• 一部の音MAD作者の間における「七海千秋」流行(?)への経緯

    2020-03-05 18:06

    こんにちは、音MAD作者のmega(目が)です。
    今日は僕が最近推しまくっているキャラクターであるダンガンロンパシリーズの「七海千秋」にどのようにハマっていったのかについて書こうと思います。

    ※注意
    ダンガンロンパシリーズのネタバレを含んでいるため、これから純粋な気持ちでダンガンロンパを楽しみたいと考えている人はこの記事の閲覧及び僕の動画の視聴をお止めください。
















    ~MADにおける「七海千秋」について~

    まず最初に僕のMAD動画での七海千秋の「設定」等について軽く説明しようと思います。
    あくまで「僕の作ったMAD動画」での七海千秋の話です。それ以外の方が作った七海千秋MADにはほぼ当てはまらない設定なので注意してください。



    七海千秋 (ななみ ちあき) とは、スパイク・チュンソフトより発売されたゲームスーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』の登場人物である。
                            (ニコニコ大百科より引用)

    まずダンガンロンパシリーズに登場するモノホンの七海千秋についてはここでは解説いたしません。
    理由は簡単です。ダンガンロンパにおける七海千秋の設定の多くが僕の作る動画ではほとんど生かされていないからです。
    つまり、ダンガンロンパの七海千秋と僕のMAD動画での七海千秋は別人・別キャラクターと考えていただいた方がいいと思います。
    例えるならば「久本雅美とエア本さん」「ロックマンXシリーズのキャラとゼEROキャラ」「YouTuberのヒカキンとRed♪Tuberのオナキン」といった具合でしょうか。もっと簡潔に言うとすれば二次創作で新たな設定が作られていったといった感じと同じようなものです。見た目はほとんど同じでもMAD動画などでの扱いや設定のほとんどは変わっている・新たに作られているという事です。
    もちろん、純粋にダンガンロンパの七海千秋を題材にしたMADは山ほどあります、というかそちらの方が多くて当然です。それらの動画に僕のMADの七海設定は適応されません。というか適応してはいけません
    また僕みたいにネタ的な感じで七海千秋をMAD素材にしてる人たちはほかにも数人いますが、その人たちも本家とMADの七海を別人として考えているかどうかは正直僕もわかりません。
    ただ少なくとも、mega(目が)自身は「ダンガンロンパの七海千秋」と「mega(目が)の動画での七海千秋」は別人、または二次創作的な派生キャラクターと考えている。それだけわかってもらえれば大丈夫です。

    さて、本家と僕のMADの七海は別人・派生キャラという説明をしましたがこのままだとある問題が発生してしまいます。
    そう、このまま僕が七海千秋として動画を投稿してしまったら、七海千秋タグに僕の動画が出没してしまうことになってしまいます。
    例えるなら二人はまさにドッペルゲンガー、第二の七海千秋の誕生です。
    ドッペルゲンガー: Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。自分とそっくりの姿をした分身。第2の自我生霊の類。同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる。
                              (Wikipediaより引用)
    このままでは、「純粋な七海千秋MADを期待して僕の動画を開いてみたら全くよくわからない動画だった」なんてことが起こりかねません。僕としてもそんなことは避けなくてはなりません。
    そこで登場するのが「七海千秋」に代わるタグ、「七海重里」「超高校級のほぼ日」です(なぜこんなタグになったのかは後述します)。
    このタグはいわば一部の人のみが知るパスワードのような役割を担っていると僕は思っています。そのため僕の七海千秋MADが見たい人にしか動画までたどり着けないようになっているというわけです。


    「七海千秋 音MAD」の検索結果、僕の動画は出てこない。



    「超高校級のほぼ日」と検索すれば出てきます。 どや!

    ただしキーワード検索だと一部動画が引っかかってしまいます(例:糸井重里の憧憬 七海千秋バージョン)。
    本当だったら「エア本さん」「ゼERO」「オナキン」といった具合に名前も変えれば解決する話ですが、僕にとってはそんなことできません。
    何故なら彼女は僕にとってダンガンロンパの七海千秋とは別人でありながら、「七海重里」「超高校級のほぼ日」といった異名を持つもう一人の七海千秋だからです。意味わからんと思った人しかいないかもしれませんがつまりは僕自身のこだわりポイントなので簡単に変えられないというだけです。


