MLB Topps Bowman Chrome 2018 Choice 1Box 開封
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MLB Topps Bowman Chrome 2018 Choice 1Box 開封

2018-09-29 16:59
    1Box/1Packs/3cards

    今回はこちら「Bowman Chrome 2018 Choice」になります。
    通常版はレギュラーやリフなどてんこ盛りなのですが、こちらの「Choice」はオート3枚のみの省エネアイテムとなっております。
    アイテムの方針としては海外FA選手やBowmanDraftで収録されなかったものの、後々頭角を現した下位指名選手たちのオートが目玉となっております。
    本当は通常版が欲しかったのですが、過去に開けたVendingBoxと思い違えたのかレギュラーが出ると思い込んで特に疑問も持たず注文してしまいました。なんてアホなのだ。

    Auto

    Luis Medina

    ルイス・メディナはヤンキース参加の19歳右腕。MLB.comチーム内ランキング9位。
    95マイルから100マイルに達する速球をぽんぽん投げる豪腕のようです。
    ただ技術的にはまだまだ未熟で、今季は36回を投げて46個もの四球を出しています。こいつはなかなか時間がかかりそうですね。


    Gavin LaValley

    ギャビン・ラヴァレイはレッズ傘下所属の23歳一塁手。チーム内ランキング記載なし。
    剛柔兼ねた打撃が魅力のようですが、現段階ではAAで120試合.209、13HRと物足りない感じですね。年齢もギリギリ今年24になるので、来年が踏ん張りどころでしょうか。


    jaime barria Atomic Ref(100)

    最後には美しいアトミックリフを引くことが出来ました。
    選手はエンゼルス所属の右腕、ハイメ・バリア。
    直球は91マイル程度とスピードのある方ではないものの、優れたコマンドで打者を打ち取っていくタイプ。
    すでにメジャーデビューして10勝を上げていますね。こいつは嬉しい。

    開封は以上です。
    引きはすでにメジャーデビューしている選手のアトミックリフを引けて上々だと思います。
    ただ、レギュラーやインサートを見られないのが寂しいですし、記事も寂しい……しっかり確認して買うべきでしたね。反省……。
    これだけだと記事が寂しいので、特別企画として今季メジャーデビューしたルーキーの中から、気になる選手の過去のカードをピックアップしてみました。


    Jeff Mcneil Orange Ref Auto

    まず一枚目はメッツのジェフ・マクニール。自分が所持している数少ないオレンジリフオートの一人。
    正直去年辺り成績を見直してメジャーはきついかなーと思っていたら昇格してびっくり、成績を見て二度びっくり。
    今年はマイナーでAA,AAA通じて.342の高打率を記録、メジャーに昇格しても60試合で.329と高い打率を誇っています。
    BABIPはかなり高いのですが、キャリア通じて高い選手なのでそういうタイプなのかも知れません。セカンドを守れるのが評価が高く、メッツの状況を鑑みればある程度の好打を維持できればメジャーに定着できるかも知れませんね。


    Reese Mcguire Green Ref Auto

    二枚目は現ブルージェイズのリース・マグワイア。
    日本ではAAA世界野球選手権にて森にタックルした選手として物議を醸したこともある選手。
    当時のドラフトで高校生キャッチャーナンバーワンと目され、トータルバランスに優れた捕手として期待されていましたが、打撃面での非力さが目立ちプロスペクトランクからは早々に脱落、昨季はチーム内で21位と期待されているとは言いがたい状況でした。
    今季も昇格はしましたが今後はどうでしょうか。守備面では以前からメジャーレベルとの評があったはずなので、やはり打撃次第でしょうかね……。自分がプロスペクトに熱くなっていた時期の上位指名選手なので成り上がって欲しいものですが。

    話は変わりますが、ロッキーズはドジャースに3タテされたときはもう駄目かと思いましたが、そこから怒濤の8連勝でプレーオフ進出を確定させました。めでてえ。
    とにかく主力以外の打者の爆発が目立ちましたね。特にダールは5試合連続本塁打を放ち来年以降の飛躍が期待されます。怪我さえしなければ、ですが……。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。