[BG]第27回ミスボドレポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[BG]第27回ミスボドレポート

2014-08-15 12:35

    8か月ぶりのボドゲ例会レポートです。
    先月の7/19に蒲田のミスボドに行ってきましたのでプレイしたゲームを軽く紹介。

    ◆水曜どうでしょう対決列島ボードゲーム


    先月の頭くらいにボドゲーマーの話題をかっさらった水曜どうでしょう一番くじのA賞の景品の奴です。
    ルールとしては北海道からスタートして鹿児島のゴールを目指すすごろく形式。各都道府県には特産がありそれを集め、最終的に特産それぞれに割り振られたポイントの合計で順位を決めます。特産は基本早い者勝ちですが、取られた後の特産マスや所持者のマスに入ることで強奪するバトルが発生。水曜どうでしょうの出演者カードを使って戦うことになります。
    水曜どうでしょうグッズとしてはもう文句なしの出来です。さまざまな名台詞にちなんだイベントの数々、一部「あれ?」となるマス配置も原作ネタだったりする等、細かいところまでよくこだわってます。
    ではゲームとしてはどうかというと、色々頑張って作ってはいますが双六ですのでダイス運やカードの引き運であっさり展開はひっくり返ります。ゴール近くにスタート付近に戻るイベントマスが多いのもお約束。まあパーティゲームですしね。
    ただ先述の通り、グッズとしては素晴らしい品です。コンポーネントの作りも悪くなく非売品なのが惜しいです。

    ◆幻影探偵団


    RYOさんに秋のゲームマーケットに向けて制作中のゲームのテストプレイをさせて頂きました。
    大正帝都日本っぽいちょっとレトロな時代背景、姿を隠しながらも数々の難事件を解決する4つの探偵団。そんな彼らに謎の連続猟奇殺人を起こしている「髑髏王」から挑戦状が届いたってのがあらすじ。コンポーネントの雰囲気も乱歩チック。
    ゲームの内容としてはクルードやブラックウィーンのようなヒントを整理していち早く答えを見つける推理系のゲームです。
    登場キャラクターが髑髏王と各探偵団の所属員なので、プレイヤー間で質問を繰り返し、消去法で髑髏王を割り出していくのですが、最大のポイントはプレイヤーの中で一人だけ質問に対して嘘を言ってもよい人が混じっているため、この嘘のノイズを何とか除去して髑髏王の正体にたどり着かなければいけません。また嘘をつける人はその分ゲーム結果に少しペナルティがつくので、以下にばれ難い嘘をつくかがポイントです。
    ゲームの勝敗は髑髏王と各探偵団のメンバーをどれだけ当てられたかの点数制となりますので、推理系ゲームでよくあるヒント聞き間違えて答えに矛盾がでてもリカバリは十分可能です。
    推理系ゲーム好きなら是非、秋のゲームマーケットでは注目の一品になりそうです。

    次回第28回ミスボドは明日8/16 10:00から、場所は蒲田の大田区民センターです。
    今回は浴衣割キャンペーンにより浴衣、甚平、作務衣を着ていくと参加費が100円になります。
    まだまだ参加人数枠に余裕あるそうなので、今からでも参加間に合いますので、よろしければどうぞー。

    第28回「ミスボド」のお知らせ
    http://mysboard.hatenablog.com/entry/mysboard_28



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。