ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ブロマガ終わるらしいので移転します

    2021-04-11 02:231
    大体タイトル通りですこんばんは、めいです。
    動画投稿サボって何してるかと言えば、今日はブログ作ってました。すみません。

    まあそういうわけで、ニコニコのユーザーブロマガ、要するに私が今書いて皆さんが読んでいるこのサービスは終了するらしいです。一応なんでやねんという文章は送ったのですが、まあそれで何かが動くわけもないので、諦めて外部サービスに登録しました。
    というわけでこちら、はてなブログに移転します。
    https://meiniconico.hatenablog.com/

    移転にあたって、他の活動とか色々をまとめておきました。興味ある方はそちらもチェックしてみてください。
    あと、アホな事も始めてますが、アホやなと思ったらスルーしといてください。

    今後ははてなブログにて、たぶんこれまで通り、気が向いたらテキトーに更新すると思います。そしてそのほとんどはマイクラと関係ない話をする気がします。要するに何も変わらないですね。

    そんなわけで、私のどうでもいい文章を読んでくださるという方は、引き続きよろしくお願いします。
    ありがとうブロマガ。なんやかんやで結構好きでしたよ。
  • 広告
  • 年末2020

    2020-12-31 23:012
    おはようございます。隠居の人こと、めいです。
    さて、今年も残り3時間を切っていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。これを読んでる多くの人は既に年が明けてる気がします。
    私はと言うと「歯ぁ痛ぇ」と悶え苦しんでおります。歯というかたぶん歯茎の方だとは思うんですが、数ヶ月~数年に1回くらい歯の痛みで苦しんでおります。毎回場所は違うのですが、今回は初の前歯。もう鬱陶しいったらありゃしません。痛みの性質としては、ズキズキするのが常に存在し、噛み合わせたり物を噛んだり等で特定の歯に力が加わると、痛みが増す感じです。ちなみに歯医者は10年くらいは行ってません。痛みが2週間以上続くようなら検討したいと思います。

    そんな状態ゆえ、喋るだけでもだいぶ痛みが重なってくるようになっており、こりゃ生放送は無理だなとなりましたため、今年の年末はブロマガのみで失礼させていただきます。ほんと、どうしてこうなった。定期的に歯医者行けという話ではあるんですが。
    まあそんなわけで、今回も適当に振り返ったりしてみたいと思います。

