ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

競馬予想「中山金杯(GⅢ)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競馬予想「中山金杯(GⅢ)」

2017-01-04 23:49
    中山11R 第66回 中山金杯 GⅢ 芝2,000m 内 Cコース
    新年を飾る重賞初戦。このコラムでも、金杯を当てた年は年間プラスエンドの場合が多いので、確実にモノにしたいところ。
    研究が忙しいので、今年の金杯は中山のみの予想掲載とさせていただきます・・・


    軸は③ツクバアズマオー。当初AJCC視野から、メンバー構成を見てこちらへ登録。

    マリアライト・ゴールドアクターら錚々たる重賞馬が顔を揃えたオールカマーで3着と好走し、休み明け直後で人気を集めたディセンバーS(中山2,000m)ではスローペースの中しっかりと外から突き抜け、6歳を目前にして落ち着いた足さばきで快勝。これまで同条件で既に2勝していましたが、ディセンバーSの内容でその信頼感を確たるものにしたと言っていいでしょう。吉田豊騎手とのコンビを組んでからは【4-1-4-2】と驚異の複勝率。

    今回のメンバーで前を行くのはダノンメジャー、マイネルフロスト、トミケンスラーヴァ、マイネグレヴィルあたり。ダノンメジャーがきっちりスタートを決めれば、外枠にいる他の2頭は無理に競りかけて来ない(と思う)ので、展開・ペースはほぼ分かりきっています。そうなると4コーナーでの位置取りで勝ち負けが決まることに・・・ベテランジョッキーが少頭数なりにどう対応してくるか。

    気になるハンデは56.5kgと、オールカマー僅差3着にしてはそれほど見込まれず。遅咲きの中山巧者が、いよいよ重賞初制覇のチャンス。

    対抗⑩ストロングタイタン。若い馬の連勝→即重賞挑戦は危険という見方もありますが、正直今回の中山金杯、5歳~のレベルはそれほど高くないので、経験の差は0と考えていいと思います。57kgで逃げて惨敗の芙蓉Sを除けば、レースを重ねるごとに着実に地力をつけてきており、前走も相手が弱かったとはいえ当該週の秋華賞と変わらない時計(ノーステッキ)を叩き出すなど、まさに充実一途。4日23時現在1番人気に押し上げられていますが、軽ハンデもあるので逆らうわけにはいかないでしょう。

    残りは①シャイニープリンス②クラリティスカイ⑥ダノンメジャーら先行馬を中心に。

    3連複フォーメーション
    ③=⑥⑩=①②⑥⑦⑩(7点) 計3,000円

    ◎ ③ツクバアズマオー
    ◯ ⑩ストロングタイタン
    ▲ ⑥ダノンメジャー
    △ ②クラリティスカイ
    △ ⑦ドレッドノータス
    ★ ①シャイニープリンス

    まあ、一発目は小遣い程度に・・・

    件数場名レース式別馬組金額
    (1)中山(木)11R3連複 01-03-06
    300円
    (2)中山(木)11R3連複 02-03-06
    200円
    (3)中山(木)11R3連複 03-06-07
    200円
    (4)中山(木)11R3連複 03-06-10
    500円
    (5)中山(木)11R3連複 01-03-10
    700円
    (6)中山(木)11R3連複 02-03-10
    500円
    (7)中山(木)11R3連複 03-07-10
    600円
    合計金額 3,000円




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。