    さて、ここからが本題です。どうして僕が今のように七海千秋のMAD動画を作るように至ったのか、その経緯について説明していこうと思います。



    ~超高校級のほぼ日の歴史~

    時は今から約1年前の2019年6月13日午前2時~3時頃にまで遡ります。
    ブンブンの花子さんMADや私的YTPMVなどを作っている音MAD作者の終(END)さん(user/48161152)がとある動画をマイリスしました。

    それがこちら


    タイトルのまんまです。アニメ版七海千秋の死亡シーンの動画です。

    この動画を終さんがマイリスしたことによって彼をフォローしていた僕のニコレポにもこの動画が流れてくることになりました。
    そして僕はこの動画を見ることになりました。この時の僕は少し前に別のアニメのキャラの死亡シーン動画を視聴しており、その動画に関してはあまり抵抗なく見れてしまったこともあり「これもその程度だろう」と思ってしまっていました。また当時の僕が若干リョナ系に興味を示していたこともこの動画を視聴した原因の一つだと思います。
    まあそんなこんなで七海千秋の死亡シーンを視聴した僕でした・・・・・

    ・・・・・一言でいえば地獄でした。

    この時の僕はダンガンロンパについて全くと言っていいほど知らず、七海千秋もこの時初めて知りました。そんな僕ですら彼女に向けられたえげつなさすぎるオシオキの数々に、自分で見始めたのにもかかわらず目を覆ってしまいました。僕はグロいのが苦手です。

    えぐいもんみちった (当時の僕のツイート)

    今ではすっかり私的素材の仲間入りしている七海千秋ですが、視聴してしばらくはショックのあまり眠れなくなってしまったほどです。それぐらい僕にとっては衝撃的な動画でした。
    ただ全くネタにしていなかったというわけではなく、僕がこの動画を見ることになってしまった元凶である終さんのマイリスと僕のマイリスのスクショを同時に載せてツイートしたりみたいなことは視聴後割とすぐにしていました。
    2コマでわかる人間の価値観の違い (当時の僕のツイート)




    そしてしばらくして終さんも僕がその動画を見たことに気が付いてこんなツイートをしています。
    ごめんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww (当時の終さんのツイート)


    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww (当時の終さんのツイート)


    ここら辺から僕と終さん、そしてダンガンロンパを知っているFF内の音MAD作者数人の間で七海千秋の話題になっていった記憶があります。
    エンJ @Emplor_J

    七海千秋はダメだよ (当時のツイート)

    123ぉこp @123oKOP

    megaさんダンロン2やったら憤死しそう (当時のツイート)

    123ぉこp @123oKOP

    七海千秋可愛い!一番好きなキャラクターです! (当時のツイート)

    圭ト(・∧≡) @Kei_T_1341
    返信先: さん

    メイド姿の七海ちゃんです お納めください… (当時のツイート)


    ・・・と、TLがこんな感じの流れになっていた中、僕はある一本の動画を作ります。

    それがこちら


    例の動画を見た当時の僕の心情を再現した、いわば日記動画です。
    この動画はツイッターにも投稿したので、そこそこの人に自分の身に起きたことを伝えられたのではないでしょうか。
    このように動画のネタにすることでトラウマ的に植え付けられた七海千秋死亡シーンの記憶を自分の中で面白おかしくしようとし始めたのです。
    ただこんな動画一本作っただけですぐに気持ちを切り替えることなどできるわけもなく、七海千秋死亡シーンは僕の脳裏に深く焼き付くことになりました。

    しかし、動画を作ったりなどしているうちに徐々にあることに気が付きました。
    それは・・・
    七海千秋さん、ビジュアルとかのほほんとした感じとか普通に僕好みなんですよねなんかね (当時の僕のツイート)
    そう、僕が普通に七海千秋という一人のキャラクターを好きになっていたという事です。
    そしてこの時、僕はかなり長い期間使っていた安福さんのツイッターアイコンを七海千秋のアイコンに変えるという前代未聞の行動を起こしました(正確にはこの時終さんがツイッターアイコンにしていた七海千秋のアイコンをそのまま使用したといった感じ)。
    この時から僕は、「七海千秋死亡シーン」ではなく「七海千秋」という一人のキャラに注目していったという事です。

    そしてツイッターで七海千秋をネタにし始めた僕はついにこんな動画を作ります。
    なんだこれは(当時の僕のツイート)
    ここでついに糸井重里と悪魔融合を果たします。
    七海千秋と糸井重里は本来絶対に交わらないはずの人同士です。その二人を何故合体させてしまったのか、その真相は僕にもわかりません。完全にその場のノリだったのだと思います。
    ただおそらくですが、当時の僕は七海千秋にハマると同時に糸井重里の謎MADにもハマっていたのだと思います。
    同じ月にこんな動画を投稿していましたし、間違いないでしょう。

    (※糸井重里界隈についてはこれまた複雑な事情があるため、ここでの詳しい説明は省きます。ただ、誤解を招かないために説明しますと、最初に糸井重里の動画をネタにし始めたのは僕ではありません。七海千秋をネタにし始める前から糸井重里界隈は存在していました。)

    こうして七海千秋と糸井重里のキメラ、七海重里は誕生しました。
    そして程なくして

    音MADの素材にしました。 どや!!

