【オリックス】 6/28 VS 楽天 【プロ野球】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【オリックス】 6/28 VS 楽天 【プロ野球】

2013-06-28 21:48
  • 2
嫌な敗戦が続きます。仕事が忙しくて観戦ができないので、ダイジェストと録画中心で試合を見ているのですが、交流戦含めて、何も出来ずに負けるという試合が多すぎました。今日は久々に休みがあったので、パリーグライブTVで観戦――

http://www.buffaloes.co.jp/gamelive/result/2013062801/

本日のオーダー

1番:左翼 坂口
2番:中堅 駿太
3番:右翼 糸井
4番:一塁 李
5番:三塁 バルディリス
6番:DH T-岡田
7番:遊撃 山本
8番:二塁 後藤光
9番:捕手 伊藤

投手
マエストリ→佐藤達→比嘉

T-岡田選手が一軍復帰……ですが、調子はまだまだのようです。本日の先発則本投手がかなり良かったのもありますが、前半はエラー絡みでしか得点チャンスもつくれず、荒れ気味のストレートと、内角、低めを突く変化球で、押さえ込まれてしまいます。対するオリックス先発のマエストリ投手も好投を続けますが、唯一の失点である5回は、島内、松井選手のソロアーチ2本でした。解説の方もいっていましたが、別段悪くないストレートだったのですが、うまくもってかれてしまいました。最近のオリックスですと、ここからずるずると失点していくところですが、相手の走塁ミスもあったとはいえ追加点を許しません。6回になんとかチャンスをつくる事ができて、駿太選手の犠牲フライで1点を取ります。7回まで好投したマエストリ投手は8回に降板して佐藤達投手、9回は比嘉投手が相手のクリーンナップを抑えます。則本投手を捕らえきれないオリックスは9回の攻撃にすべてをかけます。9回先頭の駿太選手が粘って四球で出塁すると、糸井選手が1、2塁間を抜けるヒット!次の李選手が右翼に浅いフライを打つと、駿太選手が三塁へ!体勢崩した感じで鉄平選手はうまい球を三塁に投げましたが塁から少しずれてしまいました。その間に、糸井選手も2塁へ!1アウトでこの形になると、当然バルディリス選手は敬遠――そして、T-岡田選手と勝負!……でしたが、外一杯を見逃して、三振――復調の兆しはまだまだのようです。そして山本選手に代わって代打に高橋信選手が登場!則本投手は球数100を超えても、140後半から、150前半の球を投げていきます。高橋信選手もその早いストレートを見極めながら、高めにきた球を右翼逆方向――鉄平選手の頭を越える!!久々に嬉しい、サヨナラ勝利となりました。それでは、今回も気になった選手をあげていこうと思います。

*個人的な価値観のものになります。

マエストリ投手
ここまで試合がつくれれば現在の先発事情を考えますと合格点でしょう。去年からの課題で半ばあたりからのスタミナ不足からくる今日の7回のような投球は、試合がいい運びをできている時には継投でどうにかなると思います。ストレートも走っており、変化球もうまく決まっていました。ディクソン投手の復帰が待たれる現在、彼がローテを埋めてくれるのなら、後半の巻き返しは期待できると思います。

高橋信選手
ヒーローインタビューでしたし、最初に書きたかったのですが、今日はマエストリ投手の踏ん張りがあったので、二人目で。逆方向から、センターへ向けての打球は日本ハム時代に苦しめられました。1塁が李選手でうまっている限り、スタメンで出るのがDHだけという事もあってなかなか見る事ができませんが、今日は仕事をしてくれました!インタビューの言葉の端々には、選手を気遣う気持ちや(解説の加藤さんは苦言を呈していましたが)、チームの雰囲気の悪さを解消する明るさが伝わってきました。移籍が決まった時は嬉しかったのですが、故障があり出番が少ないのですが、今年は上で見れそうですね。辻選手が落ちた事により、DH1番手は決まりだと思うので、これからもチームを盛り上げて欲しいです。

T-岡田選手が深刻ですね。駿太選手が仕事をできるようになった以上、左翼スタメンはないでしょう。そうなると一塁か、DHだけです。一塁は李選手でほぼ決まりということもあり、ライバルは高橋信選手となります。勝負ということになると、高橋信選手に軍配があがっている以上、スタメンで出るなら結果をだしていかないといけませんね。チームの状態はまだまだいい状態ではありませんが、シーズンも半ば過ぎる形になっています。そろそろ勝負の形をつくっていく時期なので、選手は奮起してほしいところです。

再来週のロッテ2連戦は観戦予定なので、それまでにはもう少しいい状態になってほしいところです。

それでは、失礼いたします。
広告
×
最近は駿太が良いプレーを見せてくれるのが助かっていますよね。
マエストリは春先のWBCの影響で調子が落ちたのを
上手く修正したんじゃないでしょうかねえ。

T-岡田は聞く所によるとローズ&カブレラが居た時代の様に
自分の打席の配球をメモに取らなくなったらしいですね。
あの時は監督やコーチから強制されてやったのですが
今はもうやっていないとか。

そりゃ、そういうのを考えて無ければ打てないでしょうなあ。
ローズやカブレラは打席に立つ時に的を絞って打撃をしていたと思います。

こういう予想は外れて欲しいのですが
このままだとT-岡田は古木や吉村の様になりますね。
80ヶ月前
×
>>1
UNIさんどうもです

T-岡田選手には、スパルタくらいが丁度いいんですかね。とはいえ、スコアラーもいる事ですし、データの修正に関しては、チームと個人双方の責任かな、と個人的には思います。

まだまだ腐るには早い年齢なので、復調に期待したいところです
80ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。