二百二十日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

二百二十日

2016-09-10 06:00
    ・どっちかというと二百十日の方が有名だろうけど、立春から220日目である二百二十日も台風の特異日ということで、農家には厄日。うるう年の今年は9月10日になる。
     今年はなかなか台風1号が発生しないなどとも言っていたが、9月に入って三つの台風が同時に日本をうかがい、その一つは北から南へ移動してまた戻って来る、というかつてない軌跡をとり、さらに台風12号も通過したばかり。
     子供の頃は、台風の進路というのはほぼ同じように、「つ」を左右逆にして少し上下に開いたようなルートで、左から右、下から上に移動してたいてい太平洋側に外れていくのが多かったように記憶しているが、最近は「つ」のようなルートで右から左に来たりして、これまではめったに直撃されなかった東北や北海道なども大きな被害を受けている。

     今回怖いな、と思ったのはあの北から南に行って戻ってきた10号で、あんな感じで日本近辺に長期間停滞するのが当たり前になってくると、どれだけの被害が出るか恐ろしい。その間交通網も物流も乱れ、停滞が続けば救助活動もできない。

     毎年異常気象だ、と聞いているような気がするが、もはや異常であるのが常態のようにも思う。地球温暖化のせいなのかどうかはわからないが、人間にはコントロールできない。このままだといずれ日本は、人間の住めない環境になってしまうでのではとさえ心配になる。

     2020年の東京オリンピックなんかも、夏の暑さもそうだろうけど、場合によっては台風の停滞で日程が消化できない、などという可能性も気になってしまう。

     やっぱり秋の方がよかったんじゃないかなあ。秋は秋で台風の季節でもあるんだけど、海水温が下がるだけマシな気もする。
     日本としては、夏の開催には反対だけど、アメリカ(のテレビ局)がどうしても、というのでしぶしぶ受け入れたんですよ、というのはもっとアピールしておかないと、全部日本のせいにされちゃいそうな気もするし、あちらのテレビのお偉いさんを、来年でも日本の東京の夏体験ツアーにご招待して、どれだけ暑いか体験してもらうのもいいんじゃないかな。そういう時に限って冷夏だったりするんだけど。

     

      この二百十日とか二百二十日とかの時期の台風を野分と呼び、源氏物語にも野分という巻があるそうだが、艦これにも駆逐艦 野分 がいる。嵐 もいるんだけど、私はまだ出会っていない。


     野分はミッドウェイ海戦では赤城の乗組員を救助し、航行不能となった赤城を雷撃処分。
    トラック島空襲では被弾した妹艦、舞風を曳航して助けようとするが、猛烈な空襲の中、自分が攻撃を回避するのが精一杯で助けられなかった。舞風は太平洋戦争でも屈指の悲惨な最期を遂げる。
     レイテ沖海戦では沈んだ重巡洋艦 筑摩の乗組員を救助するが、米巡洋艦3隻、駆逐艦2隻のレーダー集中射撃を受け、さらに魚雷を受けて沈没。助けた100名以上の筑摩乗組員も、野分乗組員も、全員助からなかった。1944年10月25日。

     吹雪、がんばります!では舞風や筑摩と再会している。舞風は野分を探し続けていた。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。