    まずはマイクラ関連の話。
    今年はPart121~125の5本を投稿。劇場作って、周辺整備して、ドーム、ドーム、ドームという感じでした。動画内で明言はしてないはずですし今後もする気はないのですが、ぶっちゃけてしまえばアイマスまみれだった気がします。
    例えばPart121の劇場。こちらはアイドルマスターミリオンライブシアターデイズ(ミリシタ)というゲーム等に出てくるものを参考に作ったものです。毎度恒例、簡略化とアレンジは入ってますが、割とよく出来たんじゃないかと思っています。元ネタの方は[ミリシタ 劇場]辺りで画像検索すれば出てくるかと。
    そして、ドーム。モノ自体はナゴヤのそれを。ステージを含む参考元は、アイドルマスターシンデレラガールズのリアルライブ、7thと6thの名古屋公演となっています。
    私がアイマスに関わるようになったのはここ数年、2016年の末くらいにCDをレンタルしたのが最初というまだまだ新参で、周年ライブに至っては、デレ6thの4公演中2公演(夏と冬)にライブビューイング(中継映像を映画館で見るもの)で参加したのが初でした。確か2018年の秋でしたかね。しかしこの時、映画館のスクリーンに映し出された開演前のドームの様子を見て「あっ、これ作りてぇ」と思ったりしており。2018年の秋と言うと、鎮守府の地下を作りまくってる最中であり、ドームを作る余裕も場所も機会もなく。まあ結局ミリシタ感謝祭の会場に関しては仕込んでしまったわけですが(Part117)。
    そんな感じで、なんとなくドームステージ作ってみたいなーというふわふわした思いがあったところへ、友人に7thライブ名古屋へ連れ出される事に。大型ライブの現地というものは初めてで、とても衝撃を受けました。ライブ自体ももちろん大変に楽しかったのですが、ここではそれは置いときまして。まず、数万人の人を運ぶ交通機関。そして駅からドームまでのアクセス、通路。開場までドーム周辺で過ごす人たち。開場して中に入り、目に飛び込んでくる広大な空間と、堂々としたステージセット。そして開演、踊り出す光と音。そう言った、システム、仕組み、流れと言えるものにも、大変に感動したのです。結果として、1年前に映画館で思った「あっ、これ作りてぇ」は再燃。「これ絶対に作る」に変わり、作成が確定しました。
    ただまあ、ドームを作ると言っても、検索して出てくるのは簡単な案内図ばかり。図面などは出てくるはずもなく、直感に頼って作っていたのですが、なんか違うなぁという感覚も抱えており。そんな状態で作業生放送をしていると、一人の視聴者さんが、こんなん見つけましたよと図面のURLをコメント。それはまさしく、なんか違うなぁを解消するための図面で、大いに助けられました。動画の途中で上半分を一旦削除して作り直したのは、そういう経緯で資料が手に入ったからでした。
    かくして、とてつもなく簡略化しながらもドームは無事完成。ただ、最初にドーム作ろうと思った6thライブから2年が経過し、7thライブも同じ場所で開催されており、当然ながら全く違うステージセットが登場していて。出来れば両方置きたいな、でも切り替え式にするのは出来なくはないがとても手間がかかるな、どうしよう。そうだ、ドーム2つ置けばいいじゃん。という事になりまして。最初は片方を空中に浮かせるか地中に埋めるかして、上下に2つ並べようかとも思ったのですが、どうせなら同じ場所に4ドーム設置するかという発想が生まれ、なら横並べだな、という事になりました。結局4ドーム設置は見送られましたが、割といい感じだと思っています。
    そして、ライブのごく一部ではありますが、演目を再現するのにも力を貸してくださった方がいらっしゃいました。
    一人は、スポットライトMODを作ってくれたModderさん。動画内でも言いましたが、圧縮木エンジン等の開発者とは別の方です。最初はMODも自力で作れねーかなーと思って色々調べていたのですが、その前の前の前段階くらいでつまづき、あっこれダメだと投げていたのですが、それを見事に拾ってくださいまして。その方にライブ映像を見せて「最終的にこんな動きするやつ作りたいねん」と無茶振り。当然ながら開発は長期間となりましたが(時間がかかるのは当たり前で私は一切気にしてません)、私のふわふわしたアイデアを見事に形にして頂きました。あの大量のライトが色を変えながらぬるぬる動くのには感動しました。アイデアと根気次第でいくらでも面白い事が出来る仕様となっていますので、これからも使い倒していきたいです。ステージでなくとも、ちょっとした場所にも使えるんじゃないかと思います。
    そして演目再現にもう一人。先ほどの方が光であれば、こちらの方は音。そう、音符ブロックによる曲再現に協力して頂いた方です。音の方も、最初は自力でやろうとしていたのですが、まあ下手なものしか出来ず。それでもまあこれが限界だしいいや、という感じで試作版を投げたりしていたのですが、そこへとんでもないクオリティを持って登場。希望があれば別の曲も音符ブロック化しますよーと言っていただけたので、その時点で再現予定のあったシーンを依頼。結果として、動画で出てきたように見事な音を鳴らす事が出来ました。
    構造物、システムも大変に好きなのですが、光と音という分かりやすくそして大変に重要な物について、今回力を借りる事が出来、とても感謝しています。改めて、ありがとうございました。なお、このお二方に見せたライブ映像のシーンについてはまだ制作しておらず。また年単位のスケジュールを組んでおりますが、いつか必ず作りたいと思います。まだライブ作る気だよコイツ。

    マイクラ関連の話ではあるのですが、思ったより長々と書いてしまいました。さて、では今後のマイクラの話については短めに。
    というのも、実は隠居ワールドはPart125終了後、一切進んでおりません。理由としては、まーた変な事を始めたせいで色々と忙しかったためです。まいてつLRやって泣いたり、旅行ったりもしてましたゆえ。計画はかなり具体的なところまで練ってあるので、そろそろ動き出せるんじゃないかと思いますが、実際の進捗は未だ0であるため、現在の目標は夏頃としております。とりあえずなぜか1月いっぱいは予定が詰まっているのです。なんでや。自分のせいなのですが。そんなわけで、毎度毎度申し訳ありませんが、気長にお待ちください。たぶん忘れた頃にやってきます。

