夏競馬予想「ラジオNIKKEI賞」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏競馬予想「ラジオNIKKEI賞」

2016-07-03 12:53
    寝てました

    • 福島11R テレビユー福島賞(1600万下)
    1着 ▲⑦ジャストドゥイング(石橋脩)
    2着 △⑨ハッシュ(蛯名)
    3着 ー⑩ユキノアイオロス(横山典)

    4着 ◎②ドラゴンストリート(戸崎圭)

    3連複
    ②=④⑬⑭(15点)

    馬連BOX
    (6点)600円 → 2,730円(10番人気)

    夏競馬初日はプラスエンド。やったぜ。

    ジャストドゥイングが降級初戦でいきなり勝ち星。絶好のスタートを切ってから番手追走、まさに勝ち確の位置取り。直線でも外から追い込んできたユキノアイオロスらを押し切り、力の違いを見せつけました。逃げたハッシュもオープン2勝馬にここまでマークされると、流石に歯が立たなかったのでしょう。

    ドラゴンストリートは直線で進路が開かず、無念の4着(といっても2着以下は大激戦でしたが)。スプリント路線でもやれそうなので、レースの選択幅が広がった一戦と捉えます。

    =======================================
    福島11R 第65回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ) 芝1,800m
    夏競馬一週目から、いきなり最高難度の重賞。距離適性、コース適性も不透明なままのローカルハンデ戦、ここは将来性の高さも踏まえて、現時点での能力差を判断するしかありません。

    軸は⑩ナイトオブナイツ。デビュー当時は短距離を中心に使っていたものの、春に入って距離を延ばしてみると一変。前走あやめ賞では、8番手追走からアーリントンC3着馬ロワアブソリューを外差し。勝ちタイムはブラックスピネルが同条件でマークした1:47:8よりコンマ2秒早く、早い時計が出やすい日であったとはいえ、潜在能力の高さを伺わせるレース内容でした。

    残念ダービーとまで言われていたラジニケ賞。これまでは500万上がりにとって厳しい重賞でしたが、今年はそれほどメンバーのレベルも高くありません。恐らく1番人気であろう⑯ブラックスピネルも、最重量ハンデかつ大外枠。小回りの福島では大きな痛手になる条件でしょう。ナイトオブナイツ鞍上の松山騎手は今日、当該レースのみの騎乗。気合の入りようも違うはず。

    ①ゼーヴィントも絶好の条件を引き当てましたが、実は1枠の成績が今ひとつなラジニケ賞。ここ10年で1枠1番の馬券内は1頭もありません。ただ前走も出遅れを考慮すればほぼ勝ちに等しい(ダービー出走レベル)の内容。もちろん石川騎手のままでも期待できますが、目下リーディングトップを走る戸崎騎手への乗り替わりは大きいでしょう。

    3連複
    ⑩=①④⑤⑦⑪⑮⑯(21点)

    ◎ ⑩ナイトオブナイツ
    ◯ ①ゼーヴィント
    ▲ ⑯ブラックスピネル
    △ ④ジョルジュサンク
    △ ⑤ストーミーシー
    △ ⑦ミライヘノツバサ
    △ ⑮アーバンキッド
    ★ ⑭ミエノドリーマー


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。