ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ETERNALWIND 裏話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ETERNALWIND 裏話

2016-12-18 21:46

    あみだ企画ですが一応大まかなシナリオがあるのでその解説。


    1番はカイトを失い、テッドさんに出逢うまでの間のつららちゃん。
    まだカイトがいなくなって日が浅いので表情はアンニュイ。
    寂しくて、悲しくて、辛い。そんな感じ。歌詞はつららちゃんの心情そのまんま。




    1番サビはカイトとの思い出をつららちゃんが思い返してる、そんなイメージです。
    記憶の中ではずっとカイトは笑ってた。優しかった。
    彼と一緒にいるのが楽しかった、そんな幸せだった思い出達。


    まだここもテッドさんと出会う前なんだけど、少し時間が経ってる。
    立つ事すら出来ない程打ち拉がれていたけれど、やっと歩けるようになった、そんな頃。


    ここも過去の記憶。
    どうしてもガンダム系は戦争のイメージと繋がってしまうので、カイトがいなくなった理由は戦争です。
    つららちゃんを守る為に彼は彼女を置いて行ってしまった。そして二度とつららちゃんの所に帰ってくる事は無かった。


    死に繋がる場所へ旅立つカイトを見送ったつららちゃん。
    止めたかった。戻ってこないと直感でわかっていたから、行かせたくなかった。
    けれどカイトが望んだように笑って見送ったんですね。最後に覚えていてほしいのは笑顔だった。泣き顔のまま別れたくなかったから。
    だから泣きたいのを必死でこらえて笑ったんです。

    ここで彼氏の入れ替わり。
    カイトを失い、一人で嘆いていたつららちゃんの所にテッドさんがやってくるのです。




    悲しむつららちゃんを気にしたテッドさんが手を差し伸べてくれた。
    寂しかった彼女をカイトと同じようにまた愛してくれた。そしてつららちゃんは二度目の恋をしたわけです。
    『めぐり逢いはそう奇跡なの』っていう一連の歌詞の通り、つららちゃんは再び愛せる人に巡り会った。


    だけどテッドさんもまた、カイトと同じ理由で失ってしまうんですね。
    『さよならが教えてくれたの あなたの本当のやさしさ』はカイトの事であり、テッドさんの事でもあり。
    どうしてカイトが命がけでつららちゃんを守ったのか。それが彼の優しさであり、そしてテッドさんも失う事でテッドさんも同じくらい優しかった人だったと教えてくれた、そんな感じ。


    そしてそんな男達をどちらも等しくつららちゃんは愛してた。どちらも大事な人だった。
    二人とも自分の為に散っていってしまったけれど、それでも彼を愛していたとつららちゃんははっきりと告げるんだろうなっていう妄想。







    最後の一連はイメージ。
    そんな生き方だったけれど、つららちゃんはそれでも幸せだったよっていう。
    悲しい事ばかりだったけれど。辛い事も沢山あったけれど。
    でも私は幸せだったのって告げるように最後こちらを見て笑うのです。
    これから先もまた、誰かに出逢って恋をするのだろう。そしてまた失っていくのだろう。でも一つ一つの恋をつららちゃんは大事にするんじゃないかな。失って悲しい思いをしても後悔はしないんじゃないかな、なんて。

    そんなシナリオでした。


    で裏話。
    つららちゃんモデルは無理言ってお借りしたモデルなのですが、作りながら自分の使いやすいように弄ってたので、シーン毎に使ってるモデルが微妙に違かったりするという(笑)
    モーフ追加したり、ボーンやら弄ったり、内部設定弄ったり、と。
    で、データ自体も行ったり来たりしてるので最終的に使用モデルがごっちゃごちゃになってしまったという……
    は、破綻はさせてない筈……!(汗)
    も一つ。
    此処でのカイトもテッドさんも『彼氏役』として登場してるだけなので顔は出てきません。
    ついでいうと『彼氏役』だから普段の性格とはまた違うのよ!演じてるからね!www
    基本的に歌ってない子の顔は動画に出さない主義だから!(モブ扱い)
    コーラスもモブ扱いです。基本的に。シナリオ上どうしても顔出しが必要だって時以外は出しません。
    何を言いたいのかというと、別にカイつらでもテドつらでもないよって話。
    男達は『つららちゃんが過去に愛した誰か』だから。
    まあいつものこといつものこと。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。