望月三起也さん訃報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

望月三起也さん訃報

2016-04-04 19:00
    ・望月三起也さんの訃報を聞いた。77歳とのこと。
    代表作は「ワイルド7」と報道されているけど私は「秘密探偵JA」と「ケネディ騎士団」が好きだった。「ビタミンI」とか「突撃ラーメン」「最前線」みたいのも好き。「はだしの巨人」なんかは連載中トビトビに読んでよくわからなかったけどもう一度読みたい気もする。
     ざっと作品リストを見てきたけど、読んでないのが圧倒的に多いなあ。ワイルド7の続編というか番外編というかはいくつもあって、どれがどれでどうなったのか、ちょこちょこ読んだけど全貌がよくわかっていない。
     映像化された作品もいくつかあるけど、どれも大ヒットとはならなかった。原作漫画の人気と映像作品の人気と、ちょっとだけ売っていたセブントレーラーなどプラモデルの人気が、うまくかみ合わなかったように思う。
     「ケネディ騎士団」が予定通りテレビ放送されていたら、あるいは「秘密探偵JA」が映像化されていたら、もっと夢中になっていたかもしれない。シーアルプス号とか戦闘機ペガサスのプラモなんか出てたらきっと欲しくてたまらなかったろう。グリップが特殊ゴムで出来ている飛鳥次郎の銃(彼はこれを使って、投げ捨てたと見せかけて自分の所に銃が戻ってくるようにコントロールできる)とか、裾のところが縫い付けていない上着(表地と裏地の間に武器がいっぱい隠してある。実際にやったらバレバレで、落としたりしてタイヘンだろう)とか、分解すると武器になる自転車(サドルとフレームとクランクと組み合わせてマシンガン、スポークと空気入れを組み合わせてニードルガン、ペダルが手榴弾でベルが今でいう音響爆弾)とか、変身するワゴン車(屋根から塗料を噴出して、救急車になったりおんぼろワゴン車になったりする)とかS6号こと甲斐さんのスーツケース(薬ビン型の手榴弾などが詰まっている)とか、玩具展開できそうな小道具満載だったのに。
     敵のボスだったバケットの娘はその後も何度か出てきたけど、結局発展しなかった。今ならもっと進展するだろうな。オンブが黙っていないだろうが、オンブの相手はスペードワンで。

     闘病中だったのは知らなかったが、最後まで現役であったのだろうと思う。
     ニュースを見るまで、タツノコプロに縁があったことも知らなかった。
     子供の頃から馴染みのある、いて当然という漫画家さんの一人だった。
     ご冥福をお祈りします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。