【漫画】左門くんはサモナー  10巻 発売 【最終巻】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【漫画】左門くんはサモナー  10巻 発売 【最終巻】

2017-08-04 16:36


    久しぶりに連載当初から追いかけていた作品が終わりました。

    ギャグ系の漫画は安定路線に入るとどうしても続いて買
    う気がおきなくなるので、最後まで買ったのは初めてで
    すし、ここまで追いかけたのは銀魂以来だと思います。

    週刊誌としてはとても綺麗にまとめられた絵柄、個性の
    あるキャラクター達――主人公の左門召介は、まさに天
    邪鬼が具現化したような少年でした。そして、ヒロイン
    &突っ込み担当筆頭である天使ヶ原桜を筆頭に、タイト
    ル通りの召還獣達や、登場人物が彼に振り回されるとい
    うのが話の中心になります。最期の格闘展開になるまで
    は基本はゲス系の性格の左門がクズ担当九頭竜と組んで
    、アホな事を繰り返していくのですが、左門のひねくれ
    た性格作中で消化されています。

    笑いのツボが自身にもあっていたのもありますが、自分
    が沼駿先生のこの作品に引き込まれたのは、台詞回しの
    うまさになります。ギャグパート、シリアスパートもと
    ても心につきささり、笑えたり、しんみりとしたり、真
    剣にと読むことができます。最終巻の巻末で、ご謙遜な
    言葉が入っていますが、自分としてはそういう事を意識
    する事なく最後まで読むことができました。

    連載最後の2カ月くらいで、愛読している『火の丸相撲』
    とどっちが終わるのかなぁ……という展開でみていたら
    こちらが、最初に終わってしまいました。ジャンプのい
    きなり格闘路線、スーパーマン路線は足切り読みタイム
    とはよくいったものです。最終巻読み終えて、終わった
    事が今でも本当に悔やまれます。

    とはいえ、終わった事は仕方がないので沼駿先生には、
    次回作も期待しています。気になった方は、10巻と読
    みやすい巻数でもあるので、是非手に取ってください!

    それでは、失礼いたします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。