東方WITH A MISSION ~狼たちが幻想入り~ MISSION28 地獄の閻魔と地霊殿
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東方WITH A MISSION ~狼たちが幻想入り~ MISSION28 地獄の閻魔と地霊殿

2020-11-08 00:50
    (タダイマ)

     お空を担いだタナ輩が地霊殿に戻る。岐路の途中に合流したお燐も一緒だ。館の奥から足音が聞こえる。こちらに走ってきているようだ。

    「お空!大丈夫?」
    (気絶シテイタ。大事ニハイタラナカッタヨ)
    「そうなんですか……、よかった」

     さとりが安堵していると玄関の扉が開かれた。なにやら、小さな木の板?を持った女性と、大鎌を持った女性だ。

    「こんにちは、さとりさん。そちらの方ははじめましてですね。四季映姫・ヤマザナドゥと申します。こちらは部下の小野塚小町です」
    「よろしく」
    (アア、ヨロシク)
    「何故黙っているのですか?」
    「四季さん、そちらの方は発声ができないのです」
    「ああ、新しいペットですか」
    「いえ、どうやら幻想入りしたそうです」
    「はあ……、どうせ紫の仕業でしょう。まあいいです。本題に入りましょう」
    「旧都で暴れていた妖怪のことですね」
    「ええ、見てきました。あの妖怪は絵に描いたような牛鬼ですね。正直言ってはじめて見ました。私の前の閻魔の管轄かもしれません」
    「四季さんの前の閻魔……、十王ですか」
    「いえ、十王と私の間にもう一名いました。魔界の地獄と兼任していたのですが、さすがに忙しすぎたのか何年もやっていなかったそうです。後、ほかの世界の神、それも主神に歯向かったとかで10万年ほど封印されていたとか」
    「そんな閻魔がいたのですか……」

     10万年というワードにタナ輩が反応する。

    (10万年?ナンカ聞イタコトアルナ)
    「タナカさんは知っているんですか?」

     反応するさとり。そのさとりの言動に反応する四季映姫と小町。

    (間違イガナケレバナ)
    「そうですか、差し支えなければ教えてもらえますか?」
    (アア、カマワナイ。トイウカ、心当タリガ1ツシカナイガナ)
    「1つ?」
    「そちらの妖怪は、心当たりがあるのですね」
    (聖飢魔Ⅱダロウ?)
    「せいきまつ?」
    「ええ、当たりです。もっと言うと、その中でかつて閻魔を勤めていたのが、ゾッド星嶋という方です」
    「ゾッド、ほしじま?」
    「はい、私がまだ地蔵だったころ、若しくはそれより前に、一時的に務めていたものです」
    「あたいの記憶にもないんで、多分あたいが生まれる前っすかね」
    「おそらくそうでしょうね」
    「あの、因みにそちらの方と確認は……」
    「してません。というか個人的に苦手なのでしたくありません」

     やけにきっぱりと断る映姫。何故?とさとりや小町に尋ねられ、いやな顔をしている。

    「ゾッドさん喧嘩っ早いし乱暴なんですよ。しかも繊細だし」

     ああ、と納得する小町。

    「あと地獄耳ですよね、こういう話をしてるときに限って向こうから連絡来ません?」
    「ええ、来ますよ。まあそれはいいのです。向こうから連絡が来るといっても極稀になので、それより一番あせったのは、十王相手に真っ向から喧嘩吹っかけたことですよ」
    「十王に喧嘩売ったんですか……」
    「何ですかそれ……、初耳っスよ」

     唖然、呆然とする小町とさとり。そんな中、唐突に地霊殿のドアが開け放たれる。

    「ゾッドだあ! 顔見せに来たぜ! 映姫ちゃん!」

     頭を抱えため息をつく英姫、もしかしたら、親分はストレスの原因かもしれない。

    to be NEXT MISSION!!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。