    次に、マイクラ以外の、私のプライベートな話。
    2020年は、まず2月にライブに行ったのがとても印象に残っております。上にも書きました、アイドルマスターシンデレラガールズの7thライブ、その最終公演であります。私の地元、大阪で開催され、生バンドだわ炎は出るわカバーで紅持ってくるわと、すんごい楽しかったです。2daysのうち1日目で既に喉潰して、2日目には完全に声が出なくなっていました。なんやかんやで大騒ぎするのは楽しいもので、とても良い経験でした。ていうか、X JAPANの紅をカバーする15歳142cmの少女(キャラクター)と、それを生ステージでやり切る女性声優ってどういう事なんでしょうかね。会場は会場で、ペンライト2本交差させて、赤いXまみれになっていて、冷静に見返すと何の宗教だという感じでした。まあ、私もそれやってた一人なんですが。最高に楽しかったです。
    2月後半からは、皆さんも影響受けられたでしょう、コロナですね。外出自粛が叫ばれ、なんとなく行こうと思っていた春旅は中止としました。その後もひたすら、自粛自粛自粛。正直、私自身は感染しようが死のうがどうでもいいのですが、周囲に感染させるのは嫌だったので、結局我慢となりました。冬だろうが風邪引こうがマスクはしてこなかった人間なので、ほんと面倒です。
    ちなみに10万円給付金ですが、こちらはアイマスのライブ円盤に消えました。シンデレラ7thライブツアーのBD、全部予約購入したもので。今でもたまに見返してはほくほくしてます。アイマスのライブと言えば、今年はコロナの影響で2月の大阪のライブ以降、ほぼ全て中止となってしまいまして。しかし、そのためか過去のライブ映像を無料で配信してくれたという事もあり、その意味では楽しかったです。そこで初めて10thを見て、後日円盤を中古購入したりもしました。
    時は過ぎて12月。色んな意味で我慢しきれず、旅に行ってしまいました。その日数、まさかの8日間。これまで最高は5日間だったので、まさに前代未聞の長期間となりました。終わってみれば、昔とは体力の使い方が異なる事もあって、あと1~2日はいけたな、という感じでした。まあ帰宅後に一気に疲れが来て、未だに調子は戻らないのですが。準備作業、及び帰ってからの疲労の抜けなさのため、今年は大掃除が出来ていません。小掃除も出来ていません。ヤバイです。あっ、だから罰当たって歯が痛んでるんですね、なるほど。年明けに時間出来たら掃除しまーす。
    まあそんな感じで、リアル的にはいつもより静かに、しかしネット配信が一気に盛り上がったがためにそういう意味ではとても充実した年だったかと思います。1つ前のブロマガ記事に詳細がある、ミキサー類も音量調整等で大いに活躍してくれました。今でも頻繁にツマミは弄っていて、重宝しています。

    最後に。
    今年は大変な年でしたが、そんな中でもたくさんの動画視聴、生放送視聴、コメント等、本当にありがとうございます。ドームが完成し、次は何を作るのか。ネタストックはまだまだあるのですが、何故かやる事があり過ぎて、出力が遅れてしまっております。申し訳ありません。まあ、マイペースにゆるゆるとが私なりかと思っていますので、ゆるゆるとお待ちいただければと思います。
    来年は、とりあえず積み上がってるタスクを片付けて、まず動画を1本出したいなと思っております。前述しましたが、進捗が未だ0ですので夏頃を目標に頑張ります。夏は夏でも初夏だと嬉しいですね。
    プライベート的には、たぶんコロナの影響はまだまだ続くと思うので、適度に折り合い付けつつ過ごしたいなと思います。果たして旅には行けるのか。
    そして衝撃の事実、これ書くのに2時間もかかってしまいました。冒頭書いてる時は21時くらいだったんですが、今22:50です。たぶんアイマス関連で語り過ぎたんだと思います。まあ、来年も今後も、その時自分がやりたい事をやっていきたいと思います。ゆるーく、ね。
    ここまでお読みいただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。それでは、良いお年を。
    (多くの人はあけおめかな?)

