【しんそく!シングルバトル!!】原種マッギョとバンギラス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【しんそく!シングルバトル!!】原種マッギョとバンギラス

2020-03-23 00:13
    見せあい無し(相手のパーティが分からない状態)で1匹のみポケモンを出し合い対戦する公式大会の「しんそく!シングルバトル!!」に参加しました。
    詳細な戦績は分かりませんが、原種マッギョが活躍して最終レート1731で終わることができました。
    マッギョをきちんと調整すべきだったことやもっとマッギョを信用すべきだったことなど反省点は多いですが、今後に活かそうと思います。
    そうした反省点も含めて使用したマッギョとバンギラスについて書きます。


    [経緯]
    大会のルール上パーティ内のポケモンを対戦ごとに1匹選ぶことが出来るので前半の対戦では物理耐久と素早さを高くした挑発・ロックブラスト・地ならし・カウンターのヨプの実バンギラスを使っていました(以下のポケモンが多いと予想したため)。
     ・シングルバトルから流用できるミミッキュ
     ・悪戯心による動きがやっかいな金縛りヤミラミ、宿り木エルフーン
     ・滅びの歌による判定勝ちが強力な滅びラプラス、アシレーヌ、オシャマリ
     ・エアスラッシュの怯みで色々解決できるスカーフトゲキッス
     ・精神力襷キリキザン、ルカリオ
     ・かたやぶりドリュウズ(スカーフか襷)
     ・あくびニンフィア

    ただ、ミミッキュやヤミラミ・エルフーンはエルフーンに1戦しか当たりませんでした。一方で、キングシールド持ちのギルガルド・ドリュウズ(スカーフか襷か分からない)輝石サニーゴ(挑発してもこちらの火力が低すぎて押し敗ける)とよく当たってなかなか勝てずにレート1600代をさまよいました(よく当たる滅びラプラスにも零度や岩技の命中率のせいで安定して倒せない)。
    ここで、ミミッキュ・エルフーン・ヤミラミに当たらず、スカーフトゲキッス、滅びラプラス(オシャマリ)、襷ギルガルド・ドリュウズ・ルカリオ、輝石サニーゴによく当たるのであれば、パーティに入れていた原種マッギョの方が勝ちやすいことに気付きました。以降マッギョが活躍して残りの対戦でレート1731まで上げることが出来ました。

    [マッギョ]

    ステータス: 215(244)-86-119(116)-132(148)-119-34(個体値2~3) れいせい
          ()内は努力値
     ・不意打ち択をしたくないため陽気ルカリオのインファイトを2発耐える
     ・地割れ撃つ機会を3回作るために最遅ラプラスが鈍いを1回積んでもマッギョの方が遅い(本当は個体値10~11の実数値37にしたかった)
     ・ギルガルドのシャドーボールを1回目でDダウンを引いても2発耐える
     ・余りを適当に特攻へ


    ルカリオ・ギルガルド・ドリュウズ・キリキザン・エースバーンなどの多そうなタスキ持ちを攻撃技+攻撃技(不意打ち)で倒します。頑丈ではなく浮いていない耐久型のポケモンや滅びの歌持ちには地割れを連打します。エアスラッシュ半減なのでスカーフトゲキッスへの勝率も悪くないと思います。
    ラプラスが一撃技を連打してくると不利なので持ち物は気合いの襷にしました。当たったラプラスが全て滅びの歌か鈍いから入ってきたこともあり発動することはありませんでした。
    大きな反省点として、想定する相手に対してここまでの火力が必要な場面が全くありませんでしたHB依りにしてオボンの実・1/3回復する木の実などの回復アイテムや耐久を上げつつトリックヤミラミに少し強くなる突撃チョッキを持たせた方が強かったと思います。特性もダイビングしたラプラスやオシャマリが麻痺になると困ると思うので砂隠れの方が良かったと思います(少なくとも柔軟の方が良い)。
    マッギョはがむしゃらやあくびなどルールと相性の良さそうな技も覚えますが、抜くことのできる技がありませんでした。

    結果的には調整はいい加減(火力が過剰)ながらも、襷持ちには攻撃技+不意打ちで、滅びの歌使いも含めて耐久型には3,4回地割れを打つ機会を利用して勝ってくれました。ただ、もう少し考察して調整したうえで早めに出してあげるべきだったと思います。


    [バンギラス]

    ステータス: 207(252)-172(20)-132(12)-*-121(4)-109(220)
          ()内は努力値
     ・S1段階下降最速ミミッキュ+2 (4振りFCロトム+1)
     ・性格補正の無いルカリオのインファイト(ヨプの実)+しんそくを最高乱数2回以外耐える
     ・それ以上の格闘タイプのインファイト以上の威力の格闘技は耐えない(意地っ張りルカリオ・火力に振り切ったローブシン・ネギガナイトなど)
     ・H振り程度のギルガルドを地均し(シールドフォルム)+地均し(ブレードフォルム)で高確率で倒せる(相手のインファイト+かげうちは耐える)
     ・意地っ張りミミッキュの珠じゃれつく+かげうちをじゃれつくが最高乱数に当たらなければ耐える
     ・性格補正の無いトゲキッスのマジカルシャイン2発≒はどうだん(ヨプの実)+はどうだんを最高乱数2回以外耐える
     ・化けの皮ダメージ+砂ダメージ+珠ダメージ+ストーンエッジ無振りミミッキュを倒せる(なぜかロックブラストを採用)
     ・無振りキリキザンを地均し2発で半々くらいの確率で倒せる


    ミミッキュ・ヤミラミ・トゲキッスあたりに有利なので採用しました。多そうな陽気襷ルカリオに対して一戦目なら地均し+地均しで倒せると踏んでいました。再戦した場合はS操作技から入られて多分負けると思っていたので上記のマッギョを入れていました。その他立ち回り・型読み・運要素が必要で安定しないものの、ラプラス・オシャマリ・ドリュウズ・ギルガルド・ニンフィアとも戦えると考えました。
    なぜかストーンエッジでダメージ計算しているのに技をロックブラストにしてしまったのは大きな失敗で、ストーンエッジ2発なら倒せたと思える相手は多かったです。特に何度か当たった輝石サニーゴに対しては連続技のロックブラストが呪われやすいこともあり勝てませんでした。連続技であることが活きる場面もありませんでした
    カウンターは耐久型で物理技を打ってくるナットレイ・アーマーガアなどの鋼タイプに挑発後に打ったり、あまり火力の無い格闘タイプに打つつもりでした。安定はしませんでしたが、それぞれの場面で1戦ずつ活躍してくれました。ストーンエッジがあれば他に入れたい技があったわけではないのでこれは良かったと思います。
    色々と不安定なので1700は越えられずにマッギョに変更されたものの、そこそこ活躍していました。次回はダメージ計算通りの技(今回でいうストーンエッジ)をちゃんと採用しようと思います。

    [感想]
    とてもテンポがよく面白いルールでした。予想していた形ではありませんでしたが、保険として入れていたマッギョが活躍して良かったです。ブログにするときに大きな情報になるので、次回似た大会が開かれた際は選出されたポケモンをメモしようと思います。
    対戦した皆様ありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。