【戦国大戦】【四名臣】 最強?武田軍 その91【48国】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【戦国大戦】【四名臣】 最強?武田軍 その91【48国】

2013-09-03 00:12


    VS 井伊直虎(精兵の采配)

    馬場「騎馬3枚に限界を感じて、騎馬2枚の編成を考えてみました」
    勝頼「効果時間が短いといっても総合的に能力の上がる『風林火山継承』はまだまだ使えそうだ」
    馬場「幸村に来てもらったのは、槍1枚では対処に難しいと考えたからです」
    勝頼「2.5の枠で武力『9』というのは、今の環境には生きる能力だな。『不惜身命の勇』は、おそらく使わないだろうが……」
    馬場「『火牛の計』もありますし、回復という事なら『不死身の鬼美濃』の方を使う事になるでしょうし、武力というところでがんばってもらおうと思います」
    勝頼「騎馬x3は厳しかったか?」
    馬場「うまくやっている人のようには、いきませんでしたね。使いなれているという事もありますし、しばらくこの編成でやってみようと思います」
    勝頼「『精兵の采配』は、戦い方の選択肢が多くてやっかいだな」
    馬場「総合的な計略もそうですが、部分的な攻め、『精兵の采配』を二度がけなど、戦い方が豊富ですね」
    勝頼「士気の計算がうまい人に当たると、局地戦にもっていっても厳しいな」


    今回から、友人は『風林火山継承』をいれた、騎馬2枚の編成に変わっています。騎馬x3が扱いきれなかった事と、槍1枚だと超絶1トップの対処が難しかったから、という2点が主な変更点だそうです。高坂は、ずいぶんマイルドになったとはいえ、まだまだ実践レベルの計略ですね。馬場と同じ武力の幸村は、ライン上げに重宝しているようです。計略はかぶっているので、おそらく使う事はなさそうですが……とはいえ、まだまだ試験運用という形になるので、要練習が必要かな、といっていました。井伊直虎の『精兵の采配』は、対戦相手の方によって運用が様々ですね。うまく組み合わされると返せなくなるので、うまく落としていきたいのですが、この戦いのように局地戦をうまく立ち回りをされると、なかなかうまくいきません。難しい、戦いとなりました。今川はスペックも揃っている勢力なので、ダメージ計略をうって解決とは、いきませんから……pay氏もかなり、苦労したみたいです。

    そういえば

    http://www.sengoku-taisen.com/news_0544.html

    TCG(トレーディングカードゲット)キャンペーン

    あるみたいですね。友人のpay氏をはじめ、WCCFもプレイをしているので、問題なく応募ができそうですが、戦国大戦しかやっていない人は面倒かもしれません。個人的にはCARD-GENにも対応してくれると、楽だったのですが……COJ?なんですか?食べれるんですか?久々に手元にくる戦国大戦Exキャンペーンなので、是非てにいれたいと考えています。

    それでは、失礼いたします。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。