MLB Topps Archives Signature Retired Player Edition 2018 1Box 開封
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MLB Topps Archives Signature Retired Player Edition 2018 1Box 開封

2018-10-07 18:39
    1Box/1Cards

    今回の開封はこちら「Topps Archives Signature Retired Player Edition 2018」になります。
    一箱に1枚、OB選手のオートが入っているここ数年の定番シリーズですね。
    毎年何かしら買ってはいますが、心配なのは面子があまり代わり映えしないように見えること。今月末発売予定の通常版Archivesにはデレク・ローやロブ・ネンら面白そうな面子が入っているのですが。
    「おっ」となったのは現役時代、引退後ともにオートを書く機会が少なかったボビー・ボニーヤ。97ドンシグにも書いていますが、それはマーリンズ時代のものなので、名を馳せたパイレーツ時代のカードで1枚欲しいですね。
    まあそれはともかく開封です。


    Ozzie Guillen(/28)

    一箱1枚なのであっという間です。
    選手はホワイトソックスで名遊撃手として活躍したオジー・ギーエン。
    うーむ、残念ながら過去にこのシリーズで引いた方でした。
    とはいえ、そちらは監督時代のものなのでまあいいかな?

    開封は以上です。やはりもう少し面子に変化が欲しいですかね。
    とはいえそれは毎年開けているものの感想であって、初めて開ける人にだれこれ? みたいな選手を引かせるわけにも行かないのかもしれませんね。

    --------------------------------------------------

    MLBレギュラーシーズンが終了しましたね。
    応援しているロッキーズはカブスとのワイルドカードゲームに勝ち、ただいまブリュワーズとのプレーオフに望んでいますが、やはりドジャースに勝って地区優勝したかったですね……。
    またアレナードは他のHR王候補が軒並み停滞したのもあって3回目のHR王を取ることが出来ました。
    もちろん実力が無ければ出来ないことではありますが、かつて3回60本打ってその全てでタイトルを取れなかったサミー・ソーサみたいな例もありますし、恵まれた部分もあったなあと。
    実際今シーズンに関しては序盤身体が重そうで、乱闘事件で5試合欠場するなど精彩を欠いた印象がありました。中盤にて盛り返しては来ましたが、追い込みの時期に調子を落としてしまったのも残念でした。
    とはいえ35本塁打100打点を4年続けたのは立派で、これは三塁手ではAロッドの5年に次いで長い記録だそうです。
    マイク・シュミットあたりは10年くらい連続してやってそうだと思っていたのですが意外に途切れているようで。
    継続は力なり。1年でも長く続けていって欲しいですね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。