ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

(´亠`)さん のコメント

はじめまして
3周年無料パックの記事の頃から参考にさせていただいております。

私も攻略ベースではやっぱり「困ったときまで温存」が無難だと思います。
武神超難の地域・地形戦功まで考えると、実際それらを確認してから交換するのが安全だと思います。
あとおそらく3月23日以降に★5以上の城娘のバランス調整が控えているでしょうからね。

一方でマトリーさんもおっしゃるように好みのキャラに交換というのも全然ありだと思います。
私は好みだけで狐珠を使ったことが何度かありますが、とても気持ちのいいものでした。
世の中いつ何があるかわからないので遊べる時に好きな城娘をお迎えするのは正解だと思います。
(ちなみに私は5周年無料パックで追加になったキャラの中では墨俣一夜城と月山城が好みです)

これからもよろしくお願いします。
No.1
6ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今年もこの時期がやってきました。21年3月29日に城プロ:REは5周年を迎えるということで、今年もその前後に「5周年感謝!無料パック」なるものが配られると思われます。21年3月13日の公式生放送で発表されることでしょうされましたね。たぶん3月23日でしょうか。今回は1か月前から準備に取り掛かりました ミスがないとは言ってない 。内容は3周年・4周年の時と変わらなければおそらくこうなると思います。 「5周年感謝!無料パック」 パック内容 ・七星の招城符(5周年感謝) ×1 ・ツバサ[特] ×5 ・羅紗[改壱] ×2 ・ススキ[改壱] ×1 相変わらず豪華な内容。たまげたなぁ。 好きな☆7城娘くれる上にレベルも上げるわ限界突破も2回できるわ改築もできるわ・・・これが無料で手に入っちまうんだ、なんてことだ城プロ! ・・・はい。いや別に不満があるとかではないんですがさすがに3回目ですからねこの茶番。まぁでも今年はさらにいっぱいありますからね。 それでは前回同様、七星の招城符(5周年感謝)の対象城娘を列挙してみましょう。 七星の招城符(5周年感謝) で入手できるであろう19年11月26日実装までの☆7城娘 ((名古屋城、大坂城、彦根城、五稜郭、安平城、ノイシュヴァンシュタイン城、聚楽第、安土城、指月伏見城、万里の長城、姫路城、プラハ城、紫禁城、徳川大坂城、ウィンザー城、城塞都市カルカソンヌ、シェーンブルン宮殿、錦城、シャンボール城、モン・サン=ミッシェル、ヴェルサイユ宮殿)ここまでが普段の招城で出現しない☆7城娘、キャメロット城、金亀城、ペテルゴフ宮殿、ロンドン塔、ダノター城、成都城、ウチヒサル城、チャンドラ・マハル、琉球御城、竜宮城、木幡山伏見城、江戸城、金鯱城、虎臥城、小峰城、許昌城、千早城、大宰府、オラヴィ城、平安京、サン・レーオ城、平城京、肥前名護屋城、城塞都市ニュールンベルク、コンシェルジュリー、足利氏館)ここまでが七星の招城符(4周年感謝)でも選択できた城娘、二条亭、アーケシュフース城、アテナイ・アクロポリス、バベルの塔、甲府城、墨俣一夜城、月山城、ラピュータ、城塞都市ドゥブロヴニク、ストラホフ修道院、白鳳城、不夜城、ホッホオースターヴィッツ城、霞城、月の都、冬宮殿、リヒテンシュタイン城、城塞都市コルト、カルルシュテイン城 期日以内ではあるがおそらく入手できない☆7城娘 (熊本城、[正月]熊本城、烏城、鎌倉城、[夏]シェーンブルン宮殿、[正月]大坂城、[正月]姫路城、[バレンタイン]安土城、[花嫁衣装]ロンドン塔、閻魔庁、[夏]聚楽第、[肝試し]松江城、[ハロウィン]万里の長城、鹿目まどか、アクア、紅月カレン、牧瀬紅莉栖)ここまでが七星の招城符(4周年感謝)の期間中でも選択できなかった城娘、[聖夜]ダノター城、[聖夜]モン・サン=ミッシェル、[正月]五稜郭、[正月]小田原城、エーリューズニル、[バレンタイン]シャンボール城、[バレンタイン]城塞都市カルカソンヌ、[花嫁衣装]チャンドラ・マハル、[夏]安平城、[夏]紫禁城、[肝試し]足利氏館、[ハロウィン]ブラン城、[ハロウィン]ヴェルサイユ宮殿 さらに増える速度が速くなりました。