    ついに音MADになった七海千秋でしたが、これ以降僕がニコニコに七海千秋動画を上げることは私的ビーニュー投稿後の年末まで全くありませんでした。
    しかしツイッターでは継続的に七海千秋関連のつぶやきをしていました。
    ちなみに、「超高校級のほぼ日」という単語はそんな状況である8月末に音MAD作者であるNArさんが投稿したツイートが初出だったと記憶しています。
    なー @futhb3

    七海重里 超高校級のほぼ日 (当時のツイート)

    そして目立った進展もないまま、9月中旬に僕は私的ビーニューの仕上げのために失踪、七海千秋ネタも忘れ去られていたのではないでしょうか。
    こうして七海千秋及び七海重里ネタは内輪ネタどころか自分ネタのまま幕を閉じたのでした・・・

    と誰もが思ったかどうかは知りませんが、2019年12月8日「私的オールスターでBEAT-NEW-WORLD」の投稿と共にワタクシmega(目が)復活、ニコニコ動画及びツイッター等のネットでの活動を再開しました。

    この動画で七海千秋はラッシュゾーン手前の部分という結構おいしい所で登場しており、またサムネにもしっかり映っております。だいぶ優遇したつもりです。

    そんなこんなで活動を再開した僕は、ついに七海千秋MAD2作目を投稿します。

    こちらは七海重里ではなく死亡シーンメインの動画です。

    こうして再び七海千秋MADを作り始めた僕は、七海千秋と糸井重里をMADで共演させるのはアリかといったアンケートをツイッターで行ったりと、以前以上に七海千秋MADに精力的になっていきました。
    そして年が明け、2020年1月25日に「VIP千秋」を投稿

    この動画から「死亡シーン」「七海重里」以外の七海千秋素材も使い始めました。
    またこの動画では中の人つながりで乃木園子の素材も一部使用されておりその流れは後述の逃げ恥合作に、またVIP先生の踊りをMMDの七海千秋に躍らせるという映像は「Celestia Reflection」のセレス茂樹といったネタに繋がっていきます。
    その他にもこのVIP千秋では、前日にだれか(故)さんによって投稿された「七又」を素材として使用したりしており、僕の中での七海千秋ネタの到達点と言っても過言ではないでしょう。


    更に1月28日には「逃げるは恥だが役に立つ合作」が投稿されました。

    僕はその合作の七海千秋が出てくるパートを担当しているのですが、そのパートを作る際にダンガンロンパ一作目のアニメを視聴しました。
    そこから僕は、七海千秋だけでなくダンガンロンパという作品自体に興味を示し、生放送のほぼ日ロンパシリーズに繋がっていくことになりました。






    とまあ、七海千秋にハマっていったきっかけと経緯的なのははだいたいこんな感じだったと思います。
    ここからセレスさんにハマって、さらにゲームを初めていくことになるのですが、そこまで話しちゃうともう七海千秋以上の話になってしまうので、とりあえず今回はここで区切りたいと思います。
    気が向いたら、ここからどうやってほぼ日ロンパに繋がっていったかも書くかもしれませんが、多分需要は少ないと思うので・・・

    とりあえず、今日はこのくらいにしておきましょう(霧切響子)



  • 広告
  • denpatou

    2020-02-25 03:10
    クリエイティブな彼、実は作曲できちゃう。
    いかす~なナウなヤングのコイツはいっちょ前にグラサンなんかかけてラップ口調でこういうのだ。
    「電波塔で電話はどう?wwwwwwwwwwwww」
    得意ジャンルは「台詞イントネーション作曲」
  • ぱぱぱしゃるしゃる!!!

    2020-02-25 02:57
    とにかくまじめ、バカが付くぐらいまじめ。やるべき仕事はきちんとこなすよ。
    でも毎回毎回まじめにやりすぎて突っ走っちゃうことも。もう終わってるよ!!!
    まあそんなとこも含めて非常に愛くるしい奴です。
    得意ジャンルは「ゲーム音楽」