NPB 日本プロ野球OBクラブ設立20周年記念 オフィシャルカードセット 第1集 2BOX
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NPB 日本プロ野球OBクラブ設立20周年記念 オフィシャルカードセット 第1集 2BOX

2014-07-26 15:28
    1BOX/42CARDS+α

    ご無沙汰しておりました。
    今月中ほどあたりは目立ったアイテムもなく、開封とは無縁の生活を過ごしておりました。
    さて久しぶりとなる今回の開封はこちら。
    日本プロ野球OBクラブ設立20周年記念 オフィシャルカードセット 第1集
    トレカフェスタ東京で先行発売されておりましたが、そちらには不参加のため初開封です。
    1箱にレギュラーカードセットとパラレル1枚、サインカードが2枚ないし3枚封入されているようです。3枚封入箱は半々くらいのオッズのようで、OBクラブアイテムの中ではかなり奮発しているイメージですね。

    レギュラー



    格調高いデザインではありますが、写真が少し小さいか。


    パラレル


    (/28)

    スキャンすると違いがわかりませんが表面にラメ加工。
    1of1などもあり、そちらは特殊な箔押しがある様子。

    横型サインカード

    青いカクテル光線をあしらったバックに金箔押し、和紙のような表面加工に直書きサインと高級仕様の名に恥じないクオリティ。
    2箱で4枚出ました。


    金村暁(/90)
    ガンちゃんや関根の系譜を受け継ぐ日ハムのエース……と言うより、今はヒルマン監督に向けて発した台詞のほうで有名かも知れません。


    定岡智秋(/90)

    サダの兄、定岡智秋。
    次男はベイスターズで打撃投手をしている定岡卓摩。
    知名度はともあれ、現役時代はレギュラーとして活躍した遊撃手。


    山森雅文(/90)

    日本人アメリカ野球殿堂博物館入り第一号となったホームランキャッチで有名です。自分も幼いころにプロ野球の名プレー特集かなんかで見た記憶があります(今はあんまりやらないですね)。



    金本知憲(/90)

    肩を痛めながらプレーしていた悲痛な姿が記憶に新しい”鉄人”金本知憲。
    今アイテムの目玉の一人といえるのではないでしょうか。彼のサインは今回が初入手となりました。
    これまでは膨大な選手の中で、かつSP(そのうえ大体シール)の状況でツモるしか無かった手前、直書きのこれがさっくり手に入ったのは嬉しいですね。

    縦型サインカード

    20枚限定のパラレル版。
    色調を赤に舵取り、大きく取られたスペースにサインと共に書き込みがされ、見応えのある品となっています。


    八木沢荘六(/20)

    今回のトレカフェスタのゲストだった八木沢さん。
    完全試合を達成した歴史に名を残す投手ですね。


    杉下茂(/20)

    ”フォークボールの神様”杉下茂。
    齢88とは思えぬ筆の走り! 今春のキャンプでも井納に直々に指導するなど精力的な活動を続けておられますね。こちらも初入手で嬉しい引きなんですが、金本と一緒に出たのでなお驚きでした。

    開封は以上です。
    引きの方は2箱でサイン6枚、その上縦型2枚にメンツも上々と、かなりいい開封となりました。
    このカードセットのキモであるサインのメンツですが、あまり実績のない方ももちろんおられます。
    それでもミスター長嶋茂雄入手のチャンスがあり、かつ秋山、工藤、金本ら記憶に新しいスター、杉下、張本、米田などの往年のレジェンドが現実的なオッズで、しかも1箱1万のアイテムに2,3枚入っているというのは、なかなか稀に見るコストパフォーマンスなのではと思います。
    また実績のない方でも、余り見かけることのない好選手系をピックしており、新鮮な気持ちで開封できるのではないでしょうか。
    カードの加工も凝っており、OBクラブのアイテムというのは基本的にメンツが偏りがちな中、どうにか製品のクオリティを保とうという工夫が見られるのが好感が持てました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。