去年からこの期間の間に増えた☆7城娘はなんと32体! 季節限定城娘やコラボの城娘じゃないユニットなど一部選択できないユニットが存在します。地獄の常設化も待っていると思うとどんなに不運でも一定数☆7城娘を持っていることになりますね、すごい。 となるとやはり今回のチケットで誰を選ぶのか、今年も気になりますよね。いやもうみんな強いんですよ。武神超難以外は単騎でさえ多大な影響を及ぼし圧倒的に戦況を優位に進められるパワーを持っています。とはいえ最近は武神以外のイベントも難易度を上げてきており、こいつさえいれば楽勝!みたいなことは減りつつあるように思います。さらには並みのイベント以上の難易度を備えるようになった天下統一の最深マップも侮れません。過去行われた武神降臨もすべて超難でのリニューアルを経験したため、新規武神マップにおびえるペースは人によっては落ち着きそうですが、そういう人はすでに数ある苦境を乗り越えた経験からこんな記事読まなくても自分で選べると思います。また21/3/23から再度通常の招城儀式から一部城娘が除外されるようになりました。ここで取るか松竹梅セットか無料招城符か一時的な特選招城か、はたまた週末復刻および千狐珠での入手に限定されることになります けっこうあるな 。そういったもろもろも考慮しつつ数体を挙げていこうと思います。もちろん4周年では選べなかった新規の☆7城娘の個別解説も用意しております。前回同様に三名城(名古屋城・大坂城・彦根城)と選択できない城娘(季節限定など)、に加えて前2回で解説した足利使館までの城娘の解説は省きます。個別解説は前回の記事を見ていただけると助かりますが、環境にマッチしてない考察が繰り広げられていることがありますのでご了承ください。 まず大前提として、 基本的には温存するのが正解 だと思います。最低限招城祭りの500連(復刻込みなのでやってる人は290?)および5ステやら☆7出るまで霊珠3招城なんかを計画通り消化するまで待ちましょう。どう考えてもここで引く可能性がある以上ここで手に入らなかったユニットから選んでいくべきです。その結果を見た上で欲しい城娘を選んでいくことになります。見た目や何やらで決まらなかった場合まず 江戸城を持っているか確認しましょう 。話はそれからだ。いやほんとに別格で強いんですよこいつ。こいつさえいればなんとかなるシーンがほとんどでプレイングも簡単になりますからね。難しいことをするのはある程度慣れてからでいいんですよ。圧倒的に江戸城だと思っていただきたい。 江戸城を持っている場合は他の城娘(☆7以外も)との組み合わせだったり持っていない武器種から選んだりをオススメしますが、筆者が特段オススメするのはこいつらです。 姫路城、錦城、モン・サン=ミッシェル、ロンドン塔、竜宮城、小峯城、千早城、平安京、肥前名護屋城、バベルの塔、甲府城、城塞都市コトル、カルルシュテイン城 一長一短ではありますがこの辺りから選んでだいたいは間違いないと思います。チケットの誤爆に注意しつつ特技や計略の内容を読むかwikiを読むとかすれば、大まかにどういう使い方をすれば強いのかがわかるくらい強いやつらを選りすぐったつもりです。ここに挙がらなかった☆7城娘が弱いわけではないのですが「チケットは1枚しかないのにこいつらを選ばずにそっちを取るのか」という考えから目一杯選択肢を絞っています。前回の記事でも同様に特に注目していた城娘を挙げていますが、その時とはマップ傾向や筆者の上達・退歩からかメンバーが変わっています。筆者の独断と偏見が多分に含まれていますので、この記事だけでなく他の意見も仰ぐとよいと思います。