ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

東方WITH A MISSION~狼達が幻想入り~ MISSION20 タクアンオイシイニク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東方WITH A MISSION~狼達が幻想入り~ MISSION20 タクアンオイシイニク

2016-07-05 03:20
  • 1

 子供たちを助けた後、慧音の計らいで食事と寝床を提供してもらうことになった。慧音と妹紅、そしておリブの三人で子供たちを送り届けている時に、寝床や食料のことを伝えると、それならば家に泊まって行くと良いと言われたのだ。ここ2、3日まともに食っていない胃に、やっと食い物を詰め込むことが出来る。自業自得とはいえ、この話にのらないわけにはいかなかった。

(ヤット飯ニアリツケルニク、速ク食イタイニク)

 そう思うと、リブはお腹をさすってうなだれた。その姿に慧音と妹紅が笑う。人里についてからというもの、子供たちをそれぞれの家に送り届ける度に、それぞれの親から感謝され慧音が事情説明をするというやりとりを6回やったのだ。時間がかからない方が不思議だろう。いくつか食べ物を分けてもらえたのが救いだろう。最後に送り届けた少年Cの親から一本丸々もらった、たくあんのかぐわしい香りが更に空腹を刺激する。

(感謝サレルノハ嬉シイケド、ソレジャ腹ガ膨レナイニク……、歯ゴタエノ有ルモノガ食ベタイニクネエ)
「ははは、さすがに腹が減ったな、今すぐに食えるのはたくあんしかないが、夕食までのつなぎで食べるか?」
「たくあん食べるのかしら? 狼って」
(……背ニ腹ハ変エラレナイニク、タクアンデ飯マデ頑張ルニク)

 おもむろにたくあんを手にしたリブは、勢いよくたくあんにかぶりついた。鋭い牙に噛み砕かれるたくあんが、バリボリと心地よい音を立てて、リブの腹に収まっていく。

(噛ミゴタエトショッパサガ抜群ノタクアンニク、スーパーノ奴ヨリ遥カニ美味イニク)
「よほど腹が減っていたのだな、あっという間に平らげてしまったな」
「たくあんを一本丸ごと食いきる奴なんか初めて見たわ」
「全くだ、普通ならまともに噛みきることすら厳しいというのに、と、そうこうしているうちについたな、妹紅、夕食の支度を手伝ってくれ」
「わかったわ、リブ、もう少し我慢しててね、これからつくってあげるから」

 二人がリブを縁側で待つように伝えると、そのまま台所へ移動して調理を開始した。中睦まじく会話をする二人の後ろ姿は、まるでおしどり夫婦その物だった。

(女ノ子同士ナノニメチャクチャラブラブニクネ、マア、仲良シナノハ良イコトニク)

 その日の晩、三人で囲んだ食卓はチョットだけ獣くさかったが、いつもよりもチョットだけ盛り上がった。

(明日ハドウシヨウカニク、取リ合エズ人里ヲ探索シテ、一日ヲツブストシテ、ソノ後ハ仲間探シニクカネエ……)

to be NEXT MISSION!!

広告
×
タクアンタクアン煩いな今回。まあ、そんなことはさておき、もこたんと慧音はちょくちょく一緒にご飯食べたり、一緒に寝たり、一緒ににゃんにゃんしたりの間柄だと勝手に妄想してます。
そして、MISSION1投稿から今月で約一年、あっという間ですね。一年は早いです。動画で上げた方がはるかに良いのに、手っ取り早いという安直な理由で、ブロマガ形式での幻想入りになりました。それでも、見てくれている人がいるのは嬉しいですね。ありがとうございます。
スペア・リブ編が終わったら、時系列やらチョットしたキャラ設定?を開設して、シーズン2に移ります。シーズン2からは、それぞれが仲間探しをして、出会ったり二日酔いになったりします。もう少しだけ待ってて下さい(2~3カ月ぐらい)。
=以下勝手に近況報告=
前回の近況報告で次の職場が決まったと報告しましたが、キャンセルして又別の職場にしました。なりました。倉庫勤務から工場勤務になります。休みも土日祝日固定になります。なので、アップも土日に集中するでしょう。見やすくなるぜ!

最近コルピクラーニがウp主の中でロックヒーローになりました。
60ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。