【 #オンゲキ 】ガチャゲーと決め付ける前に知ってほしいこと【 #触ってみたぜオンゲキ 】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【 #オンゲキ 】ガチャゲーと決め付ける前に知ってほしいこと【 #触ってみたぜオンゲキ 】

2018-07-27 00:16
    けっこうガッツリプレイしてきました。感想ついでに布教したいな!
    ガチャゲーっぽくてさんざんな言われようされてるけどな!
    とりあえず分離してオンゲキはガチャ必須ゲーではないことの説明で単体の記事にしようかと思います。

    公式ページ→ https://ongeki.sega.jp/ 

    とりあえずよく言われること
    ・ガチャ必須ゲーなんでしょ?
    A.そんなことはありません。「最初から解花(Lv上限+40)済、レアリティが高い(通常より攻撃力が高い、Lv上限が高い、強いスキルを持っている)」キャラを使うことで多少優位に進められる程度です。
    STGよろしく自分と敵にHPが設定されているものの、敵のHPを削りきる必要はありません
    ゲームそのものは自分のライフが0になって敗北しなければよいだけで、レアリティで自分のライフが増えたり防御力が増えるということもありません。
    ただし削りきって撃破することがChapterクリアノルマに関わってくるのと撃破ボーナスでジュエルが多くもらえるので積極的に削りたいところですが。
    ゲーム内でジュエルを利用してRカードやSRカードが取得可能です。
    必要ジュエル数はそこそこ多いですが、これらのRカードやSRカードを限界突破や解花させてきちんと育成すればガチャのSSRカードにも引けを取らない攻撃力を出せます。
    解花させるためにはカードメーカーで該当カードを「プリント」する必要があります。1枚100円です。解花するとLv上限が+40されます。
    Lv10(MAX90程度)とLv50(MAX190程度)では雲泥の差の攻撃力になるので、メインのキャラくらいは100円だして解花させた方がよいと思います。
    なのでガチャを引かなければゲームが不成立となって遊べなくなるということはありません。ただし育成にかかる時間と金額はそれ相応になるため、「その時間を短縮したいならSR1枚確定の最初の5連とプリントの解花くらいは回したほうがいいよ」という程度です。
    あくまでも
    「序盤から高攻撃力で撃破ボーナスのジュエルをもらいやすくなる+敵を倒しやすくなり解禁作業が早くなる」
    「虹ジュエルをゲットできるので解禁作業が早くなる」
    と、解禁を促進させる要素になるだけです
    一応「バトルスコアを増やして評価を上げる」という利点はありますが、プレイ上ではあくまでもおまけであり必須要素ではないのでここでは無視します。
    ・ガチャ引かないと高レアキャラ手に入らないんでしょ?
    A.SSRは無限マップ(EndChapter)で一応取得可能ですが5000ジュエルというとてつもない個数です。
    それ以外のSSRだとガチャ限定ですが、そもそもこのゲームはSSRキャラが必須のゲームではないので、ガチャを回す必要はありません。
    上記の通り育成したSR、R、スキルを駆使すればLv30あたりまでなら十分倒せます。ガチャのSSR等があればそこそこ育成の時点で倒せるようになるため
    結局ガチャを回してSSRをゲットするのは敵を倒しやすくするためのシステムでガチャ回さないといけないということには繋がりません。

    以上のことから「ガチャとプリントは必須『では』ないけど、そこそこ快適にプレイしたいなら適度なプリントくらいは必要」という結論になります。

    まとめ
    同日稼動開始のFGOアーケードと比較されて「ガチャ必須で金むしり取りたいだけのクソゲー」という評判が一人歩きしていますが、頭ごなしに叩く前に上記を理解してほしいなと、私は思います。
    WCCFとかQuest of Dのような1000円するスターターパックの購入が必要だったシステムと比べたら全然マシだと思うのです。

    おまけ
    ・CHUNITHM、maimaiの連動アイテムだけほしいんだけど
    A.デフォルトの3枚(N星咲あかり、N藤沢柚子、N三角葵)のカードプリントが条件です。
    初回認証の1曲プレゼントでChapter1を選択すると曲選択画面で1枚ずつ獲得できます。
    あとはカードメーカーでそれぞれ印刷するだけなので、計300円で大丈夫です。

    プレイ感覚などは 次の記事
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。