ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

近況報告
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近況報告

2019-08-07 21:32
    前回のブロマガの内容から半年くらい経過し、実際の途中経過などを簡単に紹介したいと思います。






    ★現在の近況など

    簡単に言いますと、仕事掛け持ちで自分の時間がない。お金もなくて仕事はきつい。けど意外と充実しているし自分の将来についての不安はない。



    ★Twitterを休止していた理由など


    HOROSIさんのブロマガのコメント(クリックで移動)に書いたやつで、ちょうど説明できているので気になる方はご覧ください(^^;








    ★LINEとの関連性について




    LINEが広まった2012年頃には知っていたものの、某国資本ということで絶対にやることはないと思っていた。それがどうしてもやらざるを得なくなったときの、強制的に改宗を迫られたみたいな感じ(知らんけど


    →4月頃、副業(第三の仕事)でクライアントのスマホの動画データをMacに移動する必要がありましたが、これまたGalaxyでSDカードが刺さらないやつで、Macに直接繋いでツール入れてもうまく見れない、Androidの使い方わからない、いちいちパスワード打ち込む必要がるなど、
    最後に仕方なく私がLINEを入れて(回線はWiFi)送ってもらったという具合。またクライアントの連絡のため3か月間はアカウントを残さなくてはならない(長い

    →いつまのにか連絡先が自動登録とかされて「だれだこいつw」みたいに「友だち」がいっぱい、それ本当に「友達なんか?」

    →Twitterやってる人としてはLINEで足が付くと紐づけの紐づけですぐTwitter垢が身バレしてしまうと思って悩む

    →とりあえずTwitterは休止しておこう

    →うつだしのう






    ★支援期間を終えて半年以上経ち、農水省の農業支援を今どう捉えているか(←時間のない方はすっとばしてください)



    もともと父が畑を経営(現在は継承が完了して引退)し、私は会社勤めをしていたので支援制度は勤め人から農家に移るきっかけにはなりました。
    しかし、支援を受けた当初は「経営」についての知識が足りておらず、各所に赴いて学んではいたものの自分の認識の甘さや覚悟が足りていなかったと反省しています。

    むしろ、農業生産法人の社員として勤めながら私個人の経営を両立させている現在のほうが、よほど経営の知識やスキルを身に着けているような気がします。
    支援期間中は、土地改良や設備投資、災害の復旧等に役立っており、決して無駄にはなっていません。
    一番良かったなと思うのは、年老いた父が完全に引退し、母の身の回りの世話をしていること。
    結果、支援制度を受けてよかったという思いと、今となってはもっと反省すべき点がたくさんあったなという結論に至りました。

    今後数年間は兼業せざるを得なく、ある程度のまとまった資金が確保出来次第、会社を辞めて専業農家として自適に生活していくプランを計画しています。
    今年の一年が大変ですが、今後数年間はやはり時間に追われる身となりそうす。







    ★現在の課題
     

    1)私は、人の話の本質を理解しようとしていない。

    もともと自分大好き人間で、「人の為」とは言いながら本質は自分がかわいいから、人から発せられる言葉の本質(人の心)を理解できない。

    →普段付き合いのない人でも、ちゃんと相手の目を見るなど改善の取組中

    2)時間の使い方が下手(これは半年前にフォロワーさんから助言されていた事

    仕事上では段取りよく進み、時間が足りなくなるという状態は全くないのですが、
    自分のプライベートとなると合理的に行動できないから、どんどん「時間が足りない」「やることが溜まっていく」という状態に陥る 

    →断捨離や1日の過ごし方を予め考えて決めてリズムを体に染み込ませるなど、あきらめが一番ということで取組中。ただ、ぼーっとしている時間も正直欲しいところではある。

    3)その他の出来事・感じたこと

    ・これはあくまでリアルの事であるが、人に会う時にいつも愛想が良い人よりも、普段からいつもムスッとした面持ちでいる人のほうが
    よくよく後で振り返ってみた時にむしろ信用できるような気がする(一概には言う事は禁物でですが)。




    長くてすみませんでした。最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。