ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Paradise of Love裏話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Paradise of Love裏話

2016-10-11 00:00

    と言う事でテッド誕生祭第二弾。PVシリーズ1です(長)

    この曲は『嵐のデスティニー』という少女漫画のドラマCD版主題歌です。
    少女漫画です。
    これは少女漫画なんだよ!!!!!!!!(力一杯)
    えー、なんでそんな事を言うのかというと……。
    原作の舞台は異世界ファンタジーで、そこにセラスティーア姫という可愛いお姫様がいたんですね。
    凄く魔力が高いんだけど、それを狙った悪い魔法使いに求婚されてしまうのです。
    けれどセラスティーア姫にはアーウィスという名前の恋人がいた。
    当然求婚は突っぱねられるけれど、その争いの中でセラは命を落としてしまうのです。
    取り残された騎士のアーウィスは姫に会いたくて魔法使いになり、時空を越えて姫の生まれ変わりを探し続ける。
    千年もの時を越えて漸くアーウィスはセラスティーア姫の生まれ変わりを見つけるんです。
    ……その姫は男の子として生まれ変わってたんですけどね……(遠い目)
    これの所為でBLだと言われますがこれは少女漫画です。何度でも言うよ!!!これは紛れもなく少女漫画だと!!!!!男の子として生まれ変わっちゃったセラ姫がもう一度騎士アーウィスはくっついちゃうけど、でも普通の少女漫画なのーーーーーーーー!!!!!!

    ぜはぜは。

    それはそれ。これはこれ。
    この漫画、収録雑誌が悉く廃刊になってあっちこっち移動してる上に廃刊のあおりをまた喰らって連載休止中なのよね……今どうなっているのやら……


    と言う事で前置きが長くなりましたがPVのお話。
    配役はセラスティーア姫がイア、アーウィスがテッドさんです。……別にイアたんがイオになったりしないよ、そのままだよ……ぼそぼそ
    まず最初のシーン。

    この衣装の時代はすべて二人の前世にあたる時間軸です。
    姫を狙う何者かに国は襲われ、姫を守る為に騎士のテッドさんがイアたんを安全な所に連れて行く為に逃げてる。
    いつもの鎌は城の中なのでランスモード。


    けれど二人は追いつめられてしまう。
    テッドさんはイアを守る為に敵に立ちはだかった。戦闘突入なので武器はサイズモード。
    命に代えてでもイアを守る、そのつもりだった。


    でも、そんなテッドさんを見ていたイアは当然同じ事を考えるわけです。
    愛した人を守りたい、そんな気持ち。
    もう後がない事をわかっていたイアはここで決断するのです。すべてはテッドさんを救う為に。
    だから最期に、とずっとテッドさんを見つめてた。さよならって気持ちと一緒に。
    だからちょっと泣きそうな顔なのです。


    そしてイアの命と引き換えにテッドさんは生き残ってしまう。
    イアを失ったテッドさんは呆然としながら、ただ独りあちこち彷徨い始めるんですね。
    もう一度イアに会いたくて。
    ここは歌詞がそのままテッドさんの気持ちです。生まれ変わってくるイアに会いたいけれど、それは遥か先の事で、長いその時間を飛び越えてしまえたら。
    もう一度やり直す事が出来たのなら。
    そんな思い。


    一端過去に戻ってイアが生きていた頃。
    城のバルコニーでよく二人一緒にいた思い出。
    ここでドレスのイアたんが公式服のイアたんに変わるのは生まれ変わりのイメージです。


    そして最初のサビの続き。
    テッドさんを守る為にイアは命を落としてしまう。
    ここも少し歌詞に合わせてある。愛が哀しみを呼んだ。テッドさんの涙も痛みもすべてイアだけが癒せる。
    そんなイメージ。


    ここもちょっと歌詞と連動で、ある意味二人の願望。
    もう一度あなたに会えますように。もう一度、めぐり逢えますように。それを星に願う。
    もうこの時点では二人とも死んで次の転生先に向けて飛んでるんじゃないかな。
    生まれ変わったその先でにイアたんが、テッドさんが、愛した人がいると。もう一度出会える事を信じて。



    そして二番。一番のテッドさんと対になってます。
    生まれ変わったイアはテッドさんの事を覚えてる。けれど彼はどこにいるのかわからない。
    離ればなれになってしまっても、また求め合う。そんな歌詞のイメージとリンクさせてる。


    そしてお約束通り奇跡が起きる。
    人混みの中、何の気もなしに歩いていたイアたんは、向こうから同じように歩いてきていたテッドさんとすれ違う。
    お約束です。いいですよね、お約束。うへへ
    二人とも相手の事を覚えているので、すれ違った一瞬「えっ?!」って思って振り返ったのです。
    もしかして、ってそんな想いと、そうであって欲しいと願う気持ちと。




    再び巡り会った瞬間、心は一気に前世に戻るのです。
    ずっとずっと会いたかった。そんな気持ちで一杯になって。
    離ればなれだった恋人達がもう一度巡り会いました、というハッピーエンド。
    絵本的なアレだけど、そんなイメージ。
    多分きっと、今度こそずっと一緒にいるのかなぁ。とか妄想は尽きません。ええい、末永く幸せになりやがれぇぇぇぇぇっっっっ


    とそんなPVでした。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。