☆6以下含めて他の城娘で誰を持っているかによって評価が跳ね上がる城娘も結構いるので、戦力面だけ取っても一人ひとり事情が違うかと思います。 ここからは4周年無料パックでは選べなかった城娘の個別解説です。誰を選ぶのかを決めるときの確認や、こいつとこいつで迷ってるんだけどなぁって時にはぜひ読んでください。 二条亭 1.3倍防御無視を3回同時に放つ、実質3.9倍焼き計略を持った平槍。槍のステータスでは大した火力にならないんじゃ?と思ってしまうが自身にきちんと高倍率攻撃上昇がついているため規格外の火力を叩きだせる。本体の攻撃にも謎の追加攻撃が備わっており十分おかしい火力を持つ。しかしさすがに本体は槍なので耐久面のもろさは隠せない。槍らしく射程を活かした安置から攻撃することで真価を発揮する。 さすがプロ アーケシュフース城 なぜかバグがてんこ盛りな水大砲。射程内の敵を参照する異様な特技のせいだと思う。殲滅能力が非常に高いが、特に強いのは1方向に集中したとき。計略の3連続攻撃により見なし火力は6.6倍と破格のパワー。ただどうしても多方面となるとそうもいかず、過剰火力になると何もない所を砲撃しつづけ他は素通しなんてことも。大砲らしからぬ単体に強い性質を持つため評価が分かれそう。なにか面白いことを書こうとしたけど数字言語は無理でした アテナイ・アクロポリス 動きを止める特技に目が行きがちな山杖だが、本質は瞬間火力にある。本体が杖と防御無視がデフォであるところに計略と特技が邪魔せず火力を上げている点は圧巻。なんかしれっと特技に被ダメ軽減・計略に反射(ただし倍率は控えめ)まで備えているため、だいたいはどう使っても強い。同系統として比較されやすいユッセ城と違い、頻繁に動きを止めるわけではなく要所で動きを止めてその間に仕留め切る形。たぶん一番引っかかるのがCV。 ところで改壱の計略の名前よ バベルの塔 金ぴか。アレの城です、アレ。なんか刀とか槍とか飛んでくるやつ。当然このゲームではそんなことはなく、圧倒的な単発火力と超射程を実現する山大砲。計略が与える火力が割ととんでもない上に特殊な計略性質を持ち、とんでも性能を実質的にオンオフできる。火力と射程を任意で使用できるため巨大化を無視して使う手段すらあるためコストという概念も比較的消し飛ぶ。最大化してももちろん破格の強さ。ただしその特殊な計略の都合上、他と組み合わせるときは注意が必要。 甲府城 ナムナム。書いてあることが何もかもすべておかしい。特におかしいのが計略で超広範囲・高倍率の焼き計略が3回同時に放たれ、なぜか移動速度と攻撃速度を両方半減する。本ゆえにリキャスト時間も短い。説明しなかった部分も当然おかしい。考えるのがめんどくさいならこいつを取っとけ。 これが別世界で1万回56された経験値か 墨俣一夜城 オレは素組の木の張りぼてとか習ったような記憶がある 例の一夜城。祓串を集中運用する際に特に輝く大宰府のオトモ。特技は敵を途切れさせずに攻撃したい程度で本質は計略にあり、固めて置いた祓串をまとめて攻撃・回復対象を1体増やす。射程と攻撃速度も強化できるがやはりこの計略の対象が他の城娘にも同時に付与できるため攻撃面・回復面両方を大きく伸ばすことができる。ただどうしても他の祓串と同時運用したときのことを考えるとどうしても先に他の祓串を持っておきたいので、単体での評価は若干下がる。ちなみに改築したとき大宰府が永久にどちらかの計略は入りとんでもないことになるので、併用前提なら話は別。このように今後の祓串の実装によって評価を上げることもある。 ひとりじゃない僕ら繋がってるから イラストめっちゃ好き。 月山城 範囲上昇・爆風付与の計略を持つ山投剣。月山富田城の別名。特技に射程増加・防御無視・攻撃した敵の防御低下とあり鈴に近いものの投剣特有の多タゲと爆風により対集団に強い。使えば強いとは思うんだけどエアプでめっちゃ強いと言うほどではないはずだしちゃんと忍べてる。武器の選び方も重要で攻撃対象の数は意識したほうがいいかも。 