[BG]第2回ミスボドぷちレポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[BG]第2回ミスボドぷちレポート

2013-03-24 20:14

    昨日開催された第2回ミスボドぷちに参加してきました。

    以下プレイレポート。

    ◆ノッティンガム



    手札をペアにしたものを場札に出していくことで勝利点を稼いでいくゲーム。
    汚職と犯罪にまみれた中世のノッティンガムをテーマとしているため、手札強奪から手札全公開とえげつない他プレイヤーへの干渉が飛び交うものの、原則全てのアクションはカードの交換であるため手札枚数自体は変化しないのがミソ。
    結果は大量得点役になる5ペアの作成に手間取ってしまい先に取られて玉砕。手札が思いっきり腐ってぶっちぎりのドベでした。むー、悔しい。


    ◆アグリコラ



    ミスボドでのアグリコラ伝道師さたもとさんにインストしてもらい今回初めてプレイ。
    こ、これは難しい。いままでそこそこリソースマネジメント系のボードゲームやってきたけどこれは本当に厳しい。
    とにかく定期的に訪れる食料消費がきつくて農耕や牧畜での生産に全く回せず万年自転車操業状態に。もはやテーマが開拓農家じゃなく、無人島サバイバルやってる感じ(汗。
    なんとか土地は家と牧場で埋まったものの、所持資源はボロボロで11点。無論ドベ。
    序盤の3人目の家族をどう増やすかまでが最大の課題だなぁ。
    この辺は数こなさないと難しい感じ。


    ◆7Wondes




    拡張無し。バビロン庭園Aでプレイ。はじめて技術特化方針でやってみた。
    I時代で資源取りに手間取ったものの、II~III世代は順当に取りたいものを
    取れて結果は41点の2位。
    んー、技術特化意外に難しい。必要な資源の種類が多めなのと、少ない緑カードの引きが求められるのが結構ネックな感じかなぁ。


    ◆サフラニート



    コイン投げスキルが全ての勝敗を握るアクションボードゲーム(?)。今回の持ち込み品。
    プレイしたい方が結構いたのでインストのみやりました。
    単純な競りゲーですが、それが混乱の渦に巻き込むコイン投げが最大の醍醐味です。久しぶりに持ってきましたが大好評だったので
    ミスボド例会にも持って行こうかな。


    ◆ビブリオス



    修道院での写本収集をモチーフにした。初プレイ。
    カードの競り5種ある色カードを最も集めた人のみ勝利点が入り、その勝利点も色々変動するのが一番面白いという3人プレイをやってみましたが、確かに面白い。勝利点を取るためには強引に動かざるを得ないが、それを読まれて競り金つり上げられたり、勝利点暴落させられたりと色々ジレンマが熱い。
    プレイは危なげなく2種色カードをそこそこ集め、金カードもため込んで競りラウンドにもちこめたので危なげなくトップ勝利。
    濃いゲーム内容の割に時間的にはかなり軽めでコンポーネントもコンパクトにまとめてあり素晴らしい。これ欲しいなぁ。


    ◆よくばりキングダム



    決まった8種の手札から3種をそれぞれ出し合い、相手の出した札とバッティングするよう(あるいはさせないよう)にして己が王国を発展させていくゲーム。
    相手が欲しいであろう資源である程度出す札の予想は出来るものの、最終的には純粋な読み合いで勝負するのがシンプルで熱い。
    数戦やりましたが、読み合いがほんと楽しくていいゲームです。惜しむらくは2人対戦固定というきつい人数制限。複数人で遊べるようなバリアントルールがあれば
    いいんですけどねー。


    ◆エスケープ



    いかなるプレイ人数でも必ず10分で終わる協力ゲームという前代未聞のゲーム。ミスボドでは前から話題になっていたけど、機会に恵まれず今回初めてプレイ。
    ルールはとにかくダイスを振りまくってプレイヤー全員で迷宮から脱出するかなり単純なルールですが、10分という時間制約が色々と焦らせる。
    呪いの目で全ダイス完全ロックされたりスタート地点への戻り失敗でペナルティ食らったりピンチに何回か陥ったもののなんとか2回脱出成功。
    中身が濃い分非常に疲れました。2回やったところで休憩のため離脱。
    賑やかに遊ぶには最適のゲームなんですがただコンポーネント高いんだよね…10分で終わるゲームに7000円超はちょっと辛いです。


    ◆ゴキブリポーカーロイヤル



    あのごきぶりポーカーにキングが追加されて帰ってきた。(でもクモはリストラ)
    キングなど特殊札がいくつか入りましたが、基本はブラフ全開のごきぶりポーカー。
    時間もあまりないし気軽にと思ったら、4枚揃いが全く発生せずまさかの長期戦。結局カード切れでの決着になりました。


    ◆ゲシェンク



    マイナスカードの連番取りのジレンマで一喜一憂するゲーム。ルール自体も単純明快ですっぱり10分くらいで切り上げられるカードゲーム定番の一つですね。
    人数も多かったせいかちょこっと連番作っただけで点数的には可も不可も無く、順位も中位で終了でした。


    ◆ノイ



    場に出した数字札を加算していって101を超えたら負け。O′NO99やチルノのさんすうゲームといった亜種作品もあるゲーム。
    カードの引き運が全ての運否天賦ゲームで、今日やったカードゲームでも一番の軽さかな?
    本日最後のゲームとしてすっぱり綺麗に追われました。


    ◆まとめ
    軽いゲームを多めにやったとは言え、沢山のゲームが出来ました。初めてのゲームも数多く出来たのでとても充実した一日になりました。




    次回は再来週。また参加したいと思います。

    ◆参考リンク
    第2回「ミスボドぷち」レポート(主催者 秋山さんのミスボド公式ブログ)
    http://mysboard.hatenablog.com/entry/2013/03/23/000000


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。