ps3がついにYLODの魔の手に
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ps3がついにYLODの魔の手に

2014-06-16 00:44
    EXVSFBでバグ探し中にps3がフリーズ
    再起動するもYLOD状態
    YLODの原因も修理方法も分かってますが、ただ修理するのも面白くないので改造しようと思いps3の詳細な仕様を調べてみて
    メインメモリ256MBビデオメモリ256MBしかないことを今更知った

    まあ、256MBと言ってもメインメモリに使用しているのは高価なXDRDRAMなので一般的なメモリのDDR2やDDR3なんかとは処理方法が違い正確には比べられませんが確実にメモリが少ないのは確か(当時でも512MBや1GBメモリは普通にパソコンに採用されてた)
    特化させてるから余分な処理がないとはいえ、このメモリ量でよくあんなにも動かせる・・・
    ちなみにビデオメモリは古いグラボ(当時は最新)に使われてたGDDR3なので特に変わったところはなし

    でやっぱりメモリはCPUとOSが専用のもので更に基盤地か付けなので交換、増加させるのは難しいと判断し
    簡単に済むps2読み取り可とssd換装、ファン交換だけにしようかと

    他の部分はps3の仕様がかなり面倒なことになってるから弄るのは俺では無理です、はい。
    協力してくれる人がいたら出来る可能性もありますが

    もっとシンプルかつ単純に作ってれば低コスト化や故障率軽減、更には高性能化もできただろうに・・・

    あとps3の犠牲のおかげ(?)で新しいバグが見つかりました。
    再現方法、利用方法も研究済み
    それを録画して動画にしようとしてる最中に不慮の事故でフリーズ・・・

    少しだけなら動画も取れてるので明日あたりに編集して上げます

    解説は次のブロマガにでも

    修理続報はいらないよね・・・(震え声)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。