ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

不眠や昼夜逆転になりやすい人のための生活法 ~50日の実践談~ 最終回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不眠や昼夜逆転になりやすい人のための生活法 ~50日の実践談~ 最終回

2020-09-30 19:05

    今回でこの連載も最後になります。
    恥ずかしい事にこのブロマガを書いている今、昼夜逆転に入っています。
     言い訳になりますが仕事が天候不順で休みになりDTMという一大イベントでは曲が完成しそうになり
    9月の割には気温が低くて寝るにはもってこいの環境で、一日中何時間でも寝ていられるというか気持ちよさすぎでした。

     
     反省すべき点としては、寝る時間と起きる時間をキッチリするということですが、メンタル的にも改善が必要かなと思います。
    ここまで6回に渡ってお話してきたことの大本は「環境を改善する」ということで、特に「考え方を変える」というものではありませんでした。
    これはつまり「茶道」でいうところの「形から入って心を作る」という考え方に基づいています。
    私にとってはこの方法が一番ベストだと思っています。人によっては観念的な理解があればすぐ実行に移せる人もいかもしれません。

     
     この生活法を継続してきて、数回失敗しています。体のリズムが一度壊れるとリズムを戻すのに半月ほどかかりました。
    若い人ほど持ち直しが早いかもしれません。


     大切な事は「やらされている感」ではなく、自分で調べて納得して行動することだと思います。そしてその経験によって自分でも思いもよらなかった効果があったとしたら、それが自信となって次に生かしていくループが生まれます。
    とにかく、何か一つでも実践して自信をつけることが大事かなと思っています。



     食費の改善についてもお話しなくてはなりません。少しでも食生活を改善するとなると、ちょっとしたことで食費が膨大に膨れ上がります。
    自分でもびっくりするほどです。自分に良かれと思ってやったことですが、後で家計の負担になったりします。
    なので、今はほどほどに食費を抑えて、これだけは続けるというモノを一つだけ続けている感じです。


     これまで書いてきた経験談は、人によっては違和感があったり自分には向かないと思う方もいるかもしれません。
    それは普通だと思います。なにせ、人の体質や環境は千差万別だからです。
    深夜に働かれる方、寝る時間が不規則にならざるを得ないお仕事に就いておられる方など、何事も通り一辺倒ではできないお話だからです。

    なので、「自分で調べよう」とか「何か改善する方法があるはずだ」と探求していけば、その思いが引き寄せられて、道が開けていくのではないかと思います。
    このブロマガ連載が一つのヒントになれば幸いかなと思います。


    ここまで6回に渡って書いてまいりましたが、私もまだまだ改善していく道半ばであり、もっと探求していきます。常に向上する心を以って。
    長くお付き合いくださいまして誠にありがとうございました。
    おわり。



    2021.1.12追記

    昼夜逆転中からの最初の切り替えについて

    昼は寝ていて夜起きている人が、いざ元通りにする、最初の切り替えはどうしたらよいでしょうか。

    私の考えている方法では「夜起きていて、朝もそのまま起き続けて、夕方近くまでなんとか我慢してそれから夕方寝る」という方法を取っています。
    ですから、どうしても「眠いのを我慢して起きる」あるいは「寝たいのに昼間起き続ける」という方法しかないようです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。