    2020.12.31
  • ミキサーとかを導入してみた話

    2020-01-27 03:485
    どうも、主にマイクラの人ですがブロマガではマイクラと関係ない話が主な気もしてる私こと、めいです。今回もマイクラと関係ない話です。

    今回は、ミキサーや色々を導入してみたら割と快適になった、というだけの話を私がしたいのでつらつら書きます。
    ちなみにミキサーと言ってもジュース作るやつではありません。オーディオミキサーと言って、複数の音源を混ぜて時には脚色して出力するための機械です。
    MG06
    今回私が導入したのはこちら、YAMAHAのMG06。6chのアナログミキサーです。
    仕様としては入力がモノラル2ch、ステレオ2ch。モノ入力にのみイコライザーが付属し、スイッチによってこのモノラル2chをステレオ1ch化する事も可能です。出力はステレオアウトとヘッドホンアウトとなっています。
    コンパクトミキサーと呼ばれるだけありチャンネル数は少なく出来る事もシンプル。各系統の入力音量を整え、混ぜて出力へ送るだけです。これが一般家庭で何の役に立つか。

    私がミキサーを導入したのは「イヤホン何個か使い分けてるけどいちいち抜いて挿すの面倒臭いなぁ」というのが始まりです。イヤホンを繋ぎっぱなしで切り替えが可能、ついでに複数の機械から音を取得する場合がある、というので色々と考えた結果、ミキサー導入してみるかぁという事になりました。
    その後なんやかんやありまして、現在はステレオ3系統入力のミキサーとして運用しています。その状況を記したいと思います。

    まず、MG06の5/6入力。こちらにはデスクトップPCの背面にあるステレオミニラインアウトを、分岐変換ケーブルを用いて接続しています。PCのオンボードサウンドからのアナログ入力ですね。
    次に3/4入力。こちらには、現在サブ音楽再生専用機となっているiPadminiから、やはり変換をかませて接続しています。
    そして1/2入力。本来はそれぞれ独立したモノラル入力ですが、スイッチを切り替えてステレオとして扱っています。ここは、USBオーディオインターフェース「CI1」のメインアウトと繋がっています。オーディオI/FのUSBはメインであるデスクトップPCと繋がったり、サブ音楽再生専用機であるノートPCと繋がったりします。

    続いて出力側。ヘッドホンアウトには、3000円程度の貰い物のカナルイヤホンが繋がっています。一番集中して音を聞く用です。別に耳がいいわけでもないのでこのくらいのクラスで十分です。
    そしてメインアウトにはLRを統合してステレオミニメスにする変換ケーブルを挿し、そこにUSB電源のアクティブスピーカー「Creative Pebble」を接続しています。
    実はもう一つ、普段使い用のインナーイヤー(オープン)型があるのですが、出力は以上で埋まってしまいました。正確に言えばメインアウトは標準フォンとXLRの両方が搭載されており、両方同時に音が鳴るようになってるのですが、それを使うという事はスピーカー用に音量を上げるとイヤホンからもシャカシャカ音が聞こえる、という状況になってしまうのです。逆は大丈夫なんですけどね、スピーカー側に音量調整が付いてるので。
    そこで、追加でベリンガーのHA400というヘッドホンアンプを導入。ステレオで1in4outかつ、4outはそれぞれ個別に音量調整可能というモノ。よって、メインアウトのうちXLRにはステレオミニに変換するケーブルを接続し、それを標準フォン化するアダプターをかぶせてHA400ヘッドホンアンプに入力。そこの出力1に普段使いの1000円程度のオープンイヤホンを繋いでいます。

    まとめると、機材は
    6chアナログミキサー「MG06」
    USBオーディオインターフェース「CI1」
    1in4outのコンパクトヘッドホンアンプ「HA400」
    がありまして。
    MG06の1/2入力には「CI1」のメインアウトを、3/4入力にはiPadminiのヘッドホンジャックから、5/6入力にはデスクトップPCアナログ出力を接続。
    MG06のヘッドホンアウトにはカナルイヤホンを。メインアウト2系統のうち片方にはアクティブスピーカーを、もう片方には「HA400」で音量調整を付加してオープンイヤホンを接続しています。
    USBオーディオI/F「CI1」にはデスクトップPCまたはノートPCが必要な時のみ接続されます。「CI1」自体にもヘッドホンアウトは搭載されていますが、今は使っていません。