ラピュータ 江戸にならぶ初手最大化要員。火力面の大幅強化と撃破気回収を兼ねた計略を持ち、最初にこいつで敵を倒していくことで序盤の安定性が格段に跳ね上がる。最大化すると飛ぶ。改築するとしれっと飛行敵相手にさらに火力を伸ばしている模様。初動要員として被るため候補から外したものの個人的にはこいつが今回のチケットの最有力候補。とはいえ架空城チケットAの存在からBでこいつを1/3で入手するチャンスがあると思うとちょっと待ったと言いたくなるというもの。 バルス!! 城塞都市ドゥブロヴニク 無駄のない火力強化特技と、4体攻撃を可能にするマルチロック大砲。効果時間も長く使いやすいが爆風範囲は狭くなる。密集した一団を狙うというよりは多方面から来る敵をまとめて捌く形を得意とする城塞都市らしい性能。一見するとどうしても過剰な拡散性だが無数の使い方があり工夫のし甲斐がある。ただ中途半端にすると大砲と計略の気により上手く回らないと思われるので、計画的に活躍させるようにしたい。 ストラホフ修道院 一瞬動きを止めつつ大火力を誇る焼き計略を持つ平本。特に飛行敵相手により高いダメージが期待でき、並みの相手なら動きが止まる以前に消し飛ぶ。ただどうにも消し飛ばなかった相手にはストップの2秒は短く、大事な時になんとかならないこともある。しかし使い方自体はシンプルでわかりやすく、本の計略の使用回数やリキャスト時間を考えると乱発もできる。数字自体は出ているのだがライバルが強すぎた。 白鳳城 近遠を両方強化する特技と隠密計略を持つ平山投剣。特技の強化は射程に影響されないため、計略の隠密前提で無茶な場所に置いても有効に機能する。また投剣は近遠両方の強化の恩恵を受けるため自身の特技を自身でフル活用できる。性質が近いためどうしても小峯城と比較することになるが、向こうはトークン込みの範囲や手数が強力、こちらは単体でのバフデバフの数値が優秀。人によってはこちらのほうが使いやすいかもしれない。 不夜城 高い攻撃強化倍率と加速する拳。攻撃するたびに拳速を速めていく。計略が回復や強化値もさることながら攻撃数を増やしているため、結果的にとてつもない火力を生み出している。防御貫通や足止めもあることから大将兜のような強敵を相手どることになる。直感的には取り巻きは他に任せて最終局面に備えるのがいいのだろうか。 ホッホオースターヴィッツ城 発動するたびに強くなる防御計略を持つ平山盾。特技は耐久と攻撃面を強化する。やはり注目すべきは計略で被ダメージ軽減と足止めした相手の攻撃低下、使用するたびに2つの数値だけでなく計略の持続時間も強化される。この計略の仕様対象も近接のみと使いやすいが、足止めした相手出なければ攻撃が下がらない点には注意したい。受け性能としては非常に強力で大抵の相手を受け止められる。ただしやはり盾の宿命として止めている間に相手を倒せなければならないため、やはりきちんと火力を用意できるメンツを揃えたい。 霞城 多タゲを超えた射程内全敵を撃ち抜く平銃。こまごまとしたバフデバフはあるものの概ねこの計略が全てを支えている。さすがにこの系統の計略の中でも全敵となると敵が消し飛びすぎて大変なことになる。リキャスト時間は改築して半分と、計略短縮を掛けずともこの間に敵が消し飛び敵が溜まったあたりでまた使えるようになるだろう。露払いの側面がどうしても強いため強敵を直接撃破するわけではないが、タゲを取られることなく強敵に集中できるようになることを考えると場所を選べばきちんと活躍してくれる。ただし数には強いが強敵が2~3体と大将兜みたいな状態のようなそうもいかない場合もある。あとは狐耳が好きなら。 月の都 横軸にビームを放つインパクト抜群の平弓。もう完全にツインバスターライフル。このゲームをして当然初となる横軸を参照とする計略を持ち、そもそも特定範囲を攻撃する計略として初である(このゲームの焼き計略が円形の範囲を自由に選べるため)。特技にも全城娘の計略短縮がついているため思う存分撃てる。