半夏生(はんげしょう)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

半夏生(はんげしょう)

2016-07-01 06:00
    ・本日は半夏生(はんげしょう)。夏至から数えて11日目を雑節の半夏生といい、七十二候にも半夏生というのがあって、こちらは はんげしょうず と読むらしい。
     地域にもよるのだろうが、この頃までに田植えを終わらせておくものだったらしい。

     半夏(はんげ)というサトイモ科の植物があって、別名 烏柄杓(からすびしゃく)といい、この植物が花をつける時期であるともいう。漢方薬に使われる薬草で、中国 天粛省・天水地方が産地として有名で、消化不良なんかに効くらしい。
    http://www.ohsugi-kanpo.co.jp/html/syouyaku02.html

     私自身はこの言葉を子供の頃に聞いた記憶はなく、ごく最近耳にするようになった。

     植物がしっかり根をはるように、ということからか、主に関西でこの日は蛸を食べる習慣もあるらしい。蛸にはリポビタンDにも1000mg配合されている、タウリンという疲労回復物質が含まれ、蒸し暑い時期の身体にいいともいう。帰りにスーパーで見てみよう。タコヤキくらいあるだろう。

     もう今年も半分過ぎたのか。早いな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。