MLB Bowman Inception 2014 3Box 開封
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MLB Bowman Inception 2014 3Box 開封

2014-07-02 13:38
    1Box/5Cards
    遅くなりましたが今回はこちらの開封。去年初登場したInceptionの14年度版です。
    プロスペクトたちの直書きオートを安価にかつ大量に入手できるのが特徴。
    封入選手たちは過去アイテムで見たメンツが多いですが、フレイジャーやメドウズなども普通に封入されており、それらのオートを入手したい人にとっては絶好のアイテム。
    アブレイユやブライアントも収録されており目玉の一つですが、基本的に収録されている選手にあまり目新しいところはないので、すでにひと通り揃えてしまっている人にとってはあまりそそられることはないかもしれませんね。

    Prospect Autographs



    Chris Anderson Arismendy Alcantara Alex Guerrero
    Daniel Palka D.J Peterson Tyler Pike
    Rafael Montero Jose Peraza Leonardo Molina

    木目調にシンプルな箔押しと、地味目ですが高級感のある作り。
    ただその木目バックの色味が多少強めでしょうか。サイン部分は明度が高く抜かれているので問題はないですが、好みが分かれるかも。

    選手はさすがにいいプロスペクトが揃っていますが、去年の一桁指名はまたも引けず。
    オリボに耳を噛みちぎられてしまい、変なところで知名度を得てしまったゲレーロは初オート?


    Oscar Mercado(/75)

    ブルーパラレルも引けました。明度が上がり、スッキリした印象。
    オスカー・メルカドは13年全体57位の高卒遊撃手。
    守備偏重タイプで、打撃に苦しんでいる様子。

    Rookie Autographs


    Marcus Semien

    こちらは横型。サイン部分が上下絞られており、過去に言及した「サインの上下が間延びしてよろしくない感じ」がありません。
    選手はホワイトソックスのマーカス・セミエン。
    サード、セカンドで起用されていましたが、6月からはマイナーでプレー。

    Autographed Relics


    Peter O'brien
    Maikel Franco
    Allen Hanson

    箱1で封入。
    メモラ部分のバックはレザー風のデザインになっています。木目一辺倒だったベースに比べメリハリがあり、こちらのほうが好み。
    ボウマンでも引いたフランコがここでも登場。今季は3Aでのプレーですが、打率が2割をやっとこ超える程度と苦戦しています。

    Bowman Black Autographs


    Rafael Montero(/25)

    クロスインサート的に封入されているボウマンブラックも出現。
    最近言い続けている気がしますが黒バックに銀サインが最高にカッコイイ1枚。
    選手はメッツのラファエル・モンテロ。松坂の先発枠争いで名前が出ていたこともあり、プロスペクトの中でもそこそこの知名度があるのではないでしょうか。
    体格には優れておらず、飛び抜けたボールもないものの、総合力で勝負するタイプのよう。

    開封は以上です。
    デザインに多少癖があるとは感じますが、10kちょいで直書きオート5枚という破格のコストパフォーマンスは魅力ですね。
    ただ1つ気になったのはオートのソート。
    シンダーガードの次にスミス、ゲリーサンチェス。ゲレーロ、アンダーソンの次にアルカンタラ、など、色パラも込みでほとんど一定の様子。
    それでもヒットがバラけていればまだいいですが、グレイ、フレイジャー、フランコの並びとかコレア、バクストン、ブラッドリー(たまにアブレイユ?)、ソラーとかそれはちょっと製品として不健康すぎるんじゃないかという並びがチラホラ。
    正直1つ2つ買う程度で影響が出ることではないのですが、改善を期待したいところです。

    開封結果としてはぼちぼちといったところでしょうか。メンツはさほどとは思いますがボウマンブラックも引けましたし不満はありません。
    ただ個人的にはそろそろブライアントとは行かずともアペル、グレイ、メドウズやフレイジャーなど去年の一桁ピックを引きたかったところでした。
    MLBモノは7月発売がアレジンくらいしかなく、それも自分としてはあまり惹かれるアイテムではないので、こちらをもう少しつまむかもしれません。

    (追記)
    そういえばアジア限定だったTopps Supreme2013が米国でも普通に売られ始めたみたいですね。開封動画がいくつも上がっていました。
    前述のようにこちら向けに調整されたアイテムだけに、向こうがどう反応するのか気になるところです。このアイテムでは和田や藤川などがよく出ますが、日本人からしたら実績十分のベテランでも、向こうはろくに見たことがない日本人程度の認識でしょうし。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。