動画でも見たので。両方持ってたら便利なのは重々承知なんですが。あーあともう一つ、零式水中聴音機抜けてんじゃねーかって。あれどう使うのマジで。本気でこれの使い方がわからなくて困っています。知っていればぜひ教えてください。あ、ちゃんと任務でいただきましたよ。図鑑埋まってるかどうかって大事じゃないですか。使い方わかんなくても欲しかったんですよこれ。

対潜の解説をどこかでしたかった
支援の組み方、触接、戦爆カットインなど艦これの仕様をそこそこ動画にして解説してきたうp主ですが、先制対潜が実装された時にこれを解説していなかったので都合がいい時に触れておきたいと考えていました。公式がこれ以上ない素材をぶん投げてくれたので勢いに任せて動画を作ることとなりました。うp主の動画はあれで6時間ほどで完成しています。勢いというのはうp主にとってはとても大事です。編集意欲そのものですから。ただ3編すべて見た感じ、対潜に対する認識は個人によって大きく違うということを思い知らされました。徹底的に対潜で高火力にする、あるいは先制対潜が出来ればシナジーはあまり気にしない人が多く、うp主のように1スロあるいは2スロで先制対潜することを重視するのはかなり少数派なようです。どちらかが間違っているというわけではなく状況次第ですからあまり気にすることではありませんが。そういえば3人とも九五式爆雷および二式爆雷の敵潜水艦の装甲を下げる効果について解説していませんね。実はうp主もよくわかっていません。なんか敵の装甲が下がるらしいのは聞いていてもどれくらい下がるのか…。自分がわからないものは解説できませんからね。ただ下がるらしいというのは聞いているため、対潜に2スロ割く時は極力二式爆雷を優先して採用するようにしています。とにもかくにも、3編通して動画の出来に満足しており、お二人の協力者をして完結できたことに大変気分がいい。うp主より確実に上手の方に作っていただけましたからね。ところで、これはおそらく3人とも思っていることだと思うんですけど、というか大元のゆらゆら対潜講座を見た人はみんな思ってると思うんですが、一部字幕が判別できない部分があるんですよね。その点を解説できなかったのはすこし残念だったと思います。村雨周辺の赤字の小さい字幕です。加えて別の問題点なのですが、うp主の動画は誰が見ているんでしょうか。初心者向けにしてはあまりにわかりにくいような気がするんですが…。お二方の動画はとことん易しくシンプルにしている印象を受けただけに、第1回が一番ハードルが高い悲しい構成になってしまいました。ちょっと悲しい。

一度は許せるけど…
動画が荒れた件と重複するところでもあるんですが、多少は覚悟していたんですよ。不甲斐ない編集ミスがあったのは事実ですから。ただし同じ内容に対する点に言及、罵倒ともに2度も3度もコメントされるのはいかがなものかと思います。1回でわかるわ。他人のコメントも主コメも動画情報文も全部見てからコメントしていただきたいものです。罵倒にしても一度なら許せる部分もあるんですが根本的には不快にします。ほかの視聴者もそうですが本当に投稿者を不快にするのでやめましょう。というかやめろ。あとコメントを打とうと思った時に動画を一時停止すること。該当するタイミングを30秒も過ぎてコメントがついてると、もう話題変わってることもありますから。その点しっかりと理解していただきたい。というかこの程度もわからんやつに見せる動画などないと言いたい。困ったものです。


こんな感じです。動画の作成には満足しているものの、不快な視聴者(視聴者としてプラスにとらえることは到底できませんが)のせいでこちらがイライラしてこの記事もとげとげしいものになってしまいました。見ていてあまり気分のいいものではありませんが、動画にしろブロマガにしろ作りたいものを作り書きたいものを書くということは徹底したいので、思ったことをそのまま書こうと思います。ご理解のほどをよろしくお願いします。気が向いたら他の動画の裏話も書こうと思いますので、また読んでいただければと思います。ではでは。


以下加筆修正
wikiwikiに載ってるじゃねぇか…
二式爆雷を持つ対潜攻撃が敵潜水艦の装甲を下げる効果について確認してきました。式はこちら。
 敵装甲-(√(爆雷の対潜値-2)+海防艦なら1) この計算後装甲乱数を計算するようです。

…誤差ですね。ダメージ計算機でも三式爆雷投射機☆4の方がダメージが出ます。対潜キャップが100の時ならいざ知らず、150であればはっきり言って全く関係ないでしょう。対潜に3枠以上スロットを割く時、3種シナジーを取りに行くくらいの認識で間違いないですね。ましてや先制対潜に関わるなら三式爆雷投射機、もっと言うなら四式水中聴音機を優先すべきでしょう。ただうp主は1スロないし2スロでの開幕対潜にはかなり前向きで、敵下級eliteやヨ級elite1隻に対して、警戒陣で2スロの先制対潜1隻を用意しつつ探照灯を仕込んだり、連合艦隊での第二警戒航行序列で夜戦連撃を維持しつつ先制対潜も夜戦火力としても見込める瑞鳳乙と2発で倒すなど、限定的ではありますが最低限のスロ消費で最大のリターンを取ることができます。実現には相当の練度と装備の充実が必要ですがそうでなくとも素対潜が高い艦娘であるほどすべての条件で先制対潜が可能になるLvが低くなるので、素対潜が高いほどオススメされると考えていいでしょう。ただかなり限定的な条件なのでしっかり運用する前提であれば朝潮五十鈴龍田の3隻で十分な気がします。あと丸いのは由良です。対潜のついでに対空も制空も開幕雷撃も対地攻撃もできます…たぶん。ただLv99時点で素対潜81という数字にこだわる意味はさほどなく、せいぜい81ではなく80で間違いないようです。中途半端に知っていたがために起きたガバでした。
広告
×
>九五式爆雷および二式爆雷の敵潜水艦の装甲を下げる効果について
これねー、ぶっちゃけ現在の状況だと誤差範囲なので触れなくていいかなって。対潜キャップが100の時代には凄い重要な効果だったんですが、現在の対潜キャップ150(推定)の状況だと誤差範囲、むしろ海防艦以外は☆付の投射機使えっていう状況なんですよね……

具体例として同航戦・単横陣・弾薬ペナ無しの時に、☆無しの四式ソナー+三式投射機の装備対潜20と、四式ソナー+二式爆雷の装備対潜19を計算機かけるとですね、予想されるダメージ値同じなんですね(除く海防艦)これは装備対潜1下がる分と装甲減産の分でつり合っちゃってるわけですわね……で、現状だと二式爆雷は改修出来ないのに対して三式投射機は改修できる&2スロ対潜するなら+15と+12のアレらがある……という状況でして……えぇ、はい。

といってもこれは単横での話。単縦だと逆に上記の装備例だと爆雷型の方が微妙にダメージ出る計算になります。これは陣形補正がかかるのは対潜攻撃力分であって、装甲減算分は陣形補正の影響を受けないからですね。なので単縦や複縦で水上艦に混ざっている潜水艦を撃ち抜きたい、という時には有効っちゃ有効なので。(ただしその場合2スロ対潜なんてことはまずないですよねぇというオチが付きます。ソ投爆シナジーの出番自体が無いというわけではないのですな)
35ヶ月前
×
>>1
計算式とダメージ計算の確認が取れました。完全に誤差ですねクォレハ…。動画と記事の両方に加筆修正をしたいと思います。
35ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。