計略攻撃は0.5倍防御無視5回と実質攻撃力の2.5倍となかなかの威力で射線上全敵、当たった相手は短時間防御が0になる。基本的には戦力として期待するよりはエンジョイに重点を置いたものと認識している。バフ計略以外で射程を伸ばすことでビームが太くなるためその方向で遊ぶと面白い。イラスト・CVにも事欠かない感じ。 冬宮殿 氷結状態にする計略を連打できる平水本。本体のバフデバフもなかなかのものがある。計略は攻撃速度60%ダウンと冬宮殿の攻撃力依存のスリップダメージを与える。総計で攻撃力の4倍のダメージになるがどちらかというとダメージよりは攻撃速度のほうが重要で、倒す計略ではなくデバフをかける計略。敵にもインフレが進んでおり1万を超える耐久を持った敵も増えてきており、ダメージで倒しきれないことも多い。どうしても攻撃を許してしまう相手に有効に働くというシーンは今後も常に遭遇するだろう。 リヒテンシュタイン城 防御に特化した特技と反撃持ち攻撃バフ計略を持った山槍。3重にかかる防御計略で被弾を大幅カットすることができる。槍の軽さもあり気軽に安全性を確保できるが、自身は槍であり特技込みでも安心しきるわけにはいかない。計略は単体に2倍の攻撃力を持たせつつ50%の攻撃力で反撃、つまり反撃部分は計略を掛ける前の等倍で反撃できる。やはり本人ではなく高いステータスを持った他の近接に掛け、防御を強化して代わりに戦ってもらうことになるだろう。基本的には使いやすいいい子。 城塞都市コトル 運営が考えた最強の鈴。もうなんかもう全部鈴に欲しい点がそろっている。攻防に固定値と%でデバフがあり射程外にも影響する。計略は射程・回復を伸ばし足止めまで付与してくれる。 おっぱい イラストも強い。もう何も書くことがないくらい強い。強いて言うなら ナムナムみたいな もっと強いやつがいるだけ。あと山鈴が非常に珍しいのでその意味でも選ぶ価値があったりする。 カルルシュテイン城 焼き計略に撃破気回収効果がついた山本。高い攻撃倍率からなる計略はこれそのもので敵を粉砕するためごっそり気を追加することができる。加えて編成しているだけで全城娘の初回計略が早まるため初動に最適。自動で巨大化することも加味すると相当に楽させてくれる。撃破できなかった場合でも30秒以内であれば撃破気回収効果があるため若干固い敵でも安心。強力であることは火を見るよりも明らかなのだが、初動という点ではスタート時の気の量で価値がやや変わる節がある。スタート時の気が少ないマップは難易度が低く、多いマップは他の手段が取りやすいため不要だったりすることもあるため若干評価が落ちがち。気を稼ぐ点では一級品なのは間違いないので、こいつで稼いだ気をどこで使うのかもしっかり考えたい。 終わりに ここまで読んでいただいてありがとうございます。相変わらずほぼほぼ無課金で未所持の城娘に対しても考察を行っているので間違っている部分がないとは言えないものだと思いますが、未所持だからこそ使いもせずに強いと思えるいう判断基準が含まれていることが伝わっていることと思います。またところどころイラストやCVにも触れているあたり、気に入った城娘を入手するのが一番だと考えています。持っている城娘でも使い方に気づいていなかったりすることもあるので、まぁ参考程度ということでお願いします。 史実や実物の外観なんかはよくわからないため考慮していませんが、そういった選択も十分に尊重されるべきでしょう。初期に有名なお城の名前が使われているという点も[絢爛]城娘によって解消されそうです。まぁつまりそれだけ☆7城娘が増えるわけで・・・またさらに難易度が上がりそうですね(震え声)。ただ週末復刻で千狐珠のチャンスも多く、イベント城娘の確保サイクルも格段に速くなったことから相当にストレスフリーで楽しめるようになったと思います。今後も期待して御城プロジェクト:REを楽しませていただきたいと思います。
何かしらゲームの話をブロマガに書いていきます