    これらの機材の導入により、当初の目的であった「イヤホンいちいち挿し直すの面倒臭い」は見事解決。イヤホンもスピーカーも挿しっぱで音量調整ノブを捻るだけで切り替えが出来るようになりました。ステレオ出力は3つ余ってるので、将来ヘッドホンやスピーカーが増えても安心です。
    また、サブ目的であった「物理デバイスで簡単に大胆に音量調整したいなぁ」も達成。一瞬で音量を倍以上にして耳をぶっ壊す事が可能になりました。というか、こういう機材って触ってるだけで楽しいんですよね。
    さらに、ミキサー導入前は、先行してUSB-DAC扱いとして導入されていた「CI1」とカナルイヤホンをセットにしていたので、カナルイヤホンを使いたいならCI1を介さないといけないし、CI1を使うならカナルイヤホンで聞かないといけないという縛りが発生していましたが、それを解く事にも成功しました。CI1を使う使わないに関係なく、好きなデバイスで聞く事ができます。
    結果として、「思ったより便利になったしテンションもちょこっと上がる」状態になりました。ひゃっほう。

    欠点を挙げるとするならば、まず第一にお金がかかること。こればっかりはどうしようもないです。そして、やたらノブを回すようになったこと、ですかね。
    特にCI1を介してオープンイヤホンで聞く場合は、まずPC側で出力をアナログからUSBに変更し、次にCI1のメインアウトを上げます。MG06の入力ゲインやレベルは適当な位置で固定しておくとしても、ステレオアウトを上げる操作を行い、さらにHA400で音量を調整するという、ノブ回すだけでも3回やってます。まあ、まだ楽しい時期ですので現時点ではそこまで問題ではありません。ついでに言うと、PC-CI1-MG06と、PC-MG06という、PCとMG06がダブルで接続されるような状態にもなったりしますが、これに関しては対策済みで問題なく運用出来てたりします。はい、当初は問題が出てました。
    あと、これは家庭で使うからこそなのでしょうが、やたらと変換ケーブルやアダプタが必要になります。PCやiPad、イヤホンや1500円程度のスピーカーなんてのは全て3.5mmのミニステレオジャックが基本になっていますが、今回導入した「MG06」「CI1」「HA400」などは6.3mmの標準フォンジャックかつモノラルが基本。場合によってはXLR(キャノンコネクタ)を要求されます。そのため、6.3mmモノラルLRと3.5mmステレオを変換するケーブルが3本、XLRのLRから3.5mmステレオへ変換するケーブルが1本、3.5mmメス-6.3mmオスの変換アダプタが3つ使われています。まあ、一度揃えて組んでしまえば気にならなくなりますが。

    ちなみに、ミキサーやオーディオI/Fというと、生放送や実況に使えるんじゃないかと思われるかも知れません。実際、転用する事は可能ですし、やってる方もいらっしゃるかと思います。
    が、私はそういう方向に使うつもりは今のところありません。オーディオI/Fがありながら、完全に出力オンリー、音を鳴らす専用で使っております。
    強いて言うならば、PCゲームの録画中、録画ソフトの録音をゲームの音声出力と同じアナログ出力に設定した上で、音楽プレーヤーの音をオーディオI/F経由で出力するように設定すれば、ゲーム音と音楽を同時に聞きつつ、録画ソフトにはゲーム音のみが入る、なんて事は可能だったりします。あんまりやってませんが。

    なお、別系統としてミキサーを介さない音声出力も作ってあります。PCのヘッドホンアウトとディスプレイのスピーカーを繋いでるだけのもので、まず使いませんが。
    また、私は生放送自体はやっていますが、こちらに必要なマイク入力に関しては、USB式のやっすいヘッドセットを用いています。PC音とのミックスは配信ソフトがやってくれますからね。

    まあこんな感じで、色々揃えて割と満足しております。これをオーディオ沼と言うかどうかは微妙ですが、これ以上沈みはしないと思います。ていうかたぶんこれ以上沈むとヤバイです。…当初の予定ではミキサーのコネクタはいくつか空きがあるはずだったんですが、1ヶ月もしないうちに全部埋まってるのが怖いんですよね。
    そんなわけで、現在の私の音周り環境の紹介でした。書き出せて満足しました。