「THE EARTH展」「太陽系探査の現在」8月10日まで無料
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「THE EARTH展」「太陽系探査の現在」8月10日まで無料

2016-08-04 19:00


    ・おなじみのコニカミノルタプラザ。

     展示室Aの「THE EARTH展」は、宇宙から撮影した地球の写真展。ISS、アポロなどから撮ったものが片面の壁に展示され、もう片面には「だいち」が撮影した写真。ランドサットシステムと書いてある写真もたくさんあった。
     富士山や首都圏などがくっきり映っている。「だいち」の解像度がわかる。
     どこだかメモらなかったけど、ラプラタ?あたりの写真は緑のモザイク、という感じの抽象画のようだった。

     展示室B、Cは「太陽系探査の現在」。
     太陽は「ひので」、水星はメモらなかったので自信がないけどメッセンジャー?、金星はあかつき、火星はマーズ・エクスプレス、キュリオシティ、マーズ・リコネッサンス・オービターなど大勢。木星、土星ははガリレオ、カッシーニ、カッシーニ、ボイジャーなど、天王星、海王星はボイジャー、冥王星はニューホライズンズ、などの探査機やローバーの紹介と、その撮影した写真を大型パネルで展示。ひのでやあかつきは模型もあった。
     カッシーニが撮影した木星の南半球や、土星の輪の破れ、土星の極地方の六角形に流れるジェット気流、ペクタゴンなんていう写真もあった。また土星近辺から撮影した地球など、いわゆるペイル・ブルー・ドットと呼ばれる写真も。他に撮影探査機をメモらなかったが、エウロパ、イオ、タイタン、エンケラドゥスなどの衛星や、彗星の写真もあったと思う。
     また映像コーナーでは8本の番組を繰り返し上映。
     ・木星探査機ジュノーについて 周回軌道突入予定日(映像では7月4日)を告げて終わる。
     ・木星について(その放射線や磁場の強さについて)
     ・太陽系9番惑星について
     ・火星探査の歴史(マリナー、バイキング、パスファインダー、キュリオシティなど火星探査機は数多い。のぞみがここにいないのが悲しい)
     ・ペイル・ブルー・ドットについて(探査機から撮影された、ほとんど青い点にしか見えない地球の写真をそう呼ぶらしい。土星の輪のむこうに、小さな点として撮影された地球などが紹介されていた。こんな小さな、かけがえの無い世界である、と)
     ・カッシーニについて
     ・金星探査機プラネットCについて→あかつき打ち上げ前に作成されたもの。5つのカメラの紹介など。
     ・はやぶさ2について→打ち上げ前に撮影されたもの
     全部あわせて約35分。一応全部見ました。知らないことがたくさん。そういえば、あかつきは生まれる前?打ち上げられる前?成功する前?はプラネットCだったんですね。

     個々の展示物は撮影不可で、会場全景のみ撮影OKとの事でしたので雰囲気だけ。
    真ん中あたりにあかつきの模型があります。この右にひのでの模型があるけど入らなかった。
    真ん中の台は、各惑星の大きさ比較模型が並んでいます。木星と土星はパネルで隠れちゃってるけど。



     
     8月10日までですが、例によって無料なので 週末あたり、夏休みだし子供を安くどこかに連れて行ってあげたいお父さんお母さんはいかがでしょう。アンケートに答えれば、記念品のマーカーペンももらえます。
    公式HP
    「THE EARTH展」
    http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2016july/earth/index.html
    「太陽系探査の現在」
    http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2016july/probe/index.html
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。