迷い2ヨッシー角抜け
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

迷い2ヨッシー角抜け

2013-01-29 00:40
    せっかくブロマガできたので生放送からすぐ見れるように今後こっちでRTA検証書いてく。

    迷いの森コース2の水中ヨッシー角抜けをちょっと調べてみた。
    調べたデータだけで膨大なので結果だけ。
    適当な検証なので合ってるかどうか知らない。



    まず①でヨッシーから降りて②でヨッシーに乗り角に入る。
    角に入るために必要な条件は以下と思われる。

    a.ヨッシーから降りるときのヨッシーのサブピクセル
    b.マリオのY速度が変化してからヨッシーを降りるまでのフレーム数

    aのヨッシーのサブピクセルは2桁の16進数で格納されているが、ここで変化しているのは上位のみ。下一桁は変化しない(0のまま)。
    サブピクセルはヨッシーから降りている間は変化するが乗っている間は変化しない。泳いだり天井にぶつかるだけなら保存される。

    bに関して。
    入力が無い時のマリオの速度変化は4F周期となっている。たとえば1001F時にY速度が0になり1004F時にY速度が2になったとすれば、1002F時や1003F時にY速度が0になったとしてもY速度が2になるのは1004F時である。
    この4F周期のどこでヨッシーから降りるかを表したのがb。つまりbは0~3F。

    これらa,bの値の組み合わせによって角抜けが成功率が決まってるっぽい。
    全パターン調べて掲載してやろうかと思ったけどめんどくなって数パターンしか調べてない。
    いい組み合わせならA入力の猶予が3Fあるが、組み合わせが悪ければ猶予が常に0Fだったりする。いい組み合わせを引くパターンが構築できればほぼ安定することになる。
    このコースの最初でのヨッシーのサブピクセルは00だが、そのまま角抜けしようとするとどうしてもいい組み合わせにはならなかった(猶予0F)。なので角抜けのためにヨッシーから降りるよりも前に一度ヨッシーから降りてサブピクセルを調整する必要がある。
    サブピクセルを調整するために色々な方法でヨッシーから降りてすぐに乗ってみたが、狙ったサブピクセルに調整する方法は今のところ見つかっていない。
    bについてもさすがに目押しは出来ないし今のところ完全に安定させるのは無理。
    ただ少なくとも一回はヨッシーから降りる必要があると分かったのは大きいと思う。

    ②から下に抜ける時も同じような原理だと分かった。
    けど調整に関しても同じように運任せになっている。
    それとこのとき抜けるためのAは1F入力でなければならないと以前放送で言ったがあれは間違い。組み合わせさえよければAの入力の長さは関係ない。

    結局運任せだしこれ以上検証してもRTAでは無駄だと思うからこの辺まで。
    バニラドームコース2についても今度簡単に調べてみる。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。