ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

明日はMMD杯でuniverseのPVもあげてもらえるから覚えようMMD杯
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

明日はMMD杯でuniverseのPVもあげてもらえるから覚えようMMD杯

2015-02-13 01:00
    2月も気づけば半ばに差し掛かろうとしてますよ。早すぎ。
    阿佐ヶ谷です。

    この度、2月13日より開催されるMMD杯において、メグマレコードの楽曲である、universeを使って動画を作って頂けることとなり、浮かれている心を必死に抑える僕なのですが、では、MMD杯とは一体何なのか?

    その辺りを掘り下げて行こうかと思います。
    まずはその概要を公式ページで見てみました。

    MMD杯とは


    フリーソフト「MikuMikuDance」(およびその派生ソフト)を使用し、複数のテーマの中から参加者が好きなものをひとつ選び、それに基づいて 作ったひとつの動画を予選(途中経過版)と本選(完成版)の2回のラウンドで所定期間内に一斉に公開し合い、マイリスト登録数により算出する獲得ポイント を競い合う大会ダヨー。
    と言うことらしいんダヨー。

    んじゃあ『MMD=MikuMikuDance』とは何ぞや?と言う方もいるかもわからないので簡単に説明するより動画を観て頂いた方が早いかと思うので歴史を遡って、みてみましょう。


    まさにミクさんが踊っています。
    これが第1回MMD杯の総合優勝作品です。
    2008年ということで、まだ、めぐっぽいども出ていない頃だから、そりゃミクさんが星間飛行を歌って踊るでしょう。

    この3Dで作られたキャラクターがMMDです。

    MMDで存在するのは初音ミクだけではなく、今では多くのキャラクターモデルが存在します。

    そして先ほどのMMD杯の引用をおさらいすれば、大会ごとで扱われる幾つかのテーマから創作者が選び、それに沿ったMMD動画を作り投稿するということなのです。

    そして、今回の大会が、第14回でして(年2回の開催)
    用意されたテーマが

    ソコン
    2.声
    3.果実
    4.未来
    5.華やか
    6.今年こそ
    7.H+女子力 えっちなのはいけないとおもいます(物理)


    文字を打ち込むこっちの身にもなってくれよ…。

     7番のテーマが気になって夜も眠れない男子中学生も多いかもしれませんが、この七つのテーマからひとつを選び、それに沿った作品を作るわけですね。

    ごきげんようのサイコロくらいには広く大きなテーマですね、7番以外は。



     そして僭越ながら我が同人音楽サークルメグマレコードの『universe』のPVをMMDで作って参加されるのが、前回、出会いからお話を挙げさせてもらった銭形さんなのです。

     銭形さんが選んだテーマは『未来』。

    そちらの予選動画をまたご覧頂ければ、



    こちらでございます。テーマと、楽曲をどう絡めてこのMMDでのPVが出来上がるのか…
    とても楽しみにしています。

     使われる楽曲も、今回、メグマレコードのアンディ・ウォレスこと英吉利さんに、かっこ良くまとめて頂いたので聴き心地もばっちりだと!

    そんな感じで僕もまた、明日の本選を楽しみにしたいと思います。




    忙しさのあまり、そこまで深くは掘り下げられなかったかもですが、





    このような前夜祭も行われていたようで、僕は今気がついたので後でタイムシフトを観てみようと思います!

    もっと詳しく知りたい人は公式ページへ!
    MMD杯公式ホームページ





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。