MLB Bowman Draft 2018 Asia Edition 2Box 開封
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MLB Bowman Draft 2018 Asia Edition 2Box 開封

2018-12-22 16:00
    1Box/4Packs/32Cards

    今回はこちら「Bowman Draft 2018 Asia Edition」の開封となります。
    年末の定番アイテムですね。本年にドラフト指名されたプロスペクトたちの初オートがウリです。

    レギュラー


    これぞボウマンといった感じのシンプルなデザインです。
    ただクロムカードも含めて傷が多いと感じました。どこでこんな凹みが出来るの? と言うレベルのものもちらほら。折れているものもありました。

    レギュラークロム


    こっちも傷多め。直線多様のデザインにはクロームカードが似合いますね。

    レギュラーパラレル



    いつも通りのかわいらしい紙パラ。シリアルは後ろにある方が好みですね。

    リフラクター


    Base


    Japanfractor


    Green Ref(/99)

    パックにはリフラクターが2枚と、懐かしの? ジャパンフラクターが3枚入っています
    クロームカードは4枚なのでリフの総枚数がクロームを超えてしまうと言う謎なことに。ジャパフラは美しいですが枚数もあるのでプレミアム感はないかな?

    インサート


    右の復刻デザインはともかく左のはインサートとしてちゃんとしてるなあと思ったらオート付きのパラレルがないようで。

    オート
    1Boxに1枚封入です。
    毎年狙っているのは一桁指名の選手とロッキーズに指名された選手です。毎年割といい引きですが今年はどうでしょうか。

    1枚目

    Josh Breaux Green Ref Auto(/99)

    一枚目はヤンキース2巡目全体61位指名の捕手、ジョッシュ・ブロー。チーム内ランキング14位。
    早速グリーンリフ! しかもラストナンバー。
    パワーに優れたバッティングに定評があり、肩も強く、ピッチャーとして100マイル投げていたほどだとか。
    ただ打者としてはアプローチが悪く、ピッチャーとしては制球難の傾向があるようで、全体的に荒削りの素材と言ったところでしょうか。

    2枚目

    Jonathan India Base Auto

    2枚目はレッズ5位指名の三塁手、ジョナサン・インディア。チーム内ランキング4位。
    おお、ここで5位指名の選手が引けました。
    インディアはラインドライブの打撃が魅力の三塁手。直近の年度で打ちまくって評価を上げた選手のようで、ホットコーナーを主戦とする選手としては珍しく走力もあり、弱点のない総合力に優れた選手になることを期待されているとか。
    ただレッズの三塁手事情はトップに34本塁打のスアレス、マイナーにはMLBプロスペクト全体6位のニック・センゼルがおり、センゼルは二塁も守れるとはいえポジションもかぶっているので、今後の見通しは不明。場合にはトレードの玉になる可能性はありそうです。

    開封は以上です。これが今年最後の開封となりましたが、最後にいい引きが出来ましたね。
    今年は去年よりは開けたと思いますが、振り返るとあまり大きな引きなかったので、最後にいい開封が